自分の身は自分で守れ! 東名高速運転死傷事故の裁判から考える「あおり運転への対処法」


 5年前、神奈川県の東名高速道路で起きた、あおり運転の末に家族4人を死傷させた悲惨な事案を覚えている方は多いだろう。この件で危険運転致死傷罪に問われた被告のやり直しの裁判で横浜地方裁判所は6月6日、同罪を適用できると判断して懲役18年を言い渡した。

 被告側は、危険運転致死傷について無罪を主張し、監禁致死傷の罪も成立しないとして即日控訴しており、この裁判はまだ結審には至っていない。私たちドライバーはハンドルを握る身としてどのような心構えを持って運転すべきなのか、国沢光宏氏が指南する!

文/国沢光宏写真/AdobeStock、ベストカー編集部、トビラ画像(kojikoji@AdobeStock)

【画像ギャラリー】5年前に起きた悲惨な東名高速運転4人死傷事故から学ぶべし! あおり運転への対処法とその心構え(6枚)画像ギャラリー

■相手にあおり運転をさせないことが重要

悲惨な一家4人死傷事故は高速道路上で起きたのだったが……(sugiwork@AdobeStock)

 家族4人が死傷した東名高速道路のあおり事故の裁判、地方裁判所で懲役18年の実刑判決となったものの、被告は不服として控訴。依然として裁判が続いている(※詳細は文末に添付)。その後もあおり運転はなくならないし、高速道路で停車させられる事案も発生しており、一件落着にはほど遠い状況。果たしてあおり運転されたらどう対応したらいいだろうか? 深く考えてみたい。

 一般的にTVなど大手メディアがあおり運転を取り上げる際、私からすればキレイごとに終始している。あおり運転する輩を非難し、「警察に助けを求めること」で終わってしまう。無責任だ。実際、凶暴な輩に出くわしたら警察に連絡したって即効性のある対応策など教えてくれない。被害を受けた後に警察が駆けつけても、大怪我や後遺症を残すような傷を負ってしまったらいかんともしがたい。

 まず、一義的には「あおり運転をさせないこと」である。考えて欲しい。外出する時は家にカギをかけるだろう。繁華街に行くなら、ガラの悪い輩を避けると思う。若い女性が誰もいない夜道を肌の露出が多い服装で歩くということも推奨されない。なぜかといえば、世の中には古今東西、一定率の犯罪者が存在するからだ。そういった輩からの被害を受けないような方向で自衛する。

■自分がやられたらイラッとする行為をしない

 なのにクルマのハンドルを握ると、繁華街でケンカ売りまくりと同じ状況になってしまう人が実に多い。どんな状況か? これはもう簡単。「自分でハンドルを握っていてイライラさせられた時の運転」だ。

「走行車線にクルマがいないのに追い越し車線を走り続ける」とか「後続車がズラりと並ぶようなマイペース走行」、「急な車線変更」、「割り込み合流」などなど。自分がされた場合、イラッとする状況すべてだ。

 これをやられると、当然ながら怒りを感じる。皆さんガマンするけれど、前述のとおり犯罪者が一定の割合で存在します。そいつに当たったら当然のごとくあおり行為をすることだろう。実際、あおり運転で捕まった輩を見ると、すべて初犯じゃない。何度もあおり行為を繰り返している。そんなヤツにケンカ売るような運転をしたら、繁華街でヤンキーにガン付けるのと同じ。

■基本は「他車を怒らせない運転」をすること

追い越し車線であおられてしまった場合は即道を譲ることで、難を逃れられるケースも(xiaosan@AdobeStock)

 ちなみに私は年間3万kmくらい走るけれど、あおり運転をされたことがない。なかには先行車がすぐ前にいるのに車間を詰めてくる輩もいるけれど、これは天然のノーテンファイラー。道を譲り、先行させれば前のクルマをあおり出す。そいつを楽しめばよかろう。あおった相手が強ければ信号待ちで降りてきて逆に殴られる(見たことあります。大いに笑えた)。とにかく他車を怒らせないこと。

 東名高速のあおり行為、パーキングエリアでジャマな場所にクルマを駐車していた被告を被害者が怒鳴ったところからすべてが始まっている。もちろん、あおり行為は暴力行為と同じで完全にアウト。私も被告をかばう気持ちなど1万%なく、むしろふたりが亡くなっていることを考えたら懲役18年など甘すぎると思う。一般的な傷害致死と同じ無期刑でいい。ただ、キッカケを作ってしまったことが残念でならない。

 さて。潜在的な犯罪者を怒らせてしまったらどうか? 基本的にはなるべく早い段階で謝ること。追い越し車線であおられたらすぐ道を譲る。少し強引な車線変更や合流だと思ったらハザードを出す。窓を開けて手を上げて挨拶するのもいい。アイコンタクト可能なら頭を下げるとか手をすりあわせるのもいい。止まった状態で相手が近寄って来た時も、手を合わせるワザは案外有効。

次ページは : ■悪質なケースには正当防衛も当然あり?