プリウス アウトランダー… これなら買えるオススメ中古PHEV&EV 15選

ガソリン高すぎるしPHEV&EVに乗り換えだ!! プリウス アウトランダー ゴルフ モデル3… これなら買えるオススメ中古15選

 補助金を1Lあたり25円も出してるのに未だにハイオク170円を超えるガソリン価格。トリガー条項や二重課税を指摘しても税金は減らないだろう。

 なら、新車で軽自動車や普通車を買うより、中古でEVやPHEVを買って電気で走ったほうがいいんじゃない? ということで、中古EV・PHEVのなかから厳選15台をご紹介!

■トピック
・中古車を買うべきか? 補助金フル活用で新車を買うべきか?
・バッテリーの劣化はどう考えるべき?
・トヨタ 現行プリウスPHV(2017〜現在)
・三菱 先代アウトランダーPHEV(2013〜2021)
・三菱 エクリプスクロスPHEV(2020〜現在)
・ホンダ クラリティPHEV(2018〜2021)※萩原氏イチオシ!!!
・VW 先代ゴルフ(PHEV・2015〜2021)
・メルセデス 先代Cクラス(PHEV・2015〜2021)
・BMW 先代3シリーズ(PHEV・2016〜2019)
・BMW 現行3シリーズ(PHEV・2019〜現在)
・ボルボ 現行XC60(PHEV・2017〜現在)
・三菱 i-MiEV(2009〜2021)
・日産 現行リーフ(2017〜現在)
・BMW i3(2017〜現在)※萩原氏イチオシ!!!
・日産 e-NV200(2014〜2019)
・TESLA モデル3(2017〜現在)
・かなりお安く買えますトヨタ 先代MIRAI!


※本稿は2022年4月のものです。「中古車弾数」は2022年3月末時点のもの、「オススメ度」は、価格や中古車弾数、スペック などを参考に総合的に判定したものです
文/萩原文博、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年5月10日号

【画像ギャラリー】「先代ってどんなデザインだったっけ…?」という方はこちら! 厳選15台の中古PHEV&EV車をギャラリーでチェック!(30枚)画像ギャラリー

■中古車を買うべきか? 補助金フル活用で新車を買うべきか?

 EVやPHEVは経済産業省の「クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」で、国からEVは最大85万円、PHEVは最大55万円の補助金が受け取れる。

 その他各自治体などが補助金を設定しており、新車をかなり割安に手に入れることができる。しかしその補助金を利用すると、一定期間所有する必要があり、売却する場合は返納する必要がある。

 一方の中古車は補助金を受けることはできないが、その代わり好きなタイミングで売却できるのがメリットだ。新車のプジョーe-208GTの場合、利用できる補助金は国が55万4000円、東京都だと地方自治体の補助金が45万円あり、最大100万4000円となる。

 約400万円で購入可能で、中古のテスラモデル3とほぼ同じ水準となる。しかし、一定期間手放せないという縛りがあるので、これをどう考えるかが重要だ。

■バッテリーの劣化はどう考えるべき?

 中古車で購入する際に、最も気になるのはコンディションだ。エンジン車であれば、オイル交換などのメンテナンスの頻度などが目安になる。

 しかしEVの場合、前オーナーがどれくらい急速充電を利用していたのか、わからない。

 ご存知のとおり、EVのバッテリーは急速充電の使用頻度が高ければ、高いほどバッテリーへの負担が大きく“セル欠け”という現象が起きやすいのだ。

 現状、EVのバッテリー劣化に対してのユーザーの対応策としては、ディーラー系販売店で購入し、“セル欠け”が起きた時には、保証で対応してもらうしかない。

■トヨタ プリウスPHV(現行型・2017〜現在)

トヨタ プリウスPHV Aプレミアム“ナビパッケージ”(オプション装着車)

 現行型のプリウスPHVは2017年に登場。大容量バッテリーの搭載によりEV走行距離を68.2kmまで拡大。

 現在、中古車は383台流通し、100万円台から購入可能となっている。

 流通台数が多い年式は2017年式で、グレードはAが中心だが、カスタムカーのGRスポーツもさまざまなグレードが流通する。

●全長×全幅×全高:4645×1760×1470mm
●重量:1530kg
●パワーユニット(以下PU):1.8L、直4(98ps/14.5kgm)+2モーター(72ps/16.6kgm、31ps/4.1kgm)
●8.8kWh(68.2km)
■中古車価格帯:168万~468万円
■中古車弾数:383台
■オススメ度:★★★☆☆
※諸元は2017年モデル

次ページは : ■三菱 先代アウトランダーPHEV(2013〜2021)