発売までいくらでも盛り上げますぞ!!!! 登場まで待てない新型フェアレディZ全情報


 2020年9月16日のプロトタイプ発表からおよそ1年半、今年1月の日本市場向けモデル公開から3ヶ月。日産の新型フェアレディZの登場が、ゆっくりと、だが確実に近づいてきている。今年最大の注目車となるであろうZ、その6月の登場に備えて、いまわかっている情報すべてを総チェック!

※本稿は2022年2月のものです
文/ベストカー編集部、写真/NISSAN、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2022年3月26日号

【画像ギャラリー】もうすぐ会える!! 2022年最大の注目車・新型フェアレディZ!!!(13枚)画像ギャラリー

■ハイパワー&3ペダルMTの組み合わせにココロ躍る!!

 約14年ぶりのモデルチェンジを受け6月に販売が開始される新型フェアレディZ。

 型式が「Z34」のままということで、ちょっと前までは「ビッグマイナーチェンジではないか?」という声もあった。

 実際は全体の80%が新設計とされ、従来型とはまるで違うクルマになることがわかっている。

2022年6月発売予定の新型フェアレディZ。型式はZ34のままながら全体の80%が新設計となっている

 新型フェアレディZ最大のトピックは、やはり405psを発生する3L、V6ツインターボエンジンの搭載だろう。

 組み合わされるミッションは6速MTと9速ATが用意されるが、400ps級のハイパワーエンジンに3ペダルMTが組み合わされるモデルは国産車中唯一となるだけに、その走りの楽しさは大いに期待できる。

 もちろんそのハイパワーを支えるボディも、しっかり鍛え上げられている。

 市場で待ち受ける強力ライバル車の名前を出しても「まあ、見ててください」と、日産サイドは自信をのぞかせている。

 総合的な完成度はかなり高レベルなものになると見ていいだろう。

 気になる価格は500万円台前半から。

 発表ずみであるプロトスペックの700万円近い価格にさまざまな憶測が流れたが、その後の取材でベースグレードは手頃な価格となることが確認できた。

 期待がふくらむ新型Z、発売日が本当に待ち遠しい!

■押さえておきたい5つのポイントや主要諸元 グレード構成など

■押さえておきたい5つのポイント
・歴史をリスペクトしつつ現代的に仕上げた外観
405ps/48.4kgmを発生するVR30DDTTエンジン
トランスミッションは6速MTと9速ATを用意
メーター表示は3種のグラフィックから選択可能
ベースグレードは500万円台前半になる予定

■日産 新型フェアレディZ 主要諸元 ※「Proto Spec」
・全長×全幅×全高:4380×1845×1315mm
・ホイールベース:2550mm
・エンジン:VR30DDTT 3.0L V-6 ツインターボ
・最高出力:298kW(405ps)/6400rpm
・最大トルク:475Nm(48.4kgm)/1600−5600rpm
・トランスミッション:6速MT/マニュアルモード付フルレンジ電子制御9速オートマチック
(9M-ATx)

■グレード構成
・標準
バージョンS
バージョンST
プロトスペック(特別仕様車)…696万6300円

【画像ギャラリー】もうすぐ会える!! 2022年最大の注目車・新型フェアレディZ!!!(13枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ