教習所からやり直して…… お願いだから出して!! ウインカー遅い県、遅い人

教習所からやり直して…… お願いだから出して!! ウインカー遅い県、遅い人

 運転免許証を取得してから何年も経つと、「これくらいいいだろう……」という自分の都合のいいように解釈した運転をするドライバーが出てくる。

 しかし、その勝手な解釈をするドライバーの多くは、法令違反であることや、自らの運転が周囲の歩行者や車を危険にさらす可能性を秘めていることを、よく理解していないのが現実だ。

 今回はそんな困ったドライバーの運転のなかから、ウインカーを出さない、もしくは直前(曲がる瞬間)になってから出すことについて取り上げたいと思う。その危険性を知り、自らの運転を一度省みてもらいたい。

文/高根英幸
写真/AdobeStock(トップ写真=xiaosan@AdobeStock)

【画像ギャラリー】ドライバーなら当たり前に知っておきたい! ウインカーについての知識(5枚)画像ギャラリー

■日々の運転で感じる、ドライバーの法令遵守意識低下

 筆者はクルマは当然のこと、ロードバイクでの移動も積極的に行なっている。都内の移動は往復どちらかが渋滞に遭うことが多く、移動時間もクルマとロードバイクではほぼ変わらないからだ。そうなると燃料の節約、すなわち温室効果ガスの削減にも貢献できるし、中性脂肪が燃料になると好都合ずくめなのである。

 しかし往復60km前後の行程で平均すると毎回2回は交通事故に遭いそうになっている。原因は交差点直前で追い越しての左折巻き込みやタクシーの追い越しての急停車、対向車の強引な右折……さまざまあるが、用心しているから回避できるが、ヒヤリとする瞬間は何度も味わっている。

 自転車の運転マナーや法令違反を問題視するドライバーは多いが、それ以上に問題なのが運転免許を取得しているのに危険な運転をするドライバーのほうではないだろうか。

筆者は毎日往復60km前後の行程で何度もヒヤリとする瞬間を味わっているという(beeboys@AdobeStock)
筆者は毎日往復60km前後の行程で何度もヒヤリとする瞬間を味わっているという(beeboys@AdobeStock)

 多くのドライバーは忘れているようだが、日本は原則としてクルマの運転は禁止されているのだ。それを運転免許という制度により許可されている。

 これは調理免許のフグ免許や医師免許と同じ考えであり、リスクのある行為を正しく行なえる技術があることで免じて許されているのだ。

 にも関わらず運転免許だけは、取得すると運転できる権利だけは行使するものの、免許取得時に覚えたはずの法律やマナーなどは自分の都合のいいように解釈されて曖昧になっていく。

 自動車教習所も公安委員会よりノルマ(と言うと語弊があるが)を課せられてドライバーをじゃんじゃん育て上げてしまったことも影響しているのは明らかだろう。

 基幹産業を発展させるためとはいえ、免許人口を増やすために運転免許試験のハードルを下げてきた傾向は明らかで、それがドライバーの法令遵守意識の低下につながっていることは間違いないのだから。

次ページは : ■ウインカーを出さないで曲がることの危険性

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!