開幕戦まさかのストール どうした笹原右京!! あのレースの真相に迫る

開幕から2戦連続ストール!! 笹原右京が味わった「ジェットコースターの週末」

 2022年4月9日・10日、スーパーフォーミュラ2022開幕大会が富士スピードウェイで行われた。9日に開幕戦、10日に第2戦が行われる「1大会2レース開催」という開幕ラウンドで、チーム無限から参戦する笹原右京が天国と地獄を見た。

 開幕戦でポールポジションを奪ったものの、決勝スタートでのエンジンストール。そして第2戦では3番グリッドという好位置につけるも、なんと決勝でまたもストール! 波乱の2戦を終えた笹原右京にインタビュー。

文/段純恵、写真/HONDA、TOYOTA GAZOO Racing

【画像ギャラリー】いよいよ開幕!! オープニングは1大会2レース開催となったスーパーフォーミュラ2022開幕戦&第2戦(8枚)画像ギャラリー

■好事魔多し!? ポールポジションからまさかの……

開幕戦の予選でいきなりポールポジションを奪ってみせ、決勝スタートでまさかのストール。開幕から衝撃の滑り出しとなった笹原右京

 いやー、スゴかったですね(笑)。自分で言うのもヘンな話ですが、まるでジェットコースターに乗ってるような週末でした。

 スタート練習は何回かしていましたが、その時は全然問題は発生してなかったんです。なのにSFで初ポールにつけた土曜日の決勝スタートで、片側の手動パドルを離した瞬間いきなり電源が落ちたかのようにストールしました。

 普通にスタートを切れるだけの余裕をもたせたバイトポイント(クラッチをつなげるポイント)に設定されていたのに、いざ本番になったらそれが勝手に変わっていた、みたいな状態でした。

 予選3番手につけた日曜日も8分間のウォームアップの時からクラッチの感触が怪しくて、パドルを1%動かしただけでストールしそうなくらい。本当にどうしちゃったんだろう? という感じでした。

 このマシン、もともとB-MAXさんが所有していた2台目のSF19をチーム無限さんがお借りして15号車になったと聞いてます。僕が全戦出場すると決まった時点(発表は3月初旬)で、新車を準備するのは物理的に100%無理な話でしたので。

 B-MAXさんが完全な2台体制で走っていたのはSF19の初年度で2020、2021年はほぼ1台体制でしたから、このマシンに誰がいつ最後に乗ったのかはわからないです。

 それを3月5日の鈴鹿ファン感謝デーまでにチームが毎日徹夜で準備してくれたのですが、開幕前にロングランテストができていなくて、第1戦の決勝が事実上の初ロングランでした。

 なので、時間的物理的に厳しいなかメカニックさんが徹底してマシンを調べてくれたんですが、それでもストールの原因を発見できたかどうかわからない、本当に複雑な要素だったと思います。

 結果的に二日連続のストールになってメカニックさん全員がすごく気落ちして、首脳陣もふくめて『めちゃくちゃ申し訳ない』と言われました。でも僕としては課題が明白なって良かったし、次の鈴鹿戦までにチームが徹底的に調べて対応してくれると思ってます。

 チーム無限は日本一のメカニックさんたちが集まっているチームなので、そこに関してはぜんぜん心配してないです。あと、予選で速さが圧倒的にあったという要素は非常に良かったです。

 僕の持っているものとチームが持っているものすべてがうまく噛み合って速さを出せたことは、本当にポジティブ。今回起きたことが開幕戦で良かったねと最後に笑えるよう、今後のシーズンをきっちり闘っていこうと話し合いました。

■もちろんレースでも存在感を発揮

2日目の第2戦は3番グリッドスタート。しかしここでもエンジンストール。レース終盤では小林可夢偉との激しいバトルを見せた

 日曜日の決勝で小林可夢偉選手と接触しそうな場面があって、『行き過ぎかも』ということで黒白(警告)旗で注意をいただきました。

 もちろん故意に押そうとしたのではなく、オーバーテイクボタンを使っても追い抜きが厳しいのでサイドスリップを使おうとして寄っていったら、効果の部分は発揮されず、なのに想定以上に吸い寄せられた、という二つの部分が重なったかんじでした。

 レース後、競技長から、どっちもどっちというのもあるけれど、もっとお手本になるような部分があったら良かったかな、と言われました。

 僕自身、熱くなっていた部分はありました。最後尾に下がって、もう捨て身で上がっていくしかないって感じでしたし。可夢偉さんも絶対に譲らない意思がすごく感じられて、ギリギリまでやってくるというか。映像に映ってないところでもいろいろありました。

 とにかく可夢偉さんはスゴいです。さすがF1で表彰台に載った人だなとバトルをして改めて思いました。後ろから追ってくる僕をふくめて自分が置かれている状況やレース全体を俯瞰して見ているというか、脳内ドローンがあるというか。

 追い上げている僕のほうがペースはいいんですけど、追いついたところから可夢偉さんは自分のペースに上手に付き合わせるんです。しかも圧倒的にミスが少なく精度が高い。

 チームメイトの野尻智紀さんもそうですが、すごいドライバーの共通点ってほんとそこですね。僕は盛大なミスみたいなのはないけれど、毎ラップ毎コーナーでどうなのかと細かなことを言うとせいぜい2、30点くらいでまだまだ全然足りない。

 可夢偉さんとのバトルでものすごく多くのことを学んだので、今後はそれを活かして自分をどう伸ばしていけるかに取り組みたいです。突き抜けて速いのも大事だけど、可夢偉さんのようにいろんな引き出しというか、幅があるのが本当に強いドライバーだと思うので。

次ページは : ■実戦から様々な要素を吸収しながら次へ向かう

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ