ロータス初のSUVにしてEV!!! エレトレは2022年後半登場!?

ロータス初のSUVにしてEV!!! エレトレは2022年後半登場!?

 ライトウェイトスポーツの雄ロータス。2021年8月に「2026年までに4つのEVモデルを発表する」という計画を明らかにした。

 そのEVモデル計画のトップバッターである「フルエレクトリックSUV」、ロータス エレトレをご紹介。

※本稿は2022年4月のものです
文/ベストカー編集部、写真/Lotus
初出:『ベストカー』2022年5月10日号

【画像ギャラリー】「テスラのような15.1インチの大型ディスプレイ」もこちらで!!! ハイパーSUVロータス「エレトレ」を見る(12枚)画像ギャラリー

■ロータス初SUVは最新技術の結晶!

2022年3月に発表されたロータス エレトレ。2022年後半から中国新工場にて生産開始

 ロータスと言えばライトウェイトスポーツのイメージが強いが、2021年8月に「2026年までに4つのEVモデルを発表する」計画を明らかにした。

 その第1弾がこのフルエレクトリックSUVである「エレトレ」だ。

 全長5m超、全幅2m超、ホイールベース3m超と従来のロータスのイメージを覆す大型ボディに100kWhを超えるバッテリーを搭載、最大600hpのハイパワー4WDシステムだ。

 0-100km/h加速は3秒未満と、ロータスが言う「ハイパーSUV」の名に恥じないモデルに仕上がっている。

■最新装備を満載 航続距離は600kmを目指す

 走行性能だけではなく、ADASなどの最新機能もテンコ盛り。

 LiDARを車両に装備し、5G回線を使ったOTAアップデートにより将来的な自動運転技術の搭載も視野に入れている。

 現状でもACC、レーンチェンジアシスト、レーンキープエイドなどのほかのロータス車にはない最新機能を搭載する。

 100kWh超のバッテリーと空力デザインによって航続距離は600kmが目標。

 最高350kWの急速充電に対応し、20分の充電で400kmの走行が可能になる。

 まるでテスラのような15.1インチの大型ディスプレイを中央に備え、拡張現実(AR)対応のヘッドアップディスプレイ、23個のスピーカーを備えた最高級オーディオシステムなど、現在実現できる最高レベルの機能がこれでもかと詰め込まれたEVとなっている。

 エレトレは、中国武漢に新設された工場にて2022年後半より生産開始予定。

 なお日本国内での販売時期、価格に関しては2022年6月現在、まだ未定となっている。

【画像ギャラリー】「テスラのような15.1インチの大型ディスプレイ」もこちらで!!! ハイパーSUVロータス「エレトレ」を見る(12枚)画像ギャラリー