「テスラに追いつき、追い越します!」 AIで将棋の名人を破った天才がクルマの自動運転に挑む!!(後編)TURING代表、山本一成CEOインタビュー


 2025年をメドに自動運転レベル5を目指しているスタートアップのTURINGを率いる山本一成CEO。まだ、昨年12月に立ち上がったばかりの同社がターゲットとしているのは、イーロン・マスク率いるテスラなのだが、リアルワールドにおいてカメラが動作しなくなった場合はどうするのか? 果たしてソフトウェアだけで対処できるのかどうか、本音を聞いてみた。

インタビュアー/国沢光宏写真/平野 学、中島仁菜、日産

【画像ギャラリー】AIで将棋の名人を破った天才がクルマの自動運転に挑む!!(後編)TURING代表、山本一成CEOインタビュー(11枚)画像ギャラリー

■大前提として自動運転が信頼性を高めていく必要がある

日産はタイヤが急に飛んできても避けられる技術を開発している。今年4月にメディアにも公開していた

国沢光宏(以下、国沢)/先日取材した自動車メーカーでは、対向車線からタイヤが飛んできても避けられる技術を見せてもらいました。やはり事故ゼロを目指すことを真剣に考えています。

山本一成(以下、山本)/事故ゼロを目指す話と、原理上ゼロにできないって話は共存できることだと思います。

国沢/私もそう思っています。最終的にはそこをどうするかですね。起きちゃった時に免責をどうするとか、そういうことを自動車メーカーは考えて、誰が悪いのかって話をするワケだけど、山本さん的には諦めるしかないと?

山本/実際には事故率をすごく下げて自分たちで受け止められるくらいにはなる必要があるんじゃないかと思います。人間だって突然心臓発作で死んじゃって、隣のクルマが突っ込んできたらもう避けられないじゃないですか。

国沢/わかります。それをよくメーカーとも話してるんですよ。「人間が心臓発作で死ぬ可能性は例えば3%あるけど、この薬を飲めば2%に下がります。でも2%は必ず死にます」となった場合、その薬を飲むのか、飲まないのかという話になるんですよ。それを飲むっていう人が多ければ社会には認知されるだろうけど、「俺はいやだ」っていう人がいたら成立しない。自動運転ってそういうことだと思うんですけど、そういう点についてはどうでしょうか?

山本/全部が自動運転になるってことはないんじゃないかと思っています。まず、自動運転が信頼を高めていく必要があるワケです。それはもう絶対そのままプロセスを避けては通れません。ちゃんとみんなから「例えば人間より10分の1の事故率だね」みたいな感じにならいいと。

国沢/全部が自動運転になるという以前にクルマは加害性も考えないとなりません。事故現場の最後尾にバイクが停まっていて、そこをドライバーが居眠りしたまま自動運転中のテスラが突っ込んで轢いた悲惨な事故は私も自動車メーカーもあり得ないと考えています。AI業界の人はどのように認識しているのか興味深いです。

■AI業界がついにミッションクリティカルな分野に到達したのはいいが……

テスト中のTURING開発車両、エスティマをチェックする国沢氏。辛口で鳴らす国沢氏は「このくらいのテストは自働車メーカーでは20年以上前にやっていたレベル」と一刀両断

山本/今のAI業界ってそこが悪いところかもしれません。今までいわゆる人命に関わる世界に出たことがなかったんです。将棋のAIを私は一生懸命プログラムしましたが、いわばゲームなワケです。人の生き死にに関わる話じゃなかった。それがついに人の生き死にに関わるような、そういったミッションクリティカルなところにもついに到達できるようになったっていうのが誇るべきところですが、「次にそこでどうするか」って話については議論としてはまとまっていないです。

国沢/そこも興味深いです。

山本/私としては人よりもはるかに安全っていうものを作るしか社会に受け入れられないって思っています。例えば「事故率が3%から2%になりました」くらいだと社会に受け入れられない。

国沢/今の話を聞くと、例えばワクチンなんかも、副作用がありますし、もしかしたらそれで死ぬかもしれない。だけど、それが200万人にひとりだったら、まあしょうがないねというところまでやっていけば、それは認知されるという判断ですね。圧倒的に安全が担保できればいいと?

山本/そうですね。その安心に対する安全だけじゃなくて、それをこの先コモンセンスにしていく、常識にしていくっていうプロセスについてもすごく興味があります。

国沢/そういう意味ではやっぱりハードウェアが大事になってくる気がします。

山本/いえ、私はソフトウェアだと思っています。Liderですとcm級の誤差もわかりますが、それが安全な自動運転につながるワケでもないんです。

国沢/確かにつながらないんですよね。それも自動車業界みんな思ってます。人間もそうだけど、能力のない人にいろんな情報を渡しても何の判断もできないから、それはもう総合的に見なきゃいけないし。

山本/そうですね。

次ページは : ■リアルワールドで想定できないパターンへの対処は?