アルファードより売れてたのに!! その功績は偉大なり!! トヨタはヴェルファイアをなくして大丈夫なのか?

アルファードより売れてたのに!! その功績は偉大なり!! トヨタはヴェルファイアをなくして大丈夫なのか?

 アルファードの兄弟車であるヴェルファイアは、かつて本家本元のアルファードよりも販売台数で勝っていた時期もあった。ところが、現在は逆転し、10分の1以下程度まで台数を落としてしまっている状況だ。

 それだけに、新型アルファードが登場した際にはヴェルファイアが廃止されるのでは? と噂されるほどなのだ。

 だが、今や当たり前のミニバン=イカついデザインという図式を体現したパイオニア的存在であるなど、残した功績はかなりのモノである。そこで今回はヴェルファイアの歴史を振り返ってみた。

文/永田恵一、写真/トヨタ、日産、ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】ヴォクシーみたいにワンチャンある!? ミニバンブームの大功労者トヨタ ヴェルファイア(8枚)画像ギャラリー

■販売急落のヴェルファイアだが、かつてアルファードよりも売れていた時期も

トヨタ ヴェルファイア。かつて販売台数ではアルファードを上回っていた時期もある兄弟車だ

 トヨタヴェルファイアは高級ミニバンのアルファードが2008年に2代目モデルに移行した際に加わった兄弟車である。ヴェルファイアは初代モデル、現行型ともにアルファードに対しアグレッシブなデザインが特徴。

 以前はディーラー数の多い旧ビスタ店を含むネッツ店で販売されていたことを理由に、販売台数ではアルファードを上回っていた時期もあった。

 それが現行アルファード&ヴェルファイアが2017年12月にビッグマイナーチェンジされて以来、2台の販売台数は逆転。さらに2020年5月からトヨタは原則全ディーラー全車種扱いとなってからその差は一気に広がり、2021年の販売台数はアルファード9万5049台、ヴェルファイア6509台と風前の灯火である。

 とはいえ、ヴェルファイアが残した功績は決して小さくないのだ。今回はヴェルファイアが歩んだ軌跡を振り返り、これまでの功績を考えてみた。

■初代アルファードは2種類あった!? グリルで差別化を敢行

2008年にアルファードが2代目モデルに移行した際に加わったトヨタ ヴェルファイア。上下二段のヘッドライトが特徴だった

 ヴェルファイアが登場したのは前述したようにアルファードが2代目モデル登場と同時期であった。

 2002年登場の初代アルファードはトヨペット店と後にネッツ店に統合されるビスタ店扱いだった。そのためアルファードにはグリルの違いのみとなるトヨペット店向けのアルファードGと、ビスタ店向けのアルファードVをラインアップ。

 なお、初代アルファードと同時期のトヨタ車にはそれぞれ2000年登場の2代目エスティマ(トヨタ店向けエスティマT、カローラ店向けエスティマL)、2代目RAV4(ネッツ店向けRAV4 J、カローラ店向けRAV4 L)という、初代アルファードと同様の例があった。

 初代ヴェルファイアとアルファードとの違いはデザインのみだ。具体的には「上品、洗練」をテーマに押し出しの強いグリルを持つなど比較的オーソドックスなアルファードに対し、ヴェルファイアは「力強さ、先進性」をテーマにアグレッシブな上下二段のヘッドライトやクリアのテールランプを備えていた。

 2015年1月登場の現行型3代目アルファードと2代目ヴェルファイアも、デザインを含め先代モデルのキープコンセプトでフルモデルチェンジされた。両車のデザインテーマはアルファードが「豪華、勇壮」、ヴェルファイアが「大胆、不敵」だった。

 そして、2017年12月のビッグマイナーチェンジではアルファードはフロントマスクがよりアルファードらしい重厚な押し出しあるものになったのに対し、ヴェルファイアは変化が少なかったためなのか、ビッグマイナーチェンジ以降販売台数は逆転。

 ヴェルファイアは2021年に中国向けがクラウンのエンブレムが付くクラウンヴェルファイアになるという話題はあった。

 しかし、2021年4月の一部改良の際にヴェルファイアは販売台数減少により特別仕様車のゴールデンアイズのみになったこともあり、冒頭に書いたように現在販売台数ではアルファードと大差が付いている。ちなみにカタログもアルファードに統合されているのだ。

次ページは : ■トヨタミニバンの勢力拡大に大きく貢献!! ヴェルファイアは超偉大だった

最新号

ベストカー最新号

ビッグネームが続々復活の情報捕捉!! ベストカー6月26日号

日本の自動車メーカーの2022年度3月期の連結決算が発表され、軒並み好調! クルマの販売も好調で、クルマへの関心が高まってきています。そんななか、発売中のベストカー6月26日号は新型フェアレディZの走行取材企画あり、スカイラインクロスオーバーやパジェロミニの復活登場のSCOOP企画あり、FRにスポットを当てた企画ありと盛りだくさん。「読み逃し」なく!! です。

カタログ