スイフト、デミオ、ノート、フィット、VWポロ…日欧コンパクト決戦

各メーカーが「エース」といえるような車種を送り込み、つばぜり合いを繰り広げているカテゴリーがある。

国内市場で堅実に需要が見込め、日本車、輸入車問わず魅力的なクルマたちがひしめくのがBセグメント、日本でいうところのコンパクトカーのカテゴリー(そもそも「セグメント」は欧州でのクルマの分類枠となる)だ。

国産ではアクアを筆頭にフィット、ノート、スイフト、デミオなどが揃い、パワートレーンだけでもガソリンにハイブリッド、クリーンディーゼルなどバラエティに富んでいて、選びがいがあるというもの。

輸入車も定番のBMW MINIやVWポロ、そしてセンスが光るシトロエンC3にルノールーテシアなど、個性派がズラリと並ぶ。

そこで本企画では、車両本体価格250万円以下のBセグ ハッチバックモデル 日欧対決をお届けしよう。選ぶなら国産、輸入車のどちらがいいのか!?

※本稿は2018年2月のものです
※記事中のポロSTIはこのあと2018年3月に新型が国内で発売開始となったため、旧世代のモデルとなります。

文:鈴木直也、ベストカー編集部/写真:平野 学、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2018年3月26日号


■走りの気持ちいいベストカー3台は?

Bセグハッチバックは国産、輸入車を問わず、魅力的なクルマの多い激戦区。競争の激しいところにダメグルマなしの法則どおり、ここはどれを選んでも間違いないくらい魅力的なタマが揃っている。

だから今回ピックアップした候補車11台、好みに応じて選ぶべしというのがボクの基本的なスタンス。アドバイスするとすれば「こういう好みの人はコレがお薦め」といったガイダンスにとどめたい。

では、まずベストカーらしくピリッと走りの気持ちいいクルマからいこう。今回の11車、あえてホットハッチ的なバリエーションをノミネートしていない。テーマは日常生活における走りが爽快なクルマ。ぼくのなかでワンツースリーはデミオXD、ノートe-POWER、ポロTSIだ。

■マツダ デミオ15XD ツーリングLパッケージ(205万7400円)

【SPEC】
全長4060×全幅1695×全高1525mm、ホイールベース:2570mm、直4、1.5L DOHCディーゼルターボ(105ps/22.4〜25.5kgm)、JC08モード燃費:22.8〜30.0km/L

【鈴木直也の評価】
・走りの楽しさ……5
・コストパフォーマンスのよさ……4
・乗り心地のよさ……4

2017年10月の一部改良で上級車と同等の安全装備を標準化

デミオは唯一のディーゼルとして、トルクの太さが圧倒的。25.5kgm(AT)というトルクはほかのガソリンエンジン(&ダウンサイズターボ)より2クラスくらい強力で、とにかくドライバビリティに余裕がある。トルクに余裕があるというのは、運動性能にマージンがあるということ。これが心地よくもあり、また安心感にもつながるのだ。

ノートe-POWERの気持ちよさも同じ。こちらも25.9kgmとさらに強力なうえ、電気モーターだからここぞという時のレスポンスも強烈。アクセルひとつで狙ったポジションにクルマをスッと持ってゆける機動力の高さは、よりパワフルなホットハッチ群を凌ぐレベルといっていい。

■日産 ノートe-POWER メダリスト(232万9560円)

【SPEC】
全長4100×全幅1695×全高1520mm、ホイールベース:2600mm、直3、1.2L DOHC+モーター(79ps/10.5kgm)、JC08モード燃費:34.0km/L

【鈴木直也の評価】
・走りの楽しさ……4
・コストパフォーマンスのよさ……4
・乗り心地のよさ……3

快進撃を続ける日産e-POWER車の尖兵的モデルでコンパクト初のシリーズハイブリッド採用。2016年11月には月間販売台数で1万7584台を記録し、1986年の6代目サニー以来となる日産車での販売ナンバーワンに。このMC以降、追浜工場製に

この2車、長距離をこなすには燃費のことも考慮してデミオXD。街中主体ならワンペダルドライビングの面白さもあってノートe-POWER。得意分野がかぶっていないから、選択に迷わなくていい。

ポロTSIはきっちりと仕立てられた上質なシャシーに魅力のエッセンスがある。現行ポロはすでに新型が発表されて旧世代となっているが、それでもこの11車のなかで見るとシャシーの出来栄えはトップレベル。素直なハンドリングはどんな状況下でもコントローラブルだし、バネ上の動きを上手にダンピングしてしなやか感を演出する乗り心地品質も一級品。シャシーづくりではいまだこのクラスのベンチマークといっていい。

■フォルクスワーゲン ポロTSIコンフォートライン(226万9000円)

【SPEC】
全長3995×全幅1685×全高1460mm、ホイールベース:2470mm、直4、1.2L DOHCターボ(90ps/16.3kgm)、JC08モード燃費22.2km/L

【鈴木直也の評価】
・走りの楽しさ……4
・コストパフォーマンスのよさ……5
・乗り心地のよさ……4

新型が3月20日に日本導入されているため、写真のモデルは現在は旧世代のものとなる

■ファッション性で選ぶならこの3台

Bセグハッチはファッション性も重要。そう考える人にはミニ、フィアット500、シトロエンC3をお薦め。

ミニのいちばんの魅力はデザインだが、じっくり付き合ってみると、プレミアムカーらしい各部の仕上げのよさなどに、大いに満足度が高まる。こういう「小さいけれど高級」というキャラクターは、残念ながら国産車には得難い味。フィアット500も同様なのだが、多少高価でもクォリティの高いコンパクトカーを作るという商品企画センスが、日本ではなかなか育たない。

ミニは3気筒、フィアット500にいたっては2気筒と、パワートレーンは決して高級ではないが、ネガ部分を“個性”として押し切るのがブランド力。これが容易に真似のできないポイントなのだ。

■BMW MINI ONE(230万〜244万円)

【SPEC】
全長3835×全幅1725×全高1415㎜、ホイールベース:2495mm、直3、1.2L DOHCターボ(102ps/18.4kgm)、JC08モード燃費:19.2km/L

【鈴木直也の評価】
・走りの楽しさ……4
・コストパフォーマンスのよさ……3
・乗り心地のよさ……4

ワイドなバリエーションを誇るミニのなかでも最もベーシックなグレードとなるONE

■フィアット 500S(231万1200円)

【SPEC】
全長3570×全幅1625×全高1515mm、ホイールベース:2300mm、直2、0.9L SOHCターボ(85ps/14.8kgm)、JC08モード燃費24.0km/L

【鈴木直也の評価】
・走りの楽しさ……3
・コストパフォーマンスのよさ…3
・乗り心地のよさ……3

初代フィアット500登場から50年後の2007年に発表された現行型

シトロエンC3は、高級感はまったくないものの、独特のふんわりした乗り心地だけで魅了される。デザインや足回りのセッティングなど、お金をかけなくてもセンスがあればファッショナブルなクルマが作れるという見本。これも、日本車が大いに見習うべきポイントだと思う。

■シトロエン C3シャイン(239万円)

【SPEC】
全長3995×全幅1750×全高1495mm、ホイールベース2530mm、直3、1L DOHCターボ(110ps/21.0kgm)、JC08モード燃費18.7km/L

【鈴木直也の評価】
・走りの楽しさ……4
・コストパフォーマンスのよさ……4
・乗り心地のよさ……5

新世代シトロエンのデザインアイデンティティをまとったボトムラインモデル

■経済性で選ぶ二台

最後に、Bセグといえば、やはり経済性も重要な指標となってくる。燃費を含めたトータルコストでは、アクアとスイフトハイブリッドが光る。純粋に燃費だけで見ればアクアがダントツだが、AMT(オートメーテッド・マニュアルトランスミッション)とモーターを組み合わせたスイフトハイブリッドの走りも個性的で捨てがたい。

無難なチョイスはアクアだが、ちょっと変わったハイブリッドを試したい向きにはスイフトも面白いと思う。

■アクアG(206万2800円)

【SPEC】
全長4050×全幅1695×全高1455mm、ホイールベース:2550㎜、直4、1.5L DOHC+モーター(74ps/11.3kgm)、JC08モード燃費:34.4km/L

【鈴木直也の評価】
・走りの楽しさ……3
・コストパフォーマンスのよさ……5
・乗り心地のよさ……3

昨夏2度目のマイチェンでフェイスリフトを実施したトヨタの最量販ハイブリッド車。内装ではセンターメーター内にTFTマルチインフォメーションディスプレイをLグレード以外に標準装備化。従来型のX-URBANを新たにCrossoverとグレード名を変更した

■スズキ スイフトハイブリッド SL(194万9400円)

【SPEC】
全長3840×全幅1695×全高1500mm、ホイールベース2450mm、直4、1.2L DOHC+モーター(91ps/12.0kgm)、JC08モード燃費32.0km/L

【鈴木直也の評価】
・走りの楽しさ……4
・コストパフォーマンスのよさ……4
・乗り心地のよさ……4

昨年7月、ソリオと同じストロングハイブリッド車を追加。ミッションは5AGS

■その他250万円で買えるBセグメントハッチバックたち

■ホンダ フィットRS ホンダセンシング(205万9200円)

【SPEC】
全長4045×全幅1695×全高1525mm、ホイールベース:2530mm、直4、1.5L DOHC(132ps/15.3kgm)、JC08モード燃費:19.2〜21.0km/L

【鈴木直也の評価】
・走りの楽しさ……4
・コストパフォーマンスのよさ……3
・乗り心地のよさ……4

昨年6月にマイチェンを受け、前後バンパーのデザインを変更

■ルノー ルーテシアZEN(217万円、6EDC車)

【SPEC】
全長4095×全幅1750×全高1445mm、ホイールベース2600mm、直4、1.2L DOHCターボ(118ps/20.9kgm)、JC08モード燃費:17.4km/L

【鈴木直也の評価】
・走りの楽しさ……4
・コストパフォーマンスのよさ……3
・乗り心地のよさ……4

2017年2月にマイナーチェンジ。フロントのデザインを変更している

■アウディ A1 1.0TFSI(249万円)

【SPEC】
全長3985×全幅1745×全高1440mm、ホイールベース:2465mm、直3、1L DOHCターボ(95ps/16.3kgm)、JC08モード燃費:22.9km/L

【鈴木直也の評価】
・走りの楽しさ……4
・コストパフォーマンスのよさ……3
・乗り心地のよさ……4

アウディ最小モデルとなるハッチバック車で5ドアハッチバック車はスポーツバックとなる

最新号

ベストカー最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ