危険!! もっと開けよ!! あなたの車間距離は非常識?

 「煽り運転は絶対ダメ」というのは大前提ですが、まだまだ高速道路での車間距離がとても短い!! と担当は思っております。

 先日のお盆時期も前走車をあおっているわけではないのでしょうが、100km/h走行時での車間距離が40m程度のクルマが散見されました。

 「えっ、40mも車間を空けたら充分じゃないの!?」と思ったあなた。実はそれ、とっても危険な車間距離なんです。

 では安全に緊急回避をできる車間距離はいったいどれくらいなのでしょうか? 公的機関のデータを基に、現実も踏まえた安全な車間距離をまとめました。

文:永田恵一/写真:ベストカー編集部
※メイン画像はイメージです


■60km/hなら45m、100km/hなら100mが基本

 2017年6月に東名高速下り線で起きた悲惨な事故や、この事故を教訓とした2017年12月からの取り締まりの強化が始まった。

 その流れもあり2018年に入ってから後続車が先行車との車間距離を極端に詰めて走る、いわゆる煽り運転(正式には車間距離不保持)に対する注目がにわかに高まっている。

 また煽り運転に対する注目の高まりは、ドライブレコーダーの普及によりテレビのニュースやYou Tubeで、実際の煽り運転の映像を見る機会が増えたことも追い風となっている。

高速道路のは車線(白線)は一本の長さが8m、次の白線までの空白が12mで構成されている。それを目安に車間距離を把握する手立てもある

 煽り運転は先行車はもちろん、周りのクルマにとっても危険な行為だけに、厳禁なのは当然だ。しかしよく考えてみれば、煽り運転は煽る方にだって危険性がある。

 もし先行車が腹を立て急ブレーキを踏んで追突したら? さらに被害が広がって多重玉突き事故になったら? 非常に危険なことをしているのだ。

 まあそういったリスクが頭に浮かばないくらいイライラしたり、カッとなるから煽り運転の多くは起きるのだろうが……。

 そんなことを書きながらふと気になるのが、「じゃあ適正な車間距離ってどのくらいなの?」という点だろう。

 このことは多くのドライバーが、そもそも道路自体が交通量など一定でないだけに明確な基準や距離はないだろう。

 そこで適正な車間距離を考えるために運転免許を取る時の教本に書いてある車間距離の取り方を引用する。

●制限速度60km/hまでの一般道 速度引く15ⅿ(60km/hで走行中なら45m)

●高速道路 走行中の速度と同じ距離(100km/hで走行中なら100m)

※ドライ路面の場合

 この適正車間距離は走行中に停止までに必要な距離と、フルブレーキを踏むまでの空走時間を含めたもの。60km/h走行中なら44mほど、100km/h走行中なら100m強必要というのが根拠だ。

たとえNSXのようなスーパーカーでも100km/hからの完全停止には30m以上が必要。しかもそれは訓練されたレーシングドライバーでの数値だ。一般的な乗用車が車間を詰めたら止まれないのは言うまでもない

 もっと短く停止できると思っている方も多いと思う。現実としてJNCAPのテストで100km/hから完全停止まで45m程度で止まれたという結果がある。

 しかし100km/hで走っている時の秒速は約28m。たった2秒でも判断が遅れたら停止まで100mを超えてしまうのだ。

(編集部註:ブレーキの制動実験などは経験が豊富なテストドライバーが、後続車などのないコースで、あらかじめ心の準備をしてブレーキを踏んでいる。緊急時に落ち着いてその動作を再現できる一般ドライバーは少なく、実験データよりも制動距離は確実に伸びる。)

■理想的な安全距離と現実のギャップ

 前述のように先行車との車間距離を取れれば理想的ではある。しかし物事は何事も”理想と現実”がある。

 実際にこれだけの車間距離を取れるのは空いた深夜早朝の道くらいものだろう。もしこれだけの車間距離を取って通常の交通量のある道を走れば、現実的には割り込まれることもあるだろう。

 それこそ煽り運転の範疇ではないにせよ後続車に車間距離を詰められ危ない思いをしたり、円滑な交通の流れを妨げることにもなる。

 適正な車間距離に調べていて「なるほど」と感じたのが、欧米でよく使われている車間距離の取り方だ。

 これは「何かを目印にして先行車の2秒後を自車が走る」というものだ。そもそも走行中の車間距離は高速道路のキロポスト看板でもない限り把握しにくい。

 例えば先行車が交通情報の看板を通過した2秒後に自分が通過すると考えればいい。これであれば、60km/h走行中なら車間距離は33mと現実的な車間距離が取れる。

 この方法はJAFでも余裕を持って2秒が数えられるよう「ゼロ、イチ、ニ」という測り方(実測で2.2秒から2.3秒)を推奨している。

 この考えを高速道路で応用すると、可能なら「ゼロ、イチ、ニ、サン」で3秒間(実測3秒程度で、100km/h時なら車間約80m)。

 ゆっくり目に「ゼロ、イチ、ニ」と数えて(実測2.5秒程度で、100km/h走行時なら車間70m近く)車間距離を取れればベターではないだろうか。

車間の維持は高速道路だけの問題ではない。特に市街地では急な飛び出しなどで急ブレーキをかけるシーンもある。より一層、車間距離への注意が必要なのだ

 煽り運転や適性な車間距離について考えていると煽り運転は論外にせよ、周りから見ていて「それじゃあ車間距離を詰められても仕方ないだろう」というケースもある。

 具体的には高速道路などの追い越し車線を流れを乱したペースで走り続ける、1車線の道であまりに遅いペースで走っているクルマだ。

 高速道路では追い越し車線を走り続けるのは違反行為であり、身の安全を確保するためにも後ろから速いクルマが来たらすみやかに道を譲るのが鉄則だ。

 いずれにしても日常生活と同じようにクルマも気分よく、相手に不快な思いをさせないようにそれなりに周りに気を使いながらスマートに運転したいものである。

 それこそが技術面より大事な安全運転や事故防止の基盤なのではないだろうか。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ