明確にそして雄弁に!!! 支払い額だけじゃない数字が物語るクルマのアレやコレや15選

明確にそして雄弁に!!! 支払い額だけじゃない数字が物語るクルマのアレやコレや15選

 クルマの数字、と言われて思い浮かぶのはスペックや販売台数、そして価格などだろうか。

 だがクルマのことを語る時、知る時、登場する数字はそれだけではない。ここでは自動車界のカギを握る、注目すべき数字にスポットを当てる!

※本稿は2022年3月のものです
文、写真/ベストカー編集部、AdobeStock(トップ画像=Mediaparts@AdobeStock)
初出:『ベストカー』2022年4月10日号

【画像ギャラリー】希望ナンバー人気ランキングも掲載! クルマ界を「数字」という視点から眺めてみる15選(22枚)画像ギャラリー

【ニコニコ】2525

 一般社団法人全国自動車標板協議会では、2年に1度人気ナンバーを発表していて、最新のデータでは、5ナンバー車/軽自動車が2525(ニコニコ)、3ナンバー車が1となっている。

 1は全国統一の抽選ナンバーだが、2525は人気が高まっていることから抽選ナンバーに追加するところが増えている。2525が人気って聞くとほのぼのした気分になる。

【ご長寿】20年

 現行の日本車で最もご長寿なのはトヨタプロボックスで、2002年デビューだから今年で丸20年になろうとしている。2017年に今のモデルが登場しているが、ビッグマイチェンという扱いだった。

 それに続くのは、同じトヨタのハイエースで2004年デビューの18年目。両モデルに共通しているのは今でも絶大なる支持を得ていることだろう。

【希少】1%

 日本の新車販売におけるAT比率はおおむね99%。そう、裏を返せば、MT車の比率はわずか1%!! 厳密には1%以下。

 ちなみにアメリカのMT比率が3%、MT好きのドイツはATが増えているが約50%超で、MT比率の高さが際立っている。絶滅危惧種と言われるMTに乗るのは今が最後のチャンスかも。日本も設定車は少なくない。

【王者】18万8940台

 これ、ホンダN-BOXの昨年一年間の累計販売台数。軽自動車界の絶対王者に君臨するN-BOXは6年連続軽自動車販売ナンバーワンに輝いた。4年ぶりに20万台を割ったが、コロナ禍、半導体部品などの供給遅れなどを考えると余計その凄さが際立つ。

【偉大な遺産】83年間

 世界には長く作り続けられているクルマがいくつかある。その代表的存在として有名なのはビートルの愛称で親しまれたVWタイプIで、1941年から2003年までの61年間生産された。

 しかし、はるかに上を行く存在がある。それはモーガン4/4で、なんと1936年から2019年までの83年間、メインモデルは一度もモデルチェンジすることなく生産された。

【惜別】9車種

 ホンダは2021年に、オデッセイ、クラリティ、レジェンド、商用車のアクティの4車種の生産を終了。S660が今年3月、NSXが同12月に生産を終了することを発表しているうえに、今年の年末までにCR-V、インサイト、シャトルまで生産終了することを販売店に通達したという情報もあるようだ。

 火のないところに煙はたたず、ホンダ車がわずか2年間に9車種も消滅するのは異常事態。ホンダはどうなるのか、ちょっと心配。

【快挙】13万4801台

 昨年一年間の新車販売台数ランキング。

 自販連の発表しているデータでは、ヤリスが21万2927台で1位となっているが、これはヤリス、ヤリスクロス、GRヤリスの販売台数を合算したもの。

 ちなみにシリーズ中、最も売れているのがヤリスクロスで10万4010台だ。

 昨年単一車種で最も売れたのはトヨタルーミーで、13万4801台。公式記録には残らないがルーミーが偉業を達成。

次ページは : 【燃費王】36.0km/L

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ