ロータスもついにSUV投入へ! コードネーム:Type132「エレトレ」とは一体何者か!?


 2022年3月29日(英国時間)、イギリスの名門自動車メーカーであるロータスは、オールエレクトリックのSUV「エレトレ」を、ワールドプレミアした。ロータス初のSUVであり、販売は米国/中国がメインでスタートする計画という。

 これまでライトウェイトスポーツカーをひたむきにつくってきたロータス。そのロータスが、「遂に電動化、しかもSUV」となると、クルマ好きとしてはいろいろ考えさせられるところがある。コードネーム「Type132」こと、エレトレの概要を紹介しよう。

文/吉川賢一
写真/LOTUS

【画像ギャラリー】コードネーム「Type132」ロータス初のSUVを画像でチェック(30枚)画像ギャラリー

■ライトウェイトスポーツからの脱却を図るロータス

 日本では、1970年代にヒットしたカーレース漫画「サーキットの狼」に登場した「ロータスヨーロッパ」、もしくは、1990年代半ばに誕生した「ロータスエリーゼ」が広く知られているロータス。

 背が極端に低く、非常にコンパクトな2ドアクーペやカブリオレは、思わず目を奪われてしまう存在感がある。筆者は、かつて住んでいた場所で、近所にロータスエリーゼで通勤している人が住んでいたことがある。毎朝、いい音を鳴らしながら走り抜けるのを羨ましく見ていた。

 ロータスが誕生したのは、いまから70年以上も昔の1949年ごろ、イギリスのノーフォークを拠点として、発明家でありF1ドライバーでもあったコリン・チャップマン氏によって創立されたメーカーだ。

 チャップマン自身がレースで使用するマシンの開発製造から始まったロータスは、ときには大手ワークスを打ち負かすなど、レースでの活躍を機に知名度を上げ、高性能なライトウェイトスポーツカーを得意とする自動車メーカーへと成長していった。

 紆余曲折あり、2017年からは、中国の自動車メーカー「吉利汽車(Geely Automobile)」の傘下となったが、かつてのまま、エリーゼ、エキシージ、エヴォーラといったライトウェイトスポーツカーを製造販売してきた。

 だが2021年12月、ロータスはこの3台の生産を終了すると発表。既存の製造ラインは入れ替えられ、ロータスが「エンジン車の集大成」とする新型モデル「エミーラ」用へと生まれ変わるという。エミーラの生産開始は2022年春以降であり、日本での発売時期は未定だ。

 ロータスはさらに、70kWhのバッテリーを備え、4モーターで最大出力2000ps、最大トルク1700Nmという、怪物級のバッテリーEV「エヴァイヤ」というハイパーカーも開発中とのこと。130台限定で年内には生産開始するそうで、こちらもかなり気になる。

ロータスのエンジン車の集大成「エミーラ」は、405ps を発生するスーパーチャージャー付き 3.5L V6エンジンを搭載。日本初導入となる「First Edition」は1353万円

■最高出力は608馬力、0-100km加速は3秒以下のハイパーSUV

 ロングホイールベース、前後ショートオーバーハング、極端に狭いサイドウィンドウ高さ、SUVにしては短いボンネット長など、かなり大胆なデザインをしている「エレトレ」。

 ボディサイズは、全長5103×全幅2135×全高1630mm、ホイールベース3019mm。長くて幅広く、ペッチャンコなスタイリングで、ロータス自身も、SUVというよりもハイライディング・スポーツカー(背高のスポーツカー)という呼び方をしているほど、ギリギリSUVといえるスタイリングだ。

エレトレは、ロータス史上初となるスポーツカーセグメント以外のモデルとなる。フロントデザインは、エミーラやエヴァイヤの系譜を受け継ぐ

 ちなみに短いボンネットデザインは、ロータスの象徴であるミッドエンジンレイアウトのスタイリングを踏襲しているそうだ。もちろん、ミドシップではないのだが。

 エレトレは、最新のロータススポーツカーである「エミーラ」の魂と、バッテリーEVハイパーカー「エヴァイヤ」の革新的なエアロパフォーマンスを取り入れた「ハイパーSUV」として開発されている。

 駆動方式は4WD、100kWhを超えるバッテリー容量と、最大出力は608ps(600hp)を達成。最高速度は260km/h、0-100km/h加速は3.0秒以下。350kW供給が可能な充電器を使えば、400kmの航続距離をわずか20分で充電可能。満充電での航続距離は約600kmを目標としている。

次ページは : ■ボディ全体でエアロダイナミクスを稼いだ秀逸なデザイン

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ