ハイエース GT-R…いつ生産終了? 長寿命のクルマの今後はどうなる?

ハイエース GT-R…いつ生産終了? 長寿命のクルマの今後はどうなる?

 近年の世の中はいろいろな分野で長寿化が進んでいるが、日本車のモデルサイクルもその1つである。その代表が9月14日に2022年モデルが発表された日産GT-Rで、GT-Rは2007年に現行モデルが登場して以来なんと15年目。

 そろそろ次期モデルのコンセプトモデルが出てきそうだが、表立って出てこないのが不思議だ。ここではGT-Rの2022年モデルの登場を期に、登場から10年以上が経った現行日本車の長寿モデルをピックアップし、その今後を追ってみた。

文/永田恵一
写真/トヨタ、日産、三菱

【画像ギャラリー】登場から10年以上経過した「ご長寿モデル」 次期型はどんなスタイルに?


■トヨタランドクルーザープラド:2009年9月登場→誕生から12年

2020年8月の一部改良ではディーゼルエンジンの出力アップとトヨタセーフティセンスの機能が向上。2021年6月1日には一部改良と70周年特別仕様車を発売した

 現在はいろいろな意味で「日本でもギリギリ実用的に使えるランドクルーザー」というポジションにあるランドクルーザープラドは、もともとはスパルタンな70系の乗用ワゴンとして1990年に初代モデルが登場した。

 2009年9月登場の現行型4代目モデルは乗用車的な方向となった1996年登場の2代目モデルからのキープコンセプトではあるが、世代を重ねるに従って高級SUVというキャラクターを強めている。

 2.7リッター4気筒ガソリンと4リッターV6ガソリンでスタートした現行モデルだが、2015年には2.8リッター4気筒ディーゼルターボが4リッターV6ガソリンと入れ替わる形で加わった。

 そのあとも2017年のマイナーチェンジや2020年には2.8リッターディーゼルターボと安全装備の性能向上を中心とした一部改良などが行われている。

 ランドクルーザープラドは地道な改良やランドクルーザーの世界的なブランドイメージの高さによるリセールバリューの良さなどを理由に、日本での販売台数は未だ衰えないどころか前年を大きく上回る絶好調が続いている。

●今後どうなる?

ランクル300に続き、プラドのモデルチェンジも2022年夏に控えている。ランクル300にも搭載される3.3LのV6ディーゼルターボ(309ps/71.4kgm)が搭載される(CGイラストはベストカーが製作したもの)

 今年8月にランドクルーザーが300系にフルモデルチェンジされただけに、ランドクルーザープラドも今後2年以内(2022年夏から2023年にかけて)フルモデルチェンジされるだろう。

 ランドクルーザープラドは次期モデルもキープコンセプトと思われるが、ランドクルーザー同様にラダーフレーム構造となるプラットホームは軽量化などが含まれる新世代のTNGAコンセプトが盛り込まれたものとなるだろう。

 また、エンジンはランドクルーザープラドでは現在のものが踏襲されそうだが、アメリカなどで販売されるレクサス版のGXではランドクルーザー300同様にそれぞれV6となる3.5リッターガソリンターボと3.3リッターディーゼルターボが搭載されるかもしれない。

■トヨタハイエース:2004年8月登場→誕生から17年1ヵ月

2004年8月に発売されたH200系ハイエース。標準ボディ・標準ルーフのボディサイズは全長4695×全幅1695×全高1980mm、ホイールベースは2570mm

 2004年8月登場の200系と呼ばれる、日本向けとしては現行型5代目ハイエースも4ナンバーサイズの商用1BOXバンを中心に10人乗りの乗用ワゴン、15人乗りコミューターといった豊富なバリエーションを持つ点は1989年登場の先代型4代目モデルから不変だ。

 しかし、目が覚めるくらいスタイリッシュなエクステリアは登場時からほとんど変わっていないものの未だ新鮮で、日本車史上に残る傑作と言えるほどだ。

 機能面は1BOXカーとして欠点が見つからないほど完成されているが、それでもディーゼルターボの排気量アップやエンジン自体の変更、ATの4速から6速化、予防安全パッケージのトヨタセーフティセンスの搭載といった改良が何度も行われている。

 そのためハイエースは改良ごとに〇型と呼ばれているが、最新モデルでは〇型なのかが正確には分からなくなっているほどである。

●今後どうなる?

ハイエース海外仕様。ロング・ハイルーフ仕様は全長5915×全幅1950×全高2289mm、ホイールベースは3860mm
海外仕様ハイエースバン(ショート・標準ルーフ)。ボディサイズは全長5265×全幅1950×全高1990mm、ホイールベースは3210mm

 2019年に海外向けハイエースがセミボンネットを持つ300系にフルモデルチェンジされた際には、「日本で販売されている200系ハイエースも300系にフルモデルチェンジされるのでは?」という噂も流れた。海外仕様300系ハイエースのなかでも、高級モデルとなるグランディアは、日本でグランエースとして販売されている。

 しかし、300系ハイエースは標準ボディでも200系ハイエースのスーパーロングボディ以上に大きい点や、フロントノーズがあるため荷台長が200系に劣ることなどを考えると、300系バンが日本に導入される可能性は低い。

 2021年8月に一部改良と統廃合が行われたことから、延命されることが予想される。次期型へのフルモデルチェンジは約2年後の2023年頃となるのではないだろうか。

 衝突安全性の観点から300系のようなセミボンネット型のスタイルになりそうだが、やはりハイエースは現行のキャブオーバー型のほうが似合う。時代の流れでしかたないのかもしれないが、キャブオーバー型を継承してもらいたいものだ。

次期ハイエースの予想CG(CGイラストはベストカーが作成したもの)。外観はキープコンセプトと予想。ハイブリッド車やGR SPORTの追加に期待したい

次ページは : ■レクサスCT:2011年1月登場→誕生から10年8ヵ月