東北地震でその対応の速さに賞賛集まる! なぜNEXCOは高速道路を迅速に修復できるのか!?


2022年3月16日夜に発生した福島県沖を震源とした東北地震で、東北道の路面に亀裂が入るなど被害が発生した。

しかし、NEXCO東日本が迅速に復旧工事を行い、地震発生から16時間後には応急処置が完了し、全線で通行が可能になった。

11年前の東日本大震災でも、その復旧の早さが国内外から注目されたNEXCOだが、なぜここまで素早い対応が毎回可能なのか? その裏側はどうなっているのか? 考察していきたい。

文/清水草一
写真/東日本高速道路(株)、Adobe stock(トップ:a3701027@Adobe stock)

【画像ギャラリー】地震が起きたらどうすべきか知っている? 運転中に発生した時にすべきこと(4枚)画像ギャラリー

■NEXCOはなぜこんなにも素早い復旧が可能なのだろうか

 2022年3月16日夜に発生した福島県沖を震源とした東北地震で、東北道の路面に亀裂が入るなど、かなりの被害が出た。しかし、NEXCO東日本が迅速に復旧工事を行い、地震発生から16時間後には応急処置が完了。全線で通行が可能になった。

2022年3月16日夜に発生した福島県沖を震源とした東北地震で発生した亀裂。長期にわたる通行止めも考えられる被害の大きさだった(東日本高速道路(株)より提供)

 2011年の東日本大震災でも、その復旧の早さが注目されたNEXCOだが、なぜここまで素早い対応が可能になったのだろう。

 こういった緊急事態の対応は、言うまでもないことだが、現場の努力が極めて重要だ。そこには必ず感動的な物語がある。

 が、緊急事態は戦争のようなもの。現場、つまり兵士たちは、指揮官から的確な指示がなければ、個々がどんなに優秀でも、力を発揮する術はない。NEXCOの災害復旧工事がこれほど迅速になった最大の理由は、指揮系統の整備にあると私は見る。

 思い起こすと、日本道路公団時代、このような素早い対応は見たことがなかった。

 例えば、1999年9月の台風18号では、岐阜県美濃市の東海北陸自動車道が長さ140メートルにわたって崩れ、民家の敷地まで土砂が押し寄せた。同年8月には、やはり台風で群馬県富岡市の上信越自動車道ののり面が崩落。いずれも復旧までに1~2カ月を要した。

 上信越道の件については、それほど大規模とは思えない崩落にもかかわらず、下り線は1カ月以上通行止めとなり、その間、上り線を対面通行に変更して対応していた。

 私は土木工事の専門家ではないが、「こんなに時間がかかるのは、日本道路公団の対応に、問題があるんじゃないか」という、漠然とした思いを抱いた。

 あの時ののり面崩落事故に比べたら、東日本大震災や、今回の地震による盛土崩落事故は、もっと大規模のように思えるが、NEXCO東日本は、どちらも驚くほど早期に復旧させている。

 我々が抱く「遅いなぁ」とか、「もう復旧したの!?」といった印象は、あくまで印象に過ぎないが、やはりそこには、大きな違いがあるのではないか。なにしろ復旧までに要した日数が、1ケタ違うのだから。

 思えば、こういった高速道路の災害復旧工事で、初めて「もう復旧したの!?」と感じたのは、2009年に発生した、東名高速道路の盛土崩落事故だった。

 2009年8月11日、駿河湾を震源とするマグニチュード6.5の地震が発生。震度6弱の揺れによって、東名高速の牧之原SA近くの盛土のり面が崩落し、走行中のクルマが転落しかねない状態になった。

 現場の映像を見た私は、「下手すれば数カ月通行止めになるんじゃないか」と思ったものだ。

 ところがそこからが早かった。NEXCO中日本は昼夜にわたって応急復旧工事を進め、8月15日の24時、つまり地震の4日半後には、通行止めを解除したのだ。

 NEXCO中日本によれば、「新東名の工事現場からの大型建設重機と作業員の応援派遣など(163 社約 1100 人)、NEXCO 中日本グループ及び関連会社(約 1200 人)が一体となって、崩落の危険性の高い困難な施工状況下においても、迅速な応急復旧を実現」したという。

 この、あまりにも速い復旧に、誰もが「まさか!?」と思った。たまたま総選挙(8月30日)を控えた時期だったので、某有名コラムニストは、「これは間違いなく自民党の選挙対策だ!」と、見当外れな批判を展開したほどだ。

 もちろん、自民党がNEXCO中日本に、「選挙があるから早く復旧させろ!」と指示を飛ばしたからと言って、いきなり実現できれば苦労はない。軍隊が急に強くならないようなものだ。

2022年3月16日夜に発生した東北地震による亀裂も、16時間後には応急処置が完了し、一般車両の通行が可能になった。普段からの対策・準備ができているからこその速さだ(東日本高速道路(株)より提供)

次ページは : ■民営化後から大きく変わった質

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ