【コスパ抜群&高性能!!】厳選ドライブレコーダー 今「買い」の最新機種 5選

 あおり運転の末、起きてしまった悲惨な事件や事故のニュースが、数多く取り上げられている昨今。その影響もあり、この1年の間に、各メーカーからドライブレコーダーの新製品が続々と発売されており、現在多くの機種がラインナップされている。

 クルマ移動が増えるこの時期だからこそ、正しい選択をしたいもの。

 本稿では、今や必須装備となったドライブレコーダーの最新機種を比べながら、リーズナブルなモノから高性能なモノまで、おススメ機種トップ5をご紹介しよう。

文:吉川賢一
写真:Adobe Stock


【1】小型で高性能な最新ドラレコならコレ!

■ユピテル/SN-TW9500dP/2020年2月発売

【主なスペック】
カメラ:前・後
フロント画素数:200万画素
夜間対応:〇(HDR)
駐車監視機能:〇(オプション)
◆Amazon参考価格:2万7800円~
フロントカメラ:65(W)×54(H)×27(D)mm/リアカメラ:57(W)×30(直径)mm

※HDR…ハイダイナミックレンジの略。明るさの違う複数の写真を合成することで、逆光や暗所での撮影でもキレイな写真を残せる機能

 2020年2月に発売開始された最新機種。リアカメラはブラケット一体型のドラム缶タイプなので、リアガラスに近い位置に取付けでき、視界の妨げになりにくい。

 また、レンズ部が可動式となっており、角度調整がカンタンにでき、「SUPER NIGHT」機能が、自動で感度を調整してくれるので、夜間でも鮮明に撮影ができる。プライバシーガラス・スモークフィルムにも対応する。

 別売の駐車記録用オプションを接続すると、駐車中も一定時間記録を行い、いたずらや当て逃げなどにも対応する。G(加速度)センサーで衝撃を検知すると、衝撃前後の映像を、上書きされないよう専用フォルダに記録する。

 フロント、リアカメラ共に本体が小さいので、運転中に気になりにくいことは、本機の大きなメリットだ。

【2】高精細な映像が撮れると大人気!

■ケンウッド/DRV-MR745/2019年11月発売

【主なスペック】
カメラ:前・後
最大画素数:207万画素
夜間対応:〇(HDR)
駐車監視機能:〇(ケーブル別売)
◆Amazon参考価格:2万3319円~
フロントカメラ:87.9(W)×50.6(H)×34.4(D)mm/リアカメラ 44(W)×40.4(H)×33(D) mm

 後方からのあおり運転などを鮮明に記録する、前後撮影対応な2カメラのドライブレコーダーだ。

 2カメラドライブレコーダーは、1カメラ型に比べて2倍の記録容量が必要となるため、本機には、他機種よりも大容量の、32GB micro SDHCカードが付属。

 フロントとリアのカメラは業界トップクラスの明るさである、F1.8のレンズを搭載しており、鮮明な映像を撮影することが可能。リアカメラにはさらに、リアスモークガラスの濃さに合わせて、3段階で明るさを選べる「スモークシースルー機能」も備える。

 本体サイズがやや大きめだが、そのぶん、相手のナンバーまで、鮮明な映像が撮れると考えれば、アリな選択だ。

【3】360°とリアカメラで圧倒的な視野撮影ができる!

■コムテック/HDR360GW/2019年1月発売

【主なスペック】
カメラ:前(360度)・後
最大画素数:340万画素
夜間対応:〇(HDR)
駐車監視機能:〇(オプション)
◆Amazon参考価格:3万9000円~

フロントカメラ:89.4(W)×52.1(H)×32(D)mm/リアカメラ 56.2(W)×24.6(H)×27(D)mm

 ドライブレコーダー国内最大手メーカーのコムテック社のハイエンド機種で、360度カメラとリアカメラの2台を備えた高性能ドライブレコーダーだ。

 車内を含めた前後左右を360°カメラで記録し、後方の映像はリアカメラが記録するため死角がない。

 ホームページよりダウンロードできる専用ビューワソフトを使用して、録画したデータをパソコンで確認することが可能。

 映像や音声だけではなく、Gセンサーの情報も確認でき、GPSを搭載しているため、自車の走行軌跡を地図上に表示したり、走行速度も確認できる。

 また、撮影映像を守るファイル保護機能のほか、地デジの受信やナビのGPS受信などに影響を与えないよう、ノイズ対策も施されている。ドライブレコーダーステッカーも1枚同梱する。

 ハイエンド機種のため性能はトップクラス。価格はやや高いがそれだけに安心感を得られる一台だ。

【4】エントリーモデルとして人気のドラレコはコレ!

■ケンウッド/DRV-340/2019年2月発売

【主なスペック】
カメラ:前
最大画素数:200万画素
夜間対応:〇(HDR)
駐車監視機能:〇
◆Amazon参考価格:1万1700円~
61(W)×54(Hブラケット装着時93)×32(D) mm

 GPSを搭載し、動的検知にも対応した駐車録画フル装備モデル。初めての方にお勧めのコンパクトモデルだ。

 バッテリーを内蔵しているため、車を停めて本機の電源がオフになってから最大約25分間、衝撃や動体を監視してくれ、衝撃や動体を検知すれば、検知後約10秒間録画保存する。

 別売りの電源ケーブルを使用すれば、最大24時間の衝撃およびレンズ範囲内の動体の監視が可能。フルHD録画(1920×1080)対応で、16GB のmicro SDHCカードが付属する。

 エントリーモデルとして充分な性能を誇り、価格も比較的安い。最初の一台に悩むようならば、選んでみても良い機種だ。

【5】Wi-Fi接続でラクラク操作!SNSシェアも簡単

■innowa Journey/2018年 7月18日 発売

【主なスペック】
カメラ:前
最大画素数:200万画素
夜間対応:〇(WDR)
駐車監視機能:〇
◆Amazon参考価格:1万165円~
87.5(W)×54(H)×28(D) mm

 あまり聞き馴染みがないかもしれないが、「innowa」は2017年に発表された、日本発のブランドだ。現在、エントリーモデル「Journey」と、ハイエンドユーザー向けモデル「GRAVITY」の両機を展開している。

 200万画素のCMOSセンサーを搭載し、フルHD録画に対応したGPS内蔵ドライブレコーダーだ。8GB のmicroSDカードが付属。駐車中は、「衝撃検知」、「動体検知」の2種類から記録方法が選べる。

 専用ビューワソフトにより、再生や走行軌跡・速度の確認が可能。Wi-Fi搭載で、専用アプリを使ったファイル管理が可能で、本機設定もスマートフォンで行え、録画映像を素早くスマートフォンにダウンロードすることも可能。

 保存した録画映像/写真をSNSでシェアすることもでき、かつてないほど簡単に、ドライブレコーダーの録画映像を共有することができる。

 コストパフォーマンスが高く、データのやり取りもWi-Fi経由でカンタン。おすすめの一台だ。

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ