あおり運転なんて損しかない!! こんな時代だから考えたい! 運転時のイライラ解消法

あおり運転なんて損しかない!! こんな時代だから考えたい! 運転時のイライラ解消法

 TV報道やネットなどで問題視されるようになっても、いまだに「あおり運転」は横行し、自衛手段としてドラレコをつける人も続々と増えている。こんな時代になってしまったからこそ、自分こそはイライラせずに平常心でのんびり走りたいもの。

 そこで本稿では、イライラしない(イライラ場面に遭遇しない)走り方や、日々の過ごし方について考えてみよう。

文/フォッケウルフ
写真/フォッケウルフ

【画像ギャラリー】運転時のイライラ解消法を写真で見る!(5枚)画像ギャラリー

■多くの人がハマりやすいイライラの原因とは?

 短気を起こすと結局は自分が損をする。いわゆる「短気は損気」ということわざの通り、怒りにかられて行動することは百害あって一利なしだ。クルマで走行中ならなおのこと、状況にすぐ腹を立てたりイライラするのは、集中力や判断力の低下につながり、最悪の場合は事故を起こしてしまう可能性も大いにある。

すっかり当たり前の言葉となった「あおり運転」だが、この行為自体は、するほうも、されるほうも誰ひとり得しない行為だ
すっかり当たり前の言葉となった「あおり運転」だが、この行為自体は、するほうも、されるほうも誰ひとり得しない行為だ

 運転中にイラッとする原因を考えてみると、たとえば前のクルマが遅いとか、無理な割り込みをされた、速度が一定じゃない、なんでもないところでブレーキを多用するなどなど、枚挙に暇なし。いずれにしても「自分の思いどおりに運転できない」ことが、ストレスとかイライラの要因となるわけだ。

 他者の行動にイライラを募らせ、さらに「自分はちゃんと運転しているのに!」という少々自己中な正義感が加わると、怒りの感情が喚起される。

 すると脳内にはノルアドレナリンという神経伝達物質が分泌される。ノルアドレナリンとは危険を察知し、集中力を高めるという効果をもたらすそうだが、同時に自律神経の交感神経を働かせ、身体を臨戦態勢にするという。結果として怒りの矛先が他者に向き、攻撃=あおり運転へと発展していく可能性があるわけだ。

 多くの場合、怒りに変わる前に理性が働いて即攻撃態勢に移ることはないし、今どきは、広く普及したドライブレコーダーが効果的な抑止力になって、むやみやたらに他人に攻撃を仕掛ける人は減っている(はず)。

 しかし、怒りを抑えたとしても少々のイライラは残るものだ。だからこそ、イライラが再び怒りへと変わる前に、イライラを少しでも解消するための心構えや対処法について考えてみよう。

次ページは : ■環境を整えて感情をコントロールする

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します