やっぱスイフトスポーツは日本の宝だ…チューニングしたらさらに最高になった!!

チューンドスイフトスポーツはGRヤリスに迫る走りと迫力を獲得

 新車価格201万7400円からというお手頃価格で、高い走行性能と実用性を兼ね備えて老若男女問わず人気なのがホットハッチのスズキスイフトスポーツ。

 国産スポーツカーの価格が高騰してしまい、新車、中古車問わずお手頃価格で手に入るスポーツモデルとして多くの人から支持されている。

 そこで、今回はこのスイフトスポーツをベースとしたストリートモデルを大阪府高槻市にあるコンプリートスポーツが製作したので、早速試乗インプレッションを行った。

文、写真/萩原文博

【画像ギャラリー】チューンドスイフトスポーツの詳細を画像で紹介(9枚)画像ギャラリー

現在では数少ないお手頃価格のスポーツモデル

チューンドスイフトスポーツはGRヤリスに迫る走りと迫力を獲得
左が今回試乗したカスタムカー。右はセントラルサーキットなどで最高速を記録したマシン

 現行型スズキスイフトスポーツは、2017年9月に登場した。クルマの骨格にあたるプラットフォームを「ハーテクト」と呼ばれる高剛性、軽量化を両立した新プラットフォームを採用。さらに全幅1,735mmの3ナンバーサイズとすることで、トレッド幅を拡大。その結果、直進安定性と旋回性能を向上させている。

 搭載するエンジンは最高出力140ps、最大トルク230Nmを発生する1.4L直列4気筒直噴ターボ。点火制御とターボ過給圧制御をチューニングし、アクセル操作に対する反応を高めて、過給応答性を向上させただけでなく、ターボラグのない幅広い回転域で鋭い加速を実現している。

 組み合わされるトランスミッションは6速MTと6速AT。6速MTは先代と同じ2~5速をクロスレシオ化した同じギヤ比を採用。一方の6速ATは最適なギヤ比を設定し、鋭い加速を得られるようになっている。

 サスペンションにはスポーティな走行に特化した減衰特性のモンローのショックアブソーバーを採用。さらに専用スタビライザーやブッシュ類の採用によりロール剛性を最適化している。

 そして、運転支援システムがパッケージ化したセーフティパッケージを設定。衝突被害軽減システム「デュアルセンサーブレーキサポート」をはじめ、アダプティブクルーズコントロールなど最新の運転支援システムが採用されている

 2020年5月の一部改良で、後退時の安全装備を充実させ、安全性を向上させている。

 今回訪問したコンプリートスポーツはチューニングショップではない。スズキ高槻南というスズキの副代理店でもあるのだ。しかし単なる副代理店ではない。 西日本エリアでスイフトスポーツを5年連続で最も販売している店舗なのだ。

 どうして、このショップがそれほどスイフトスポーツを販売しているのか。それはコンプリートスポーツでは、オリジナルのカスタムコンプリートカーを製作し、西日本エリアにあるセントラルサーキットや岡山国際サーキットでラジアルタイヤ装着クラスの最速コースレコードを保持しているタイトルホルダーだからだ。

 スイフトスポーツ用のパーツは、2020年5月の一部改良以降の2型は25馬力アップのECUをはじめ、サーキット用、ストリート用サスペンション。そしてマフラーなど機能性パーツを開発し、実際にサーキット走行を重ねて実績を積んでいるだけでなく、ECU装着車を新車コンプリートカーとして販売しているのだ。

 そのスイフトスポーツを西日本で最も販売しているコンプリートスポーツが、満を持してリザルトジャパンとのコラボで誕生したエアロパーツを装着したデモカーを製作した。コンプリートスポーツは、リザルトジャパンの新車コンプリートオフィシャルショップとなっている。

次ページは : 見掛け倒しではない!高い戦闘能力を獲得したスイフトスポーツ