クルマ酔いの原因にも!! 助手席に乗っていて「下手だな」と感じやすい運転動作 5選


車間距離のうまい取り方とは? 道路状況を把握しよう!

適切な車間距離や周囲の道路状況をしっかりと把握して、助手席の人に不快な思いや怖い思いをさせない運転を心がけたい(satoshi.o – stock.adobe.com)

 4つ目は、車間距離が異様に近い運転をすること。これは下手というより、車間距離をあけることがカッコ悪いと勘違いしている人でもあります。とくに混雑した都心部では、車間距離をあけているとどんどん前にクルマが割り込んでくるので、そうさせないために常に前のクルマに近づいて運転している人が多いと思います。

 でもそのせいで、前走車のブレーキランプがちょっと点灯しただけで慌てて自分もブレーキを踏んだり、赤信号に変わっていることに気が付かず交差点に侵入してしまったり、助手席の人にとんでもなく不快な思い、怖い思いをさせていることに気づいていません。

 運転上手な人は、そうそう割り込んでこられない距離だけれど、余裕を持って運転もできる距離、というのを掴むのが上手です。これは自分が助手席に乗っていて安心できる人の車間距離の取り方を見て、学ぶようにするといいでしょう。

 5つ目は、周囲のクルマや道路状況をまったく考えていないと感じる行動。これも運転下手な人の特徴です。進行方向の先に見えている信号が赤なのに、いつまでもアクセルを踏み続けて、いきなりブレーキを踏んで止まる人。脇道からでたそうなクルマがいるのに、まったく気づかずにその真横で止まってしまう通せんぼドライバー。

 これは助手席に乗っていると、出たがっているクルマのドライバーににらまれたりしてイヤなものなのです。周囲の状況が見えている人は、対向車の右折車両をうまいタイミングで行かせてあげたり、お店から出てくるクルマをちゃんと前に入れてあげたり、そういった気遣いが自然とできます。自分だけじゃなく、周囲のクルマも気持ちよく走れるようにできる人は、とても素敵です。

 ということで、自分では気づかないうちに、助手席の人に運転下手と思われてしまう動作をピックアップしました。これらは、少し気をつけて運転するだけで、事故防止にもなり、燃費もよくなり、助手席の人からの好感度も上がり、良いことづくめの動作です。当てはまっていた人はぜひ、頭に入れて運転するようにしてみましょう。

【画像ギャラリー】気づかないうちに同乗者を不快にさせているかも!! 運転下手と思われてしまう動作をチェック(5枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ