ノア&ヴォクシーが全車3ナンバーになった理由とは!? 5ナンバーミニバンはなくなってしまうのか?

ミニバンの車幅に異変!! なぜノア&ヴォクシーは3ナンバー車になったのか

 トヨタの人気ミニバンノア&ヴォクシーが新型へと生まれ変わった。その新型において大きな変更があった。それは全車が全幅1700mm以上の3ナンバーモデルになったことだ!

 先代までは5ナンバーサイズの標準ボディと3ナンバーサイズのエアロモデルの設定があったのだが、新型では思い切って標準ボディを廃止したのだ。

 この大変革の背景を渡辺陽一郎氏に分析してもらった。

文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】5ナンバーボディを廃止して売れ行きはどうなる!? トヨタ新型ノア&ヴォクシー(11枚)画像ギャラリー

■新型ノア&ヴォクシーから5ナンバーサイズが消滅!

2022年1月に登場した新型トヨタ ノア。標準ボディ、エアロ仕様とも3ナンバー車となった

 2022年に発売された新型車の中で、特に注目されるのが1月に登場した現行ノア&ヴォクシーだ。売れ筋のミニバンで、新型はエンジン、ハイブリッドシステム、プラットフォームなどをすべて刷新させた。衝突被害軽減ブレーキを始めとする安全装備、運転支援機能も大幅に進化している。

 そのためにノア&ヴォクシーは、各種の機能がミニバンの中で最も先進的だ。特にハイブリッドシステムのTHS IIは、ほかの車種に先駆けて第5世代に進化したから、膨大なトヨタ車の中でも設計が一番新しい。

 ノア&ヴォクシーで、もうひとつ注目されるのがボディサイズだ。ノアは標準ボディとエアロ仕様、ヴォクシーはエアロ仕様のみを用意するが、先代型ではノアの標準ボディは全幅が1695mmに収まり、5ナンバー車になっていた。エアロ仕様は、先代型から3ナンバー車であった。

 それが新型では、標準ボディ、エアロ仕様ともに全幅を1730mmで統一され、全車を3ナンバー車にした。5ナンバーサイズの標準ボディは選べない。

 なぜ新型ノア&ヴォクシーは、3ナンバー専用車になったのか。

■ノア&ヴォクから5ナンバーサイズが消えた理由

2022年1月に登場した新型トヨタ ヴォクシー。ノアと同じく3ナンバー車となった

 一番の理由は、プラットフォームの刷新だ。先代ノア&ヴォクシーのプラットフォームは設計が古かった。そのために現行ハリアーに搭載される設計の新しい直列4気筒2Lエンジン、第5世代のハイブリッドシステム、さらに各種の先進安全装備などは、プラットフォームを刷新しないと採用できなかった。

 新しいプラットフォームは、プリウスから採用を開始したGA-Cと呼ばれるタイプだ。このプラットフォームを使って、全幅が1700mm以下の5ナンバー車を開発すると無理が生じるため、すべて全幅が1730mmの3ナンバー車になった。

 全車を3ナンバー車にした背景には、ユーザーの全幅に対する認識の変化もある。以前のノア&ヴォクシー、セレナ、ステップワゴンは5ナンバーサイズにも魅力があったが、最近のエアロパーツを装着したグレードは、すべて3ナンバー車だ。

 しかも3ナンバーサイズでエアロ仕様の先代ノアSi&ヴォクシーZS、セレナハイウェイスター、ステップワゴンスパーダは、販売比率が5ナンバーサイズの標準ボディよりも高い。そこでノア&ヴォクシーは、全車を3ナンバーサイズに拡大して、プラットフォームを始めとするクルマ造りを刷新した。

 ノア&ヴォクシーのボディサイズについて、販売店に尋ねると以下のように返答された。

「ノアやヴォクシーのお客様は、全幅などボディサイズを気にされるが、5ナンバー車というカテゴリーにはこだわらない。先代型の時点で、ノアの標準ボディは5ナンバー車だったが、多く売られていたのは、ノア、ヴォクシーともに3ナンバーサイズのエアロ仕様だった」。

 それなら5ナンバーサイズにこだわるミニバンのユーザーは、今ではいなくなったのか。この点も尋ねた。

「ミニバンを購入するお客様にも、5ナンバーサイズにこだわる方はおられる。最も多いのは、自宅の駐車場所が狭く、なるべく全幅を抑えたい場合だ。運転が苦手で3ナンバー車はダメ、というお客様もいる。そのような方は、シエンタを選ばれることが多い」。

 ノア&ヴォクシーが3ナンバー専用車になり、トヨタで唯一の5ナンバーミニバンとなるシエンタの役割が、従来以上に大切になった。

次ページは : ■ノア&ヴォクシーのイメージが変わっていく