「もしも」の瞬間を確実に残す! パイオニアから高性能センサー採用の最新ドラレコ登場


 年々装着率が高まっているドライブレコーダー。だが、「安心」を得るためには、付けていればいいわけではなく、性能の善し悪しが重要な要素となる。今回、パイオニアから高画素数カメラを搭載した前後2カメラタイプのドライブレコーダーユニット「VREC-DH300D」が新登場。STARVISTM技術搭載ソニー製CMOSセンサーを採用し、 昼夜を問わず高感度・高画質な映像を記録することができる。 交通事故の起きやすい夕方や夜など撮影が難しい時間帯でも、「もしも」の瞬間を確実に録画可能。また、録画映像や操作画面が見やすい大画面3.0インチ液晶モニターを搭載しながら、 操作ボタンを側面・上部に配置することでコンパクトサイズを実現。発売は2021年5月、価格はオープン。

文/ベストカー編集部 写真/パイオニア

【画像ギャラリー】パイオニアの新ドライブレコーダー「VREC-DH300D」のヴィジュアルはコチラ


フロントとリアにSTARVISTM技術搭載ソニー製CMOSセンサーを採用した高画素数カメラを採用し、細部までクリアな高画質画像を記録

フロントカメラにF値1.4、 リアカメラにF値1.8のレンズを採用。明るくクリアな映像記録が可能
細部までしっかり撮影できるので、 万が一の際にもナンバープレートの文字や周囲の状況を鮮明に記録することができる

 フロントカメラに約370万画素、リアカメラに約200万画素の高画素数カメラを採用。 細部までしっかり録画できるので、「もしも」の際にもナンバープレートの文字や周囲の状況を鮮明に記録することができる。また、フロントカメラにF値1.4、リアカメラにF値1.8のレンズが採用されているので、明るくはっきりとした映像記録が可能に。

夜間も確実に撮影できる高解像度録画「ナイトサイト」に対応

 また、フロント&リアカメラには、STARVISTM技術搭載ソニー製CMOSセンサーが採用されており、 高感度録画「ナイトサイト」に対応。 トンネルや夜間の走行時でも、 前後のカメラで鮮明な映像を記録することができる。 さらに、 フロントカメラとリアカメラそれぞれに独立した露出補正機能を装備しているため、装着車両がスモークガラスの場合でも明るさを調整(9段階)して撮影できるのはうれしいポイント。

操作性に優れた大画面3.0インチ液晶モニター搭載。SDカードの不具合を教えてくれる警告機能も

操作ガイドを3.0インチ液晶モニター画面上に表示するため、 初めての方や夜間でも迷わずに操作できる

 一般的なモニターサイズの約2.3倍、録画した映像や操作画面を確認しやすい大画面3.0インチモニターを搭載。画面のインフォメーション表示部分を透過表示にすることで、より視認性を向上させている。 また、操作ボタンが側面・上部に配置され、大画面でありながらコンパクトサイズを実現。機能ごとに操作ガイドを画面上に表示するため、初めての方や夜間でも迷わずに操作できるようになっている。

 また、再購入検討者の47.1%がSDカードへの確実な記録を重要視しているとの調査結果から、記録容量の不足やSDカードの劣化による書き込み速度の低下などSDカードの状態を検知してくれる「SDカードフォーマット警告機能」を搭載。「もしも」を確実に記録するためのフォロー体制も充実している。

次ページは : パイオニアの新ドライブレコーダー「VREC-DH300D」主な使用はコチラ!