今、ドラレコに求められる機能を網羅したベスト・オブ・コスパ、「コムテックZDR-015」を試してみた!!【編集部員オススメグッズ】


 結局、どれを買えばいいのか! そんな声が多いカー用品の筆頭といえば、ドラレコことドライブレコーダーだ。とにかく種類や機能、そして価格帯も幅広いなか、価格と機能のバランスが取れた人気商品であるコムテックの「ZDR-015」を改めて試してみた。

文/高山正寛、写真/Amazon

【画像ギャラリー】コンパクトなボディに機能満載!「コムテックZDR-015」は驚異の高コスパモデルだ!!(6枚)画像ギャラリー

■コスパが上昇したのが最大の理由

 今回「ZDR-015」を選んだ理由は実勢価格が落ち着いてきたことにより、コスパが大幅に向上したからだ。Amazonなどのサイトを見ると、「ZDR-015」はもともとオープンプライスとなっているが、参考価格としては3万5000円以上となっていた。

 しかし、今回この原稿を書いている段階では2万3000円強、実質36%オフとなっている。価格にして約1万2000円強、下がっていることになるが、これを取り付け工賃に回すことでさらにコスパ自体を高めることができる。

■今、ドラレコに求められる機能をバランスよく搭載

 「ZDR-015」の発売は2017年8月と意外と古い。だが、実際ECサイトやカー用品店に行くと最新モデルの間に入って販売されている。というか、けっこう売れているのだ。

 実際、某カー用品店の販売担当者に匿名で話を聞くと「機能が最も重要ですが、何よりも実勢価格が下がってきたことで薦めやすいのが一番です。やはり価格がこなれてきたことが大きいです」とのことだ。

 では、実際「ZDR-015」のスペックを改めて確認すると、

 1:前後カメラともフルHDの200万画素

 2:レンズの画角もフロントが対角で145°、リアが140°と充分以上の性能

 3:GPSを搭載

 4:地デジやGPSからのノイズの影響を受けない

 5:HDR/WDRといった画像補正機能

 と現在でも標準的に求められる機能はしっかり網羅している。

前後2カメラとも200万画素、GPSも搭載し、各種安全運転支援機能も抜かりなし。それで実勢価格2万3000円ほどと抜群のコスパを誇るのがコムテック「ZDR-015」だ

■使える! 駐車監視機能

 また、もともとの実勢価格が高かった商品ゆえに、駐車監視機能(オプション)や簡易的とはいえ、運転支援機能が搭載されている。もちろん、誤解のないように言っておけば、昨今標準装備されているADAS(先進運転支援システム)と比較すれば前述したように「簡易的」である点は否めない。

 ただ、全部で6つ搭載されている機能のうち、信号待ちからの先行車が発進した際の警告機能などは実用的だ。

 また、駐車監視機能はドラレコにおける昨今のトレンドのひとつだが、オプションの直接配線コードである「HDROP-09」は実勢価格で2000円程度と手に入れやすい。車載バッテリーの充電状態にもよるが、監視機能に関しては動作時間を6種類に設定することができ、エンジンオフの状態でも最大で12時間までの録画を可能にしている。

今どきの新車のフロントガラスには各種運転デバイスが装着されているが、ドラレコについては別で追加購入の必要がある。できればベーシックでも機能重質のほうが嬉しいというもの

 自宅の駐車場のいたずらなどが気になるようであれば最大時間でもいいが、例えば日々の買い物で駐車場に停める時間が平均でわかっていれば、1時間とか3時間を本体側で設定できるのは便利だ。

 この機能自体はこのほかにも細かな設定ができることに驚いた。特に立体駐車場などに入庫する際、パレットの段差を乗り越えた際の振動で駐車録画が作動してしまうのを一時的にキャンセルできるなど、実際の利用シーンに合わせてカスタマイズできる。

 もちろん、光量が少なめな夜間などでもナイトビジョンが搭載されているので、比較的明るく録画できる点も充分と言えるだろう。

次ページは : ■けっこう使える専用アプリ

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ