新型クラウンSUVに勝機はあるか 乗り越えるべきは…「クラウンの呪縛」

新型クラウンSUVに勝機はあるか 乗り越えるべきは…「クラウンの呪縛」

 今後、リフトアップしたクロスオーバー風になるといわれている、トヨタ「クラウン」。早ければ夏前、遅くても今年中には登場するようだ。

 ステーションワゴンではなく、セダンのリフトアップときくと違和感があるが、まるでセダンのようにリアウィンドウを傾斜させた、「クーペSUV」はいくつかある。トヨタ「ハリアー」やルノー「アルカナ」もその一種だ。

 クラウンクロスオーバー(仮)の実力を分析し、クラウンSUV戦略は成功するのか、予想してみよう。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、Mercedes-Benz、BMW、Audi

【画像ギャラリー】走行性能も使い勝手も抜群!! 日本で買えるクーペSUVたち(35枚)画像ギャラリー

FFベースのAWDとクロスオーバー追加で再起をかける

 現時点でクラウンクロスオーバー(仮)について分かっているのは、「大径タイヤとリフトアップで新しいボディタイプ、全車ハイブリッドで4WD化、セダンからセダンプラスへ進化」といったところまでだが、どうやらFFベースのAWDを採用した4ドアクーペ風へと切り替わるようだ。

 このクラウンクロスオーバー(仮)は、「現行クラウンの新グレード」といった位置づけになる可能性が高いといわれている。本格的にクロスオーバーへ舵を切る前に、現行を使って市場の様子見をする、といった目的で登場するのであろう。

 当初は、クーペ風セダンのボディ後端までルーフを伸ばしたステーションワゴンをリフトアップした、いわゆる「クロスカントリー」テイストのジャンルになると想像していたが、あくまで「セダン(もしくは4ドアクーペ)」とのこと。

 「4ドアクーペ風」ということであれば、冒頭でも触れたように、トヨタのハリアーと近しいジャンルとなると思われ、また、世界に目を向ければ、欧州メーカーを中心に、セダンのようにリアウィンドウを強く傾斜させたSUVは何台かある。それらを参考にしながら、クラウンクロスオーバー(仮)は成功するのか、考察してみようと思う。

セダンの王道を突き進んできたクラウン。新たなチャレンジは成功するのか!?

クーペSUVは人気のジャンル

 セダンのようにリアウィンドウを強く傾斜させたSUVは、ハリアーのほかに、メルセデスベンツのGLCクーペやGLEクーペ、BMWのX4とX6、アウディのe-Tronスポーツバックなどが挙げられる。

 まずは身内のハリアーから。サイドガラスの上下幅が狭く、キャビンがクーペのようにも見えるハリアー。現行型は2021年6月に登場したモデルだ。ボディサイズは、全長4740×全幅1855×全高1660mm、ホイールベースは、2690mm。2.0L直4ガソリンエンジンと、2.5L直4エンジンに電気モーターを組み合わせたハイブリッドがあり、ハイブリッドの4WD車はE-Four(電気式4WDシステム)だ。ご存じの通り、RAV4と兄弟車であり、価格は、2,990,000円~5,040,000円、月販目標台数は3,100台だ。

 メルセデスベンツのGLCクーペ、GLEクーペは、リアウィンドウが強めに傾斜しており、ヘッドライトとテールライトを結んだラインから上側だけを見ればセダンのようにも見える。サイズは、GLCクーペが全長4740×全幅1930×全高1610mm 、GLEクーペが全長4955×全幅2020×全高1715mmだ。ちなみに、GLC 220d 4MATIC Coupeは税込763万円、GLE 400d 4MATIC Coupe Sportsは税込1241万円となる。

 BMWのX4(税込792万円~)は、全長4760×全幅1920×全高1620mmでホイールベースが2865mm、X6(税込1097万円~)は全長4945×全幅2005×全高1695mmでホイールベースが2970mmと、両者とも立派なサイズをしている。全幅はハリアーが子供に見えるほどに大きいが、全高はほぼ同じという背低のクーペSUVだ。

 アウディのe-Tronスポーツバック(税込1145万円~)は全長4900×全幅1935×全高1615mm、ホイールベースは2930mmのバッテリーEVだ。

 このように、欧州ではCセグメント、Dセグメントに、クーペSUVがいくつかあり、ハリアー含め、どのモデルもクラウン同様の「プレミアム感」がある。特にハリアーは国内で絶大な支持を得ていることから、クラウンが目指すジャンルとしては「アリ」なジャンルといえる。

次ページは : クラウンらしさを残しつつ、新しさを取り入れられるか!?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ