1万回転も夢じゃない!! 高回転までぶん回せ!! 走り自慢の軽自動車5選


「1万1千回転まできっちり回せ」。超名作コミック『頭文字D』にそんな名言があったのだが、中学生当時の自分にはそれがどれだけの話なのかよくわかっていなかった。

そんな担当が初めて乗った軽自動車は友人のヴィヴィオ RX-R。乗ってみると軽自動車なのに1万回転までタコメーターがある!! そしてシュンシュン回るし。

文太さんが言ってたのはこれか!! と当時は衝撃を覚えたものでした(違うけどね)。そんな超ド級の刺激タップリな軽自動車たちを振り返ります。

文:片岡英明/写真:ベストカー編集部


■商用車なのにバカッ速!! 今も続く軽スポーツの名車

パワフルで刺激的なモンスター軽自動車の代表は、スズキが1987年2月に送り込んだアルトワークスだ。

外観からしてタダモノならぬ雰囲気を匂わすアルトワークス。直3DOHCは64psを発揮。フルタイム4WDのグレードも用意された。7500rpmで最高出力を発揮するが、1Lあたりで換算すると117psにもなるモンスターエンジンだった

543ccのF5A型3気筒DOHC4バルブエンジンにインタークーラーターボを装着し、ネット値で64ps/7500rpmの最高出力を絞り出した。

現行型アルトワークスも元気だ。コスパも高いししっかりスポーツしているのも好印象。スペックは時代も変わり初代の過激さはないが、670kgの軽量ボディを5MTで操る愉しさは健在だ

ワークスは今でも鮮明に思い返せるほど異次元の、バカっ速い走りを見せていた。当時は商用4ナンバー車だったが、商用車でこれほど速い走りを見せたクルマはない。

鮮やかなピンク地のバケットシートにも度肝を抜かれた。

■三菱とスバルの強烈モデルも忘れるな

三菱が1989年1月に送り出したミニカのダンガンZZもシビれる痛快な走りが自慢だ。3気筒DOHCにインタークーラーターボだが量産車初の5バルブを採用し、その後フルタイム4WDが加わった。

こちらがミニカダンガン(写真はZZ-4)。軽自動車らしいルックスだが中身は野獣だ。5バルブの直3ターボを国内初導入するなど三菱の力の入れようは相当なものだった

ターボが威力を発揮してからの加速は強烈で、13インチの細いタイヤだからFF車だとトラクションを失って暴れだすことも少なくなかった。

ベースのミニカ自体も非常に評価の高い軽自動車だった。ハイルーフの「トッポ」なども生花店などの需要が高かった。大手スーパーとコラボした「レタス」なんてモデルもあり、ダンガン以外にも多くの人に愛された車種だ

パワフルで刺激に満ちた軽自動車の3位はスバルのヴィヴィオだ。RX-R(A)は658ccの4気筒DOHCエンジンにスーパーチャージャーを装着している。

9000回転までシュンシュン回るエンジン、そして1万回転も許容したエンジンを積むヴィヴィオ。あのコリン・マクレーがヴィヴィオでサファリラリーにも参戦するなど軽自動車の枠を超えた名作だ。フォグランプの大きさがラリーを匂わせる

  1993年のWRC(サファリ・ラリー)に出場し、総合12位で完走したことを知れば、その凄さがわかるはずだ。

アクセルを踏むと難なく1万回転まで回り、豪快な加速を見せつけた。

次ページは : ■スズキの新旧名作もランクイン

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ