目指せ優良運転者!! 想像以上にメリットがいっぱいのゴールド免許

目指せ優良ドライバー!! 想像以上にメリットがいっぱいのゴールド免許

 違反も事故も起こさず運転を続けている人への最大のご褒美は「ゴールド免許」。それほど価値を感じないという人もいるかもしれないが、一度ゴールド免許を失った時、その存在の大きさに愕然とするものだ……。
ということで、ゴールド免許を取得するメリットの大きさを再考してみたい。

文/室井 圭、写真/写真AC

【画像ギャラリー】ゴールド免許取得を目指そう!(8枚)画像ギャラリー

ゴールド免許を取得するには?

目指せ優良ドライバー!! 想像以上にメリットがいっぱいのゴールド免許
ゴールド免許は、日常的にクルマを使用する人にとってはハードルの高い免許証

 優良運転者に交付されるゴールド免許。交付の条件は、無事故・無違反のない状態が5年以上継続している運転者。

 無事故の条件に関してだが、人へ被害が及ぶ、いわゆる人身事故に限定されていて、被害者のいない物損事故は事故とは見なされないため、次回もゴールド免許の交付対象となる。人身事故は公道外の事故であってもアウトだ。

 ただし、物損事故でも基本的に行政処分(違反点数の加算)や刑事処分(罰金や懲役など)が科せられる場合、他人の建造物を破損して損害を与えた場合は、次回の更新時はゴールド免許の対象とはならない。

 他人に交通違反をそそのかしたり、違反行為と知っていながら止めなかったという「重大違反教唆幇助」があったと認められた場合もゴールド免許を取得できなくなる。

 また、5年以上免許を継続して持っていることも条件なので、初めて免許を取得は人の場合、次回の免許更新時はまだ3年目なので、初回更新時には3年間無事故・無違反であってもゴールド免許は取得できない。そこからあと3年は無事故・無違反を続ける必要がある。

 このように、ゴールド免許の取得は思った以上にハードルが高いのだ。

 ちなみに、70歳を超えるとゴールド免許の有効期間は短くなり、70歳は4年間、それ以上は3年間となってしまう。

長い、早い、安いの3拍子のメリット

 更新までの期間が一般の免許が3年であるのに対し、プラス2年の5年と長いことはものすごいメリットだ。一般免許が3300円、違反運転者が3850円と、決してお安いとは言えない免許更新だけに、3年に1回と5年に1回というのは出費を抑えるという意味でも大きい。

 また、ちょっとした差ではあるが、優良運転者は講習手数料が500円と、ワンコインでOKというのも利点だ。対して、一般運転者は800円、違反運転者と初回更新者は1350円だ。

免許センターに行かなくて済む!!

 免許センターに行かなくて済むというのもゴールド免許の大きなメリット。

 仕事が忙しいという人にとって、これは想像以上に大きい。ゴールド免許を取得したことがない人のなかには「指定の警察署に行かなくてはならないから同じじゃん!」と思う人も多いかと思うが、警察署での免許更新は、ものすごくスピーディなのだ! これぞゴールド免許取得者の特権と言っても過言ではない。

 免許センターでは視力検査ひとつとっても長蛇の列。とにかく、定められた手続きをすべて済ませて講習にまでたどり着くには相当の時間がかかる。特に都心部では、ゴールド免許であったとしても半日以上かかることは覚悟しなくてはならない。通常免許であれば、丸1日潰れるなんてことはザラだ。

 しかし、警察署での免許更新は実にスムーズで、講習までの手続きはあっという間で列を作るなんてことはほぼなし。あとは30分の講習だけなので、講習の時間に合わせて警察署に出向けば、講習時間を加味しても1時間程度で終わってしまうことも多い。

次ページは : 割引サービスを受けられる