クルマ酔いの原因にも!! 助手席に乗っていて「下手だな」と感じやすい運転動作 5選

クルマ酔いの原因にも!! 助手席に乗っていて「下手だな」と感じやすい運転動作 5選

 普段なにげなく会っているときに「素敵だな」と思っていた人が、運転しているクルマの助手席に座っているうちに、残念ながらどんどん印象が悪くなることがあります。

 それはふとした瞬間に、「この人、運転下手だな」と感じてしまうから。たかが運転、と思っている人も多いかもしれませんが、運転はその人の“化けの皮”を剥がしてしまうようなものです。

 しかも厄介なのは、本人にはどこがダメなのかが認識しにくいときです。あなたは大丈夫でしょうか。知らず知らずのうちに、周囲の人に「運転下手だな」と思われていないでしょうか? 

 今回はそんな、助手席に乗っている人が「この人、運転下手だな」と感じやすい動作をピックアップしてみます。

文/まるも亜希子
アイキャッチ写真/Prostock-studio – stock.adobe.com
写真/Adobe Stock

【画像ギャラリー】気づかないうちに同乗者を不快にさせているかも!! 運転下手と思われてしまう動作をチェック(5枚)画像ギャラリー

「急」がつく操作NG!! 不安に感じる運転操作とは?

 1つ目は、基本的なところですが運転姿勢がおかしいと思った瞬間です。背もたれがあり得ない角度で倒れていて、腕がピンと伸びた状態でハンドルを握っていたり、逆に背もたれから背中が離れすぎていて、ワンコのようにハンドルを抱えて持っていたり。

 そんな姿勢で周囲の安全確認がちゃんとできるのか、万が一何かが飛び出してきたときなどに、緊急回避操作ができるのか、かなり心配になってしまいます。本当にこの人に自分の命を預けていいのだろうかと、同乗するのが怖くなるほど。これだけですでに、運転下手な人確定となるでしょう。

 また、運転席に座り、自分がシートベルトをしたらすぐに走り出す人も、安全意識が低いと感じます。助手席の人、後席の人、全員がシートベルトを着用したことを確認してから、発進するのがドライバーの責任というもの。「自分だけよければいいんだね」と思われても仕方ない行為です。

 2つ目は、とくにブレーキの使い方がヘンな人が多いですが、「急」のつく操作をしたり、不要な操作が多いというのも、助手席ではとても不快で二度と乗りたくないと思う瞬間です。

 たとえば、カーブを曲がるときに本来なら手前からじわりと減速し、カーブが最もきついところでしっかりと速度が落ちているように合わせて、そこを過ぎたらまたじわりと加速をはじめるのが上手な人ですが、下手な人は直前までアクセルを緩めることなく、いきなりガツンとブレーキを踏んだり、手前から何度も何度もブレーキを踏んだりするのです。

 助手席の人の身体が前のめりになるようなブレーキは、「下手だな」と思われている可能性大。これを繰り返すとクルマ酔いの原因にもなるので、ブレーキの操作をおろそかにしないように、丁寧さと正確さを心がけましょう。

 そしてハンドル操作も同じです。上手な人は手をなめらかに滑らせるように、少しずつハンドルを切っていきますが、直前でエイヤッというように一気にハンドルを切る人は「下手だな」と思われがち。必要以上に切ってから戻して修正したり、足りなくて切り足したり、大ざっぱなハンドル操作も嫌われますので要注意です。

 3つ目は、カーブを曲がるときに車線をはみ出しそうなほど外側に膨らんだり、ラインどりが悪くてフラフラする運転。これも下手だなと思うと同時に、もし対向車が来ていたらと思うと恐怖しかない瞬間です。

 原因はカーブの手前でしっかり減速できておらず、オーバースピードで入ってしまうことや、カーブの曲線に対して的確なハンドル操作ができていないことなど。

 最近は、地図と協調制御でカーブをスムーズに曲がれるようにアシストしてくれるクルマや、メーター上にカーブの曲線を表示して注意喚起してくれるクルマなどもあるので、そういう先進技術の助けも借りながら、助手席の人を不安にさせない運転をマスターしてほしいと思います。

次ページは : 車間距離のうまい取り方とは? 道路状況を把握しよう!