ヤリスクロスと違うの? お手頃サイズSUV カローラクロス初試乗!!

ヤリスクロスと違うの? お手頃サイズSUV カローラクロス初試乗!!

 2021年9月にトヨタから登場したカローラクロス。コンパクトよりゆとりがあり、ミッドサイズよりちょっと小さいという、いいとこ取りのジャストサイズSUVだ。

 カローラクロスの魅力を、ヤリスクロスと比較しながら徹底チェックする。

※本稿は2021年10月のものです。
文/渡辺陽一郎、ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか 撮影/平野 学
初出:『ベストカー』2021年11月10日号

【画像ギャラリー】サイズ的にも立ち位置的にも存在感あり!! カローラクロスでトヨタのSUVラインナップはさらに充実!!(16枚)画像ギャラリー

■ヴェゼルやCX-30よりもちょっと大きく ハリアーやRAV4と並べるとひと回りコンパクト

2021年9月に登場したトヨタ カローラクロス

 トヨタが新たに送り込んだカローラクロス。

 全長4490mm、全幅1825mm、全高1620mmというサイズで、「むむむ、意外と大きいぞ!」というのが第一印象。特に全幅の1825mmというのはクラウンよりワイドで存在感がある。

 ホイールベースはカローラシリーズ共通の2640mmで、これはC-HRとも同じだけど、全長はカローラクロスが105mm長く、全幅も70mm高く、ボリューム感がある。

 ホンダヴェゼルやマツダCX-30よりもちょっと大きいサイズ感。ハリアーやRAV4と並べると、ひと回りコンパクトだ。

 C-HRはクーペSUV的なスタイルで、後席の居住性をあえて犠牲にしてまでスタイリングを優先したが、カローラクロスはいかにもSUVらしいプロポーションで、使い勝手の高さをアピールするのがポイントだ。

 実際、後席に座っても狭さを感じることはないし、C-HRのように後席ドアウィンドウが小さく、閉塞感を感じるようなこともない。後席を使う機会が多いのなら、やはりカローラクロスがいいだろう。

 パワートレーンは1.8Lのガソリンコンベとハイブリッドの2種類。ガソリンエンジン車はFFのみの設定で、ハイブリッド車はFFに加え、後輪をモーターで駆動するE-Fourを設定する。

 ヤリスクロスはガソリンエンジン搭載モデルにも4WDを設定し、駆動力の強さをアピールするのとは対照的に、カローラクロスは4WDの存在をあえてアピールすることはしていない。

 最低地上高は160mmで、C-HRの140mmと比べて余裕があるが、ヤリスクロスの170mmよりは低い。

 ちなみに、カローラ系のGA-Cプラットフォームはフロント=ストラット、リア=ダブルウイッシュボーンが基本だが、カローラクロスではFF車のリアサスはトーションビームとなっている。

 ハイブリッドに設定されるE-Fourのリアサスはダブルウイッシュボーンと、駆動方式でリアサスが異なっている。

 価格は199万9000円からとなっており、売れ筋となりそうなガソリンエンジン「S」が240万円だ。

■徹底比較! ヤリスクロスと比べてどうなの!?

2台を並べてみる。左がカローラクロス

 カローラクロスハイブリッドZ・2WDの価格は299万円、ヤリスクロスハイブリッドZは、同じく2WDが258万4000円だ。

 カローラクロスは40万6000円高いが、シート生地が本革+ファブリックになり、ヤリスクロスで7万7000円のオプションになるハンズフリーパワーバックドアも標準装着。

 これらを含めると、カローラクロスとヤリスクロスの実質価格差は約26万円。ヤリスクロスに26万円を加えるとボディが拡大され、ハイブリッドのエンジンも直列3気筒1.5Lから4気筒1.8Lに上級化されるわけだ。

 そこで両車を比べると、外観では存在感が異なる。

 カローラクロスはヤリスクロスに比べて310mm長く60mm幅広い。全長の拡大は7%、全幅は3%だ。カローラクロスは適度に長く、車内の広さを感じさせ、全幅の拡大と相まって外観を力強く見せている。

 内装の質も異なる。カローラクロスのインパネには、手前側に柔らかいパッドが備わり、光沢のあるブラックやシルバーのパネルも使われる。

 前席の座り心地も違う。サポート性はヤリスクロスも満足できるが、体重が加わる座面後方のボリューム感は、カローラクロスが勝る。

 シートの調節機能も異なり、ヤリスクロスはコスト低減のために、モーターを1個に節約した。

 調節箇所に応じてクラッチを切り替えるから、スイッチを操作した時に反応が遅れて扱いにくい。その点でカローラクロスは違和感がない。後席や荷室の広さもカローラクロスが上まわる。

 エンジンには3気筒と4気筒の違いがあるため、カローラクロスはノイズが小さい。

 乗り心地もヤリスクロスは少し粗いが、カローラクロスはおおむね快適だ。その一方で燃費は、取材時の計測値も含めてあまり差が生じない。

 以上のように両車を比べると、目で見たり体感される部分に明確な差を付けた。その上で実質価格差は前述の約26万円に抑えたから、ヤリスクロスを目当てに販売店に出向き、比較検討の結果、購入車種をカローラクロスに切り替えるユーザーもいるだろう。

【画像ギャラリー】サイズ的にも立ち位置的にも存在感あり!! カローラクロスでトヨタのSUVラインナップはさらに充実!!(16枚)画像ギャラリー