990Sはマニア向け!? 現行型ユーザーが選ぶマツダ ロードスターのオススメモデル

990Sはマニア向け!? 現行型ユーザーが選ぶマツダ ロードスターのオススメモデル

 もはや世界的にライトウェイトオープンスポーツの代名詞といえるのが「マツダロードスター」だ。1989年に初代がデビューしてからモデルチェンジを続け、現行のND型で4代目となる。

そのNDがデビューして7年となるが、2022年1月にスポーティ性をさらに高めた新グレード、990Sが追加されている。

熟成と進化を続けるロードスターND型のおすすめグレードを、自らもNDを所有する伊藤梓さんに語ってもらった!

文/伊藤 梓、写真/MAZDA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】乗って楽しいクルマは選ぶのも楽しい!! NDドライバー伊藤梓氏が選ぶオススメグレードはコレだ!!(17枚)画像ギャラリー

■ロードスターに追加された「990S」はオススメできるのか?

2022年1月の改良で追加されたマツダ ロードスター990S。専用チューニングされた足回りと車重1トンを切る軽快さが人気

 クルマを取り巻く環境がどんどん変化していて、安全装備や電動化などによってクルマが重くならざるを得ない今のご時世。そんな中でも、マツダロードスターは、1トンを切る車重を実現している奇跡のライトウェイトスポーツカーです。

 私自身も現行モデルのNDロードスターに約7年乗っていますが、昨年末の商品改良を受けて、ロードスターはさらに魅力的なモデルになった様子。

 その中でも、新たに追加された990Sという最軽量モデルが人気を博しています。今は、990Sに注目が集まっていますが、「他のグレードにも魅力的なモデルはあるのでは?」ということで、今回はロードスターの中でも満足度の高い超コスパモデルはどれなのか探ってみようと思います!

 まずは、大人気の990Sについて。私自身NDのロードスターオーナーで初期のNR-Aを所有しているのですが、この990Sに乗ってみてドライビングの気持ちよさに舌を巻きました!

 とにかく走り出しから明確に軽さを感じ、ヒラヒラと道を駆けて行く様はまさに「Theロードスター」。少し運転しただけで、「これこそロードスターの走りを極めたモデルだ!」と確信しました。

 ただ、990SはRAYS製ホイールやブレンボのブレーキ、専用チューニングされた足回りやECUなどが搭載されていることもあって、価格は289万3000円とやや割高。

 たとえば、すでにロードスターの魅力を知っていて「もっとも最軽量の990Sでよりロードスターの走りをじっくり味わいたい」という方には「どうぞどうぞ!」と勧められるのですが、「はじめてロードスターに乗ります」「免許取りたてです」というような方にいきなり勧めるのは危険なモデルかもしれないと感じました。

 なぜなら、990Sには、最高の足回りが与えられている代わりに、純正のナビゲーションシステムやApple CarPlay/Android Auto、もちろんシートヒーターなどの快適装備などが付いていません。

 さらにオプションで後付けもできないのです。本当に走りだけに特化しているモデルなので、私のようなロードスターオタクが「990Sが一番良いよ! これしかない、最高!」と押し付けて勧めてしまうと、普通のクルマしか乗ったことがない方は「なにこれ、何もついてないじゃん……」となってしまう可能性もあるなと思ったのです。

■S Special Packageに必要なオプションを選んでトッピング!

NDロードスターを所有する伊藤梓氏が選ぶ「オススメのロードスター」はS Special Package

 そこで、「万人におすすめできるのは何のグレードか」を考えたときに、行き着いた答えは、「『S Special Package』に自分の好きなオプションをつける」これがもっとも高コスパではないかと思いました。

『S Special Package』には、純正ナビなど基本の装備が付いている上で、様々なオプションや、MT/ATを選ぶこともできます(990SはMTのみ)。そして価格は、MTが284万200円、ATが295万5700円と、MTモデルで見れば990Sよりも安いのです。

 さらに地味に嬉しいのが、自動防眩ミラーと、カップホルダー2個が付いていること(990Sは1個)。ロードスターは車高が低いので、後続車のライトがバックミラーに反射して眩しいことが多々あります。

 私が乗っているNR-Aは、この自動防眩ミラーではないため、昔ながらの手動でレバーを倒して暗くするタイプなのですが、これがとにかく見づらいのです……。

 自動防眩ミラーを一度覚えてしまうと、この快適さは手放せなくなるのでおすすめです。

 カップホルダーは、アクセサリーとして別途購入もできますが、5500円もするのが腑に落ちず、私はいまだに1個のまま過ごしていて、誰かを乗せると大変不便です。細いことなのですが、毎日乗っているとこういうところがボディブローのように効いてきます!

 あとは、自分の好きなオプションを設定していけばOK! 私がつけるとしたら、シートヒーターだけで十分なのですが、単品ではつけることができないので、CD/DVDプレイヤー+地上デジタルTVチューナー+シートヒーターのセットオプション(44000円)を選択することになります。

 私のカスタマイズはこれで完了! さらなる軽量化のためにRAYS製のホイールも欲しいところですが、24万5564円という価格を見て断念……。これは後付けでも買えるので、クルマを購入した後にいずれお金が貯まってからでも良いかなと思います。

 ということで、私がカスタマイズした『S Special Package』の価格は、288万4200円! 装備の割にはお買い得だと思いますが、いかがでしょうか?

*   *   *

 ここまでコスパの高いロードスターを紹介してきましたが、元も子もないことをいうと、あなたが気に入ったグレードやオプションを選ぶのが一番です(笑)!

 革シートがどうしても欲しいならS Leather Packageもありますし、RECAROのシートが入っているRSもありますし、さらにMTだけじゃなくATでも十分に楽しめるのがロードスターです。

 あくまで、今回は「今のロードスターは990Sだけじゃないよ」ということに焦点を当ててお届けしました。是非いろいろなグレードを検討して、自分にベストなモデルを見つけてくださいね!

【画像ギャラリー】乗って楽しいクルマは選ぶのも楽しい!! NDドライバー伊藤梓氏が選ぶオススメグレードはコレだ!!(17枚)画像ギャラリー