レッドブル飲み放題!? いったいなにがもらえるの? レッドブルアスリートの実態と本音

レッドブル飲み放題!? いったいなにがもらえるの? レッドブルアスリートの実態と本音

 2022年シーズンはチーム無限からスーパーGTにエントリーしている笹原右京。さらにスーパーフォーミュラ開幕直前、チーム無限から追加エントリーが決まり、両カテゴリーで奮闘中だ。

 その笹原右京が、2021年夏から「レッドブル・アスリート」に選ばれたという。レッドブル・アスリート? サーキットでレッドブルの宣伝をするの? 水分補給はレッドブルのみ?

 謎に包まれた「レッドブル・アスリート」について、笹原右京本人から話を伺った。

文/段純恵、写真/HONDA、TOYOTA GAZOO Racing

【画像ギャラリー】共に世界を目指せ!! 笹原右京の近年の活躍と四輪モータースポーツ界のレッドブル・アスリートたち(8枚)画像ギャラリー

■多彩なスポーツ競技者たちが一堂に会する

レッドブルの支援を受けて活動するレッドブル・アスリートは、レーシングドライバーはもちろん、ウインタースポーツやeスポーツ競技者まで多岐にわたる。笹原右京は2021年夏よりレッドブル・アスリートとして活動

 去年の夏過ぎくらいにレッドブル・アスリートになりました。

 昨年末に開催された『レッドブル・レース・デー』用の、実車を走らせて24枚の壁をブチ破るCMを朝5時から夜11時くらいまでかけて富士スピードウェイで撮影したり、本イベントに向けたちょっとしたイベントを渋谷でやったり、そういうのがちょこちょこありました。

 今年についてはゴールデンウィーク後に、世界規模で行われた『ウィングス・フォー・ライフ』というチャリティイベントに、フィギュアスケートの紀平梨花選手やスノーボード北京五輪代表の鬼塚雅選手、トレイルランニング競技者の上田瑠偉選手ら他のレッドブル・アスリートと一緒に参加しました。

 レッドブル関係者が脊髄損傷で車椅子生活になったことをきっかけに始まった、スマホのアプリを使った『世界最大の鬼ごっこ』的イベントです。世界一斉のヨーイドン! でアスリートが実際に走りだすと、アプリ内のキャッチャーカーも動き出す。

 このアプリがけっこう優秀で、アスリートが1km通過ごとに「天才だ!」とか少し本気を出すと「ジェット機のような速さだ!」とか言ってくる(笑)。キャッチャーカーに捕まったところで各々終了となるんですが、アプリの思いがけないおしゃべりを聞きながら皆で走れて本当に楽しかったです。

■他競技のアスリートたちとの交流はいい刺激に

 他のスポーツ選手との交流ではすごくいい刺激をもらえます。今回初めてお会いしたフィギュアの紀平さんは、ケガで北京五輪の出場を断念せざるをえなくて、辛い場面というか大変だったと思うんです。

 でも実際に話してみるとすごく前向きで、本当に女の子って感じの方なんですが、め~ちゃくちゃストイック。とことんキッチリやるタイプという感じで、もしかしたらそれもあって疲労でケガになったのかもしれません。

 とにかく、あの小柄な人のどこに4回転ジャンプをしたり4分近い演技を続ける体力があるのか、しかも氷の上で音楽にのって表現するというのが、もうスゴすぎる。

 テレビでしか見たことないですが、あれだけ見る者を引きつける、演技が終わった後も万雷の拍手が続くフィギュアの選手を見ていると、モータースポーツの見せ方や伝え方も考えさせられます。

 ドライバーも個性豊かだし、いろんな走らせ方をするし、レースにかける姿勢も様々なのだから、そういったことに焦点を当てるとか、ここぞという瞬間を撮り逃さないとか、超スロー再生でドライバーの目の動きやタイヤのゴム片が飛ぶ様を映し出すとか。

 そういった、もっと突っ込んだ見せ方や伝え方があってもいいのではないかなと思います。

次ページは : ■レッドブルと共に世界へ!