エンジンは昔より大きく進化しているからオイル交換は車検ごとでも問題なし……ってそんなわけあるか!!

エンジンは昔より大きく進化しているからオイル交換は車検ごとでも問題なし…ってそんなわけあるか!!

 昨今のクルマは本当に手がかからなくなった。ちょっとやそっとでは壊れないし、メンテナンスの手間も以前と比べればかからなくなっている。しかし、エンジンオイルの交換は、いまでも定期的に必要とされている。

 「これだけ技術が進化しているのだから、エンジンオイルの交換なんて、車検のタイミングだけでもいいのでは!??」と考える人もいるようだが、残念ながら少なくとも現状では、定期的なエンジンオイルの交換は必要。なぜオイル交換は必要なのか。交換タイミングの根拠とともにご紹介しよう。

文:吉川賢一
アイキャッチ写真:Adobe Stock_Wirestock Creators
写真:Adobe Stock、写真AC

【画像ギャラリー】最低限これだけはやるべき!! エンジンルーム内のメンテナンス項目をクイックチェック!!(6枚)画像ギャラリー

交換サイクルが長くなっていることは事実

 JAFによると、エンジンオイルの交換タイミングは、通常は15,000kmまたは一年ごと、軽自動車やターボなどの過給機付きエンジンでは5,000kmもしくは半年、ディーゼルエンジン車は10,000km、もしくは1年を推奨、としている。

 90年代までは、新車ディーラーでも「エンジンオイルは5,000kmごとに交換するように」といわれていたことを考えると、近年は大幅に交換サイクルが伸びている。当時は、1年ごとの定期点検時期を待たずして、ディーラーやカーチェーン店で当たり前のようにオイル交換をしていた方が多かったはずだ(筆者も迷わずそうしていた)。だが2000年を超えたころから、エンジンオイルの交換サイクルの指定が、いつの間にか長くなった。

 その理由は、エンジン本体やエンジンオイルの耐久性が向上したことで、オイルの消耗・劣化スピードが抑えられたこと。環境保護の観点で「廃油を減らさなければならない」という考えが、急激に広がったことも大きかったし、エンジンは停止した状態でモーター駆動を行うハイブリッド車の普及も、一要因となっているようだ。技術の進化に加えて、環境に対する考え方、そしてパワートレインの変化によって、エンジンオイルが汚れにくくなり、昔よりもオイルの交換サイクルが伸びた、というのが現状だ。

使用環境や車種などによっては車検時でも問題ないが…

 では、今後はさらにサイクルが伸び、車検毎(初回は3年目、それ以降は2年毎)の交換や、ゆくゆくは無交換で済むようになる、ということはあるのだろうか。

 以前、現役のエンジン開発のエンジニア数名に、エンジンオイルの交換サイクルについて取材をしたことがある。その結果は、「メーカー指定の交換タイミングはあくまで推奨値であり、その基準を越えても、振動や音、燃費などの性能に、直ちに影響がでるわけではない」というのが共通の見解であった。またオイル交換によって、燃費に関してはわずかに良くなるが、それほど大きく変わるものではなく、「走りがよくなる「というのも、実は、技術的には根拠がないという。

 自動車メーカーが推奨する指針「通常仕様の場合のオイル交換は15,000kmもしくは1年ごと」の根拠については、同じ走行距離でもクルマ(軽自動車、コンパクト、ミニバン、セダンなど)の違いや、使用される地域の気温・湿度といった環境条件、使用状況などが異なるため、悪い条件が重なった場合でもカバーできるよう、余裕代を大きめにとった数値だという。

 筆者の実感としても、エンジンオイル交換指定の時期を越えると、交換直後に比べればノイズがややうるさくなったかなと感じる程度で、燃費や振動などが急激に悪化するようなことはほぼない。クルマに変化がないのならば、指定の交換時期はスキップして車検のタイミングでもいいのでは、と考えてしまうのもわからなくはない。

 目視でエンジンオイルの劣化度合いが判断できればいいのだが、新品時にどの程度の色味のエンジンオイルであったのか覚えておかないと、オイル交換すべきか否かの判断はできず、交換目安はクルマの種類や年式、使用環境、使用状況によって適切なオイル交換の時期はかわってくる、ということを考えると、やはり、メーカー推奨値である「15,000kmもしくは1年ごと」を守るしかない。ただ、街のカー用品店などで、クルマの年式や車種を分けずに、エンジンオイルの交換時期は「3,000〜5,000km」というのは、「ちょっとおかしい」と思っていいようだ。

「新車の3,000km点検でのエンジンオイル交換」は、今でも妥当だという。新車の場合、摺動部からの摩擦粉などの不純物が混ざる可能性があるためだ

次ページは : チョイ乗りのほうがオイルは汚れる