長期活躍するクルマを応援!! いぶし銀の魅力あふれる「勤続10年車」たち

長期活躍するクルマを応援!! いぶし銀の魅力あふれる「勤続10年車」たち

 日進月歩、技術開発競争、新商品への入れ替えなどで目まぐるしい進化を続けるクルマ業界。約6〜8年でフルモデルチェンジが行われるのが一般的なこの世界で、小改良は重ねつつも10年以上ずっとフルモデルチェンジされず現在も発売されているクルマがわずかながら生き残っている。

 実はクルマにおいて「勤続10年」というのは並大抵のことではない。そんな選ばれし「古参兵」たちは今いったいどれだけ残っているのか?

 ここでは、そんな発売から10年以上という大台に乗った「勤続10年車」を紹介。今も現役な老兵たちの顔ぶれを見ていこう。

※本稿は2022年3月のものです
文/永田恵一、ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年4月26日号

【画像ギャラリー】本文で載せきれなかった、発売から10年超えて「こなれ感」漂う古参兵たちはこちら…!!!!(24枚)画像ギャラリー

■勤続10年(2012年発売)

●マツダ MAZDA6(今でも魅力度:★★★★☆)

マツダ MAZDA6

 先代CX-5に続く、SKYACTIV第2弾の3代目アテンザとして登場。毎年行われる改良の効果もありそれほど古さは感じず、特に2.2Lディーゼルターボ+MTはいまだ魅力的なモデル。

●日産 シーマ(今でも魅力度:★★★★☆)

 フーガハイブリッドをストレッチしたショーファーカー。いまだリアシートは魅力的で、ショーファーカーとしての格式を持つと考えれば価格も納得がいく。

●光岡 ビュート(今でも魅力度:★★★★★)

 日産マーチをベースにした人気パイクカー、ビュートは現行モデルで勤続10年となる。すべて手作業で作られるそのクラシックなボディデザインがいつ見ても魅力的だ。

●三菱 ミラージュ(今でも魅力度:★★★☆☆)

 タイ生産となる小さめのコンパクトカー。登場時は低燃費をアピールしたが、現在は強い魅力がないわりに安いわけでもないなど、選択肢に挙がらないというのが率直なところだ。

●トヨタ カローラアクシオ/フィールダー(今でも魅力度:★★★☆☆)

 現行型から当時のヴィッツベースであるカローラアクシオ&フィールダーは今や珍しい5ナンバーサイズ。ビジネスユースだけでなく一般向けも継続販売中だ。

●日産 キャラバン(今でも魅力度:★★★★☆)

 「打倒ハイエース」を目指す現行キャラバンも登場から10年が経過。10人乗りワゴンは5ナンバー幅で、長さも5ナンバーとなる仕様とスーパーロング長を基本にワイドボディも設定。

■勤続11年(2011年発売)

 2011年といえば東日本大震災が発生した年。『がんばろう日本』をスローガンに一丸となって復興を目指した。この年に誕生したクルマで現在も発売されているのはCT200hのみと、唯一の勤続11年車だったのだが……?

●レクサス CT200h(今でも魅力度:★★★☆☆)

レクサス CT200h

 先代プリウスベースのプレミアムハッチバック。登場時は魅力を感じたが現在は古さが目立つ。今後はUXを実質的な後継車に今年10月で生産終了となる。

■勤続12年(2010年発売)

 2012年といえばNHKで『龍馬伝』放送、尖閣諸島問題、ドラマ『フリーター、家を買う』放送もちょうどこの年の出来事である。そんな今から12年前に登場し、今も生き残っている勤続12年車もわずか2台のみとなっている。

●三菱 RVR(今でも魅力度:★★★☆☆)

三菱 RVR

 かつて2列シートミニバンだったRVRは、現行の三代目モデルで初代アウトランダーを小型化したコンパクトSUVとして復活。登場時からパッとせず、仕上がりは堅実なのだが、買いたくなる魅力が薄れてきたのも事実だ。

●日産 マーチ(今でも魅力度:★★★★☆)

 タイ生産の現行マーチが登場時こそ燃費のよさに感心したが、それ以外はクルマとしての魅力は薄い。ただMTのNISMOは面白いクルマなので買う価値あり!

次ページは : ■勤続13年(2009年発売)

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ