教習所からやり直して…… お願いだから出して!! ウインカー遅い県、遅い人

教習所からやり直して…… お願いだから出して!! ウインカー遅い県、遅い人

 運転免許証を取得してから何年も経つと、「これくらいいいだろう……」という自分の都合のいいように解釈した運転をするドライバーが出てくる。

 しかし、その勝手な解釈をするドライバーの多くは、法令違反であることや、自らの運転が周囲の歩行者や車を危険にさらす可能性を秘めていることを、よく理解していないのが現実だ。

 今回はそんな困ったドライバーの運転のなかから、ウインカーを出さない、もしくは直前(曲がる瞬間)になってから出すことについて取り上げたいと思う。その危険性を知り、自らの運転を一度省みてもらいたい。

文/高根英幸
写真/AdobeStock(トップ写真=xiaosan@AdobeStock)

【画像ギャラリー】ドライバーなら当たり前に知っておきたい! ウインカーについての知識(5枚)画像ギャラリー

■日々の運転で感じる、ドライバーの法令遵守意識低下

 筆者はクルマは当然のこと、ロードバイクでの移動も積極的に行なっている。都内の移動は往復どちらかが渋滞に遭うことが多く、移動時間もクルマとロードバイクではほぼ変わらないからだ。そうなると燃料の節約、すなわち温室効果ガスの削減にも貢献できるし、中性脂肪が燃料になると好都合ずくめなのである。

 しかし往復60km前後の行程で平均すると毎回2回は交通事故に遭いそうになっている。原因は交差点直前で追い越しての左折巻き込みやタクシーの追い越しての急停車、対向車の強引な右折……さまざまあるが、用心しているから回避できるが、ヒヤリとする瞬間は何度も味わっている。

 自転車の運転マナーや法令違反を問題視するドライバーは多いが、それ以上に問題なのが運転免許を取得しているのに危険な運転をするドライバーのほうではないだろうか。

筆者は毎日往復60km前後の行程で何度もヒヤリとする瞬間を味わっているという(beeboys@AdobeStock)

 多くのドライバーは忘れているようだが、日本は原則としてクルマの運転は禁止されているのだ。それを運転免許という制度により許可されている。

 これは調理免許のフグ免許や医師免許と同じ考えであり、リスクのある行為を正しく行なえる技術があることで免じて許されているのだ。

 にも関わらず運転免許だけは、取得すると運転できる権利だけは行使するものの、免許取得時に覚えたはずの法律やマナーなどは自分の都合のいいように解釈されて曖昧になっていく。

 自動車教習所も公安委員会よりノルマ(と言うと語弊があるが)を課せられてドライバーをじゃんじゃん育て上げてしまったことも影響しているのは明らかだろう。

 基幹産業を発展させるためとはいえ、免許人口を増やすために運転免許試験のハードルを下げてきた傾向は明らかで、それがドライバーの法令遵守意識の低下につながっていることは間違いないのだから。

■ウインカーを出さないで曲がることの危険性

 クルマが右左折や車線変更などの際に点滅させるウインカーは単なる合図ではなく、周囲のドライバーやオートバイ、自転車さらには歩行者に対する意思表示するための装置だ。周囲に自車の進路をあらかじめ伝えることで、お互いが安全に通行することができる。

 にも関わらず、最近日本国内でウインカーの使用が、かなりいい加減になっている印象がある。これは筆者の主観ではなく周囲のドライバーも同意見だし、ネットでもウインカーを出すのが遅いドライバーが増えているという意見を見かける。

 曲がる直前にウインカーを出す(曲がると同時、という印象すらある)ドライバーもいれば、まったくウインカーを点けることなく右左折や車線変更するドライバーも見かける。

 周囲と十分な間隔が空いているから危険ではないという判断をしているケースもあるのだろうが、そうした運転をしていると、やがてウインカー操作を忘れて曲がるのが習慣になってしまう危険性もある。

 前述の自転車乗車時に遭う左折巻き込みについても、すぐ後方に筆者の自転車がいるにも関わらず、交差点で発進してからウインカーを出し、筆者の目の前をスレスレで曲がっていく(つまり左後方を確認していない)ドライバーに遭遇したのも一度や二度ではない。

交差点で発進してからウインカーを出し、目の前をスレスレで曲がっていく、つまり左後方を確認していないドライバーも多い(beeboys@AdobeStock)

 JAFの調査によれば岡山県や香川県、徳島県では、ウインカーを出さないドライバーが多い傾向にあるそうだ。

 その理由としてウインカーを出すのは初心者であり、周囲に自分の行動が知られることは恥ずかしいので出さない、という意識が定着しているという情報もある。もしそれが本当なら、自分勝手な本末転倒とも言える行動であり、運転免許を返上したほうがいい。

 かなり昔に免許を取得し、合図不履行違反で検挙された経験がないドライバーは、これが非常に危険な行為であるという認識が低いのだろう。

 しかしもし交通事故に遭って、合図不履行が原因のひとつだとわかれば責任が重くなるのは明白だ。信号の色と同様、以前なら揉めた話かもしれないが、最近はドライブレコーダーの映像が証拠になるから、言い逃れはできない。

 一時停止についても止まらないのは論外として、停止線で一度止まらず交差点内で停止して安全確認(気持ちは分かるが取り締まりに遭うリスクも高い)するのでは、出合い頭の衝突事故を起こす可能性が高い。

 また一時停止の交差点では「停止さえすればいい」と思っているドライバーが少なくないことも問題だ。一時停止の目的は安全確認なのだから、交差する道路に車両が居て、それが安全に通行できると確認できるまでは発進するべきではないのだ。それが一時停止という規制の目的であることを思い出してほしい。

 単に止まった止まらないで取り締まりを受けるかもしれない、ということだけに意識を置いているドライバーが多過ぎるのが現状で、ここにも運転免許を量産してきた公安委員会や自動車教習所の対応の甘さが影響している。

次ページは : ■地方によって交通ルールが異なるのは危険な考え

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ