愛し愛され20年 新型ラパン登場間近!! 「カワイイ」を極めた次期型を大胆予想

愛し愛され20年 新型ラパン登場間近!! 「カワイイ」を極めた次期型を大胆予想

 ウサギをエンブレムに使用するなど「かわいい」路線で人気のあるスズキの「アルトラパン(以下ラパン)」。2021年12月には、ベースである「アルト」がフルモデルチェンジをしたこともあり、派生車であるラパンも近々新型が登場するようだ(2022年6月頃と予測)。

 ラパン(LAPIN、フランス語でウサギ)の現行型は2015年にデビューした3代目。歴代ラパンを振り返りつつ、新型アルトの姿から、4代目となる新型ラパンの姿を想像してみよう。

文:吉川賢一
写真:SUZUKI

【画像ギャラリー】次期型はどうなる!? 次期型のベースとなる「新型アルト」と、スズキ「アルトラパン」の現行モデル(32枚)画像ギャラリー

「おしゃれなニューレトロ」と「絶妙なかわいさ」で人気モデルに

 初代ラパンは、人気の5ドアハッチバック軽セダン「アルト」の派生車として、2002年に誕生。アルトの正統派路線とは一線を画し、女性をターゲットユーザーとした商品開発がなされており、四角い外観や立ち上がったフロントウィンドウ、ファニーなフロントフェイスなど、レトロ感が漂うオシャレなエクステリアで、一躍人気モデルとなった。なんと、ユーザーの9割が女性だったそうだ。

 本物のレトロではなく、若者が「レトロ」だと感じられる要素を上手く抜き出した、「ニューレトロ」といったデザインは、日産の「Be-1」や「パオ」にも通じるものがある。ちなみに、2003年には、ターボエンジンに5速MTを合わせたスポーツグレード「SS」を追加。「かわいい」だけではなく、ローダウンサスや専用アルミホイールなど、走り好きな男性をくすぐるグレードも存在していた。

2002年登場の初代アルトラパン。女性をターゲットユーザーとした商品開発がなされていたが、ターボエンジンに5速MTを合わせたスポーツグレード「SS」もあった

 続いて、2008年に登場した2代目ラパンは、初代モデルのニューレトロ感を見事に継承しながらも、ボディの角のRを大きめに取り、柔らかさを表現。初代モデル同様、こちらも人気モデルとなった。また大幅な燃費改善を行っており、NAエンジン車は24.5km/L(2WD、CVT)を達成している。また先代に続いて投入したターボモデルでも23.0km/L(2WD、CVT)を達成。中身を磨いて商品力を向上させた。

 現行型である3代目ラパンは2015年に登場。若い女性が好む「可愛さ」は追求しつつも、子供っぽさを出さない、を目指して設計されたという。ウィンドウ面積が狭くなるように、ドアパネルの面積を増やしてバランスを修正。ボディの下側を樹脂モールで覆ったことで、アクティブな雰囲気を出すことにも成功した。

 インテリアでは、まるでテーブルのようにも見える木目調のインパネや、天井のキルト地など、素材の使い方も上手い。ベースであるはずのアルトとはまったく違う、ラパン特有の世界観が、見事に表現されたデザインだ。

 現行型ラパンは、被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能、車線逸脱警報、ヒルホールド機能といった先進安全装備系も、可能な範囲で備えてはいるが、追従式クルーズコントロールや操舵支援技術などが未搭載であり、他メーカーに比べると技術の遅れが目立つ。特に、トヨタの先進支援技術を享受できているダイハツの軽自動車と比べると、2歩ほど後れをとってしまっている。

ハイブリッドは追加されるが、新型アルトの装備では限界も

 歴代モデルと同様、次期型ラパンは、新型アルトで投入したシャシーや車体フロア、先進支援技術をそのまま使うことになるはずだ。

 新型アルトには、減速時のエネルギーで発電、充電するエネチャージシステム車と、ISG(モーター機能付き発電機)により減速時のエネルギーで発電してリチウムバッテリーへ充電し、加速時にはモーターでアシストするマイルドハイブリッドシステム車の2パターンが設定されている。燃費性能は、前者は25.2km/L(WLTCモード燃費)、後者は27.7km/Lと、約10%の燃費改善が期待できる。

 ただし、新型アルトでは約26万円も、ハイブリッドの方が、車両価格が高い(HYBRID 2WD Xは約126万円、ガソリンL 2WDは約100万円)。もちろん次期型ラパンも同様となると思われる。燃費改善の他にも、加速時のアシストといった恩恵もあるのだが、基準の価格が安いだけに、ガソリン車の方を選ぶ方の方が圧倒的に多いだろう。

 また、スズキ セーフティ サポートが、デュアルカメラブレーキサポートへとアップグレードされることで、車夜間の歩行者検知や、被害軽減ブレーキがよりち密な制御になるなど進化する見込みだ。また、ヘッドアップディスプレイも搭載される見込みは高い。だが、新型アルトの装備ではここまでが限界だ。

 車線逸脱抑制機能やアダプティブクルーズコントロールまで求めたくなると、スペーシアに搭載されているクラスの先進支援装備が必要となるが、もちろん、それらの搭載には車両価格の上昇が伴う。この辺りは、新型アルトや次期型ラパンのほか、ワゴンRやワゴンRスマイルなど、採用台数を増やしてコストダウンを行い、採用を期待したいところだ。

次ページは : 多少路線を変えてくる可能性も

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ