国内最激戦区! ミニバン 【Mクラスユニット別】 ベスト5

 セレナe-POWERの投入もあり、俄然群雄割拠の様相を見せているミニバン Mクラス。SUV全盛、軽も元気だ! とはいえ、やはりファミリーカーのド定番といえばミニバンは外せない選択肢。

 そこで、ミニバンに求められる居住性やラゲッジの使い勝手はもちろん、加速&ハンドリングといった走りのよさ、そして近年意識が高まる安全装備の充実度などで、Mクラス ハコ型ミニバンをランキングしてみた。

 またe-POWERやガソリン車、ハイブリッドをそれぞれ別々の車種として扱って順位づけしたため、いつもちょっと違った様相のランキングになっているぞ。

※本記事は2018年3月のものです
文:片山英明、ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2018年4月10日号


■環境性能、先進安全装備を充実させたミニバンが増えている

 Mクラスのミニバンは、ボディサイズを5ナンバーの小型車枠のなかに収めているクルマが多い。

 Mクラスで少しだけ余裕あるキャビンを実現しているのは、ワイドボディのデリカD:5だ。卓越した走破性能を誇る4WDを主役とするなど、他と違う個性を打ち出して対抗した。

 またMクラスは、買った後の経済性にこだわりを持つユーザーが少なくない。その心理をつき、ハイブリッド車のように環境性能を追求したミニバンが増えている。安全装備も重要だ。先進安全装備をセットで採用するミニバンが続々と登場した。

■1位 ホンダ ステップワゴン ハイブリッド 

 そんなMクラスで最もトータル性能が高く、高得点を叩き出して1位に輝いたのは、ステップワゴンのハイブリッドだ。走りの洗練度が高く、セレナe-POWERを凌ぐ軽快感と上質なパワーフィールを実現し、実用燃費も優れている。ガソリン車から乗り換えてもブレーキなどに違和感もない。

堂々の1位は走行用と発電用、ふたつのモーターを持つ「SPORT HYBRID i‐MMD」搭載のステップワゴンハイブリッド。先進安全装備の標準化も高く評価したいポイントだ

 また、冴えたフットワークも自慢。一般道や高速道路に加え、ワインディングでも気持ちいい走りを楽しめる。そして特筆したいのが、歩行者にも対応したホンダセンシングを全車に標準装備すること。堂々の1位獲得だ。

■ホンダ ステップワゴン ハイブリッド
●出力:145ps/17.8kgm
●モーター:184ps/32.1kgm
●JC08燃費:25.0km/L
●価格:330万480円〜355万9680円

■2位 ホンダ ステップワゴン 1.5Lターボ& 日産セレナ e-POWER

 2位は同じくステップワゴンの1.5Lターボ。ハイブリッドの陰に隠れているが、力強い走りなど、じつは実力派だ。燃費はハイブリッドにかなわないが、スポーティ度は高く、装備の使い勝手もいい。

150㎰/20.7kgm発生の1.5Lターボを搭載。ワインディングも楽しめるフットワークと総合力の高さで見事2位を獲得

 奥様を中心とするファミリー層を狙い、わかりやすい実用性能をアピールしているのがセレナである。キャビンは不満のない広さで、ハンズフリースライドドアやガラスハッチなども重宝する。

踏んだ瞬間最大トルクのモーターで駆動するセレナe‐POWERは惜しくも2位。ハンドリングをさらに磨きたい

 パワートレーンを豊富に用意するのもセレナの特徴。最も魅力的で存在感が際立っているのは、リーフの電動化技術を応用したe-POWERだ。Lクラスが買える価格だがモーターならではの気持ちいい加速フィールは魅力的。余裕ある走りに加え、静粛性に代表される快適性能も高い。ステップワゴンの1.5Lターボと並ぶ2位とした。

■ホンダ ステップワゴン 1.5Lターボ
●出力:150ps/20.7kgm
●ミッション:CVT
●JC08燃費:15.0〜17.0km/L
●価格:245万5920円〜324万5400円

■日産 セレナ e-POWER
●出力:136ps/32.6kgm
●JC08燃費:26.2km/L
●価格:296万8920円〜343万6560円

■4位 日産 セレナ S-HYBRID

 マイルドハイブリッドとガソリン車は今一歩の魅力と実力だ。ファミリー層が重視する実用性能にこだわっているが、多人数乗車、荷物満載だとガソリン車は余裕がない。マイルドハイブリッドも、モーターが補助するのは発進時だから物足りなく感じる。

走りの面で純ガソリン車を上回って4位に入った

 ハンドリングもそれなりのレベルでいいと割り切っているのだろう。少し手を入れたe-POWERを除けば、平凡な実力にとどまっている。だが、乗り心地にはこだわっているから、元気な走りをしなければ快適だ。

 鳴り物入りで登場した自動運転化技術の「プロパイロット」も、セレナの走りの実力がそれなりだから使い切れていないところがある。また、ステップワゴンがホンダセンシングを全車に標準装備しているのに対し、セレナはオプション設定だ。この消極的な姿勢もマイナスとなっている。

■日産 セレナ S-HYBRID
●出力:150ps/20.4kgm
●モーター:2.6ps/4.9kgm
●JC08燃費:15.0〜17.2km/L

●価格:248万9400円〜322万7040円

■5位 トヨタ ノア/ボクシー/エスクァイア HV

 ノア/ヴォクシー/エスクァイアは、ステップワゴンとセレナの後塵を拝し、ハイブリッド車が5位にとどまった。だが、実際にはトータル性能の高いミニバンだ。ハイブリッド以外に飛び道具はないが、ハイブリッド車、ガソリン車ともに平均点が高く、ファミリー派には魅力的。

 扱いやすく、快適装備も充実し、キャビンも2列目までは広く快適だ。動力性能も満足できる実力。特にハイブリッド車はドライバビリティ、実用燃費ともに優秀で快適性能もMクラスではトップレベルだ。

 ただし、先進安全装備は物足りない。1世代前の安全/運転支援システムだから、点数をあまり上乗せできなかった。この弱点が解消されればもっとセレナに肉薄できるはずだ。

大きな弱点がない高い総合力で5位に滑り込み

■トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア HV
●出力:90ps/14.5kgm
●モーター:82ps/21.1kgm
●ミッション:電気式無段変速
●JC08燃費:23.8km/L

●価格:301万4280円〜314万2800円
※数字・価格はすべてノア

 以下、結果はこのようになった。

 デリカD:5は4WDの実力は高いものの基本設計は古い。エンジンもガサツだから次期モデルに期待しよう。日産のNV200は商用のバンがベースだから、快適性も安全装備も今一歩にとどまる。


【番外コラム】 一芸に秀でる Mクラスミニバン

 どんなモデルにも特技はある。ここではMクラス ハコ形ミニバン界の、そんな一芸王を紹介。各王者の選出は渡辺陽一郎氏にお願いしたぞ。では、いってみよう!

■2列目シートがとにかく快適! → 三菱 デリカD:5

 Mクラスのなかで、2/3列目シートが最も快適なのはデリカD:5だ。足元空間が最も広く、頭上にも余裕があり、座り心地にはボリューム感を持たせた。背もたれや座面も大きい。デリカD:5は、全長が4800mm以下のミニバンでは居住性が最も優れ、Lクラス並みに快適だ。

■3列目シートがたたみやすい! → トヨタ ノア3姉妹

 3列目のシートを最も簡単にたためるのは、ノア/ヴォクシー/エスクァイアの3姉妹だ。レバーを引くだけで、スプリングの作動によって3列目シートが跳ね上がる。操作が最も簡単で素早い。セレナも低い位置でたためるが、レバー操作だけでたためるノア3姉妹には太刀打ちできない。

■収納スペースがとにかく多い! → 日産 セレナ(ガソリン/ハイブリッド)

 収納設備が最も豊富なのはセレナだ。助手席の前には上からアッパーボックス/トレイ/グローブボックスが備わる。ガソリンおよびHV車であれば、2列目の中央部分が1列目の間までスライドして収納設備として使える。
さらに1/2列目の背面には、格納式のテーブルも装着した。

■ノーマルグレードでもよく走る! → ホンダ ステップワゴン(ターボ)

 ハイブリッドではないノーマルエンジンで最もよく走るのはステップワゴンだ。1.5Lターボは低回転域から余裕のある駆動力を発揮する。また低床設計によって重心が低く、Mクラスハコ型ミニバンでは走行安定性が最も優れている。動力性能と安定性で走りの面では圧倒的といえる。

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|ベストカー 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のベストカー最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ