新型フェアレディZ発売直前 自動車評論家6人に聞いてみた「期待」と「不安」 


 2022年4月25日、各グレードの価格が発表され、いよいよ発売間近となった日産の新型フェアレディZ。

「一般人でも頑張ればなんとか手が届く最後の純内燃機関ハイパワーFRスポーツカーになるのでは?」と言われる新型Z、多くのクルマ好きがその発売を待ち遠しく感じていることだろう。

 そこで今回は、6名の自動車評論家に新型フェアレディZの期待と不安について語ってもらった!!

●新型フェアレディZのポイント
・カタログモデルは標準、バージョンS(6MTのみ)、バージョンT(9M-ATxのみ)バージョンSTの4つ
・3L、V6ツインターボは405ps/48.4kgm
・同一グレードの6MTと9M-ATxの価格は同じ
・コーナリング性能は最大で約13%向上
・日産の後輪駆動車で初のローンチコントロール搭載
・スポーツサウンドの演出は新型Zの大きな魅力


※本稿は2022年5月のものです
文/松田秀士、片岡英明、国沢光宏、斎藤聡、清水草一、渡辺陽一郎、ベストカー編集部、写真/日産自動車、ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年6月10日号

【画像ギャラリー】買うならどのZ? 新型フェアレディZ 全カラーラインナップをギャラリーでチェック!!!(20枚)画像ギャラリー

■新型フェアレディZの新たに分かったこと

ボディカラーはモノトーン3色、2トーン6色(すべてスーパーブラックルーフ)を用意。写真は新色のセイランブルー

 まずは、価格発表時点で日産が正式に発表して判明していることについて整理しておきたい。

 ボディサイズは全長4380×全幅1845×全高1315mm、ホイールベースは2550mmで、旧型に比べて全長が20mm伸びているだけで、そのほかはまったく同じだ。

 搭載されるエンジンは、スカイライン400Rと同じ、3L、V6DOHCツインターボ(VR30DDTT)で405ps/48.4kgmをマーク。

 旧型の3.7L、V6DOHCより実に69‌ps/11.2kgmも飛躍的にポテンシャルアップしている。

 トランスミッションは6MT(大トルクに耐えられるよう強化)と新開発の9ATの9M-ATx(ケーシングはマグネシウムで専用制御のスポーツモード付き)となる。400RにはATしかないので、VR30DDTTと6MTの組み合わせは超絶興味深い。

 日産の後輪駆動車としては初めてローンチコントロールを採用したのもトピックだ。

 またボディ剛性のアップ、ラックアシストタイプEPS、フロントワイドタイヤの採用でコーナリング性能は最大13%向上したと公表。

 前後ダンパーに新設計の大径モノチューブダンパー、アルミ製ダブルウィッシュボーンサスの採用で操安性、直進安定性ともに進化させ、ひとクラス上の走りを実現。

 過去をオマージュしながらも先進性のあるエクステリア、ドライバーとの一体感を重視したシックなインテリアもユーザーの心をくすぐる。

 エモーショナルといえば、今はやりのバーチャルサウンドを進化させたスポーツサウンドも実現している。

 新型Zに対してベストカーは期待感しかない!! 対してクルマのプロはどう感じたか? 一部のスペック&装備、価格しかわかっていない状況ながら、6名の評論家が新型Zに対する期待と不安について語る。

新型フェアレディZグレード&価格一覧

■松田秀士の期待と不安

3L、V6ツインターボのVR30DDTT(405ps/48.4kgm)は真新しくはないが、400Rにはない6MT&9M-ATxとの組み合わせが非常に興味深い

●期待

 特にボクらの世代はS30を彷彿させるあのシルエットに痺れる。これぞスポーツカーというデザインだ。現行モデルでは若干張りの強い足が気になっていたが、ダンパーを大径のモノチューブにするなど改良して減衰を緩めているという。不整地でのコーナリングの安定性に期待するね。

 新型はボディ剛性も進化していることだろうし、ラックアシストタイプのEPSを採用し、キャスター角を増やしたということだから、直進安定性だけでなく転舵時のキャンバー角も増える効果を生むから、コーナリング限界性能も向上すると思う。

●不安

 エンジンもトルクもパワーアップしているなかでMTが6速かぁ! 7速ぐらい欲しかったんだけどね。シフトフィールも重く硬く好きではなかったから、今度のはスコスコとシフトできるか? 不安である。

 逆にATが9速なのは燃費がどうのこうのというモデルじゃないから、そこまでいるかぁ? という感じです。

次ページは : ■片岡英明の期待と不安

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ