【“若者のクルマ離れ”はホントかウソか?】 数字で見る あの業界の「若者度」


■スポーツ編

●30歳未満のプロ野球の関心率…47%

清宮、大谷効果で半数ほどに浸透していますよ!

国技、大相撲と並んで、日本の国民的スポーツといっていい野球。30歳未満のプロ野球関心率=47%、という数字にも表われ、若い世代にも定着。今年は清宮&大谷で盛り上がってますから(大谷は去年まで日本のプロ野球選手)。

ちなみに「50代以上の関心率は28%」。オヤジたちのほうがプロ野球離れ!?(ヤフー調べによる「そのスポーツへの関心率」より・男女合計)

そろそろCS。今年はどうなる?

●30歳未満のJリーグの関心率…41%

プロ野球より低いのは正直意外です

お次はJリーグ、どうなんじゃろか? 30歳未満の関心率は41%と、プロ野球よりも低い。プロスポーツとしてプロ野球より歴史が浅く、そのぶん若者度は高いと思ったのでやや意外な結果だ(ヤフー調べによる「そのスポーツへの関心率」(男女合計)より)。

試合中観客は立ちっぱなしの場面も多いのでJリーグ観戦はオヤジには辛いかも……

●40歳未満の大相撲の関心率…32%

ちなみに「30歳未満」になると18%まで下降

ヤフー調べによる「そのスポーツへの関心率」(男女合計)で紹介。まず40歳未満の大相撲への関心率がこの数字。意外と高いし、関心を持つ35%が女性という驚きの結果に。

この32%という数字を支えるのが女性たちで、日本相撲協会が’14年にリリースした公式アプリ「大相撲」、この所持者の75%が女性だという。世代でみると40代が27%と一番多いが次が20代で22%という高さ。カープ女子の次は「スー女」なのか?

●20代のプロレスの関心率…15.9%

プロレスをテレビや会場で見たことあります?

各世代へ「プロレスをテレビや会場で見たことがありますか?」(2016年調査)と聞いたところ、20代男性は上記の数字。最高値は60代男性で61.6%。が、最近の新日本プロレスは若者にも人気で、東京・後楽園ホール開催ではチケットが取れない試合もあるという。

●大相撲の新弟子比較…33.2%

あの「平成4年」に比べると最近の新弟子数は激減

大相撲の若者といえば「新弟子」。平成以降は平成4年が最も多く年間で223人。直近の29年は74人と激減。比較すると33.2%まで減少。若者は大相撲を避ける傾向か。

平成4年は新弟子の「関取昇進率」が10%を超えるなど、豊作年。空前の若貴ブームが要因。

●競輪・観客の20~30代比率…10.2%

宝クジより一攫千金のチャンスは高いハズ!?

やや古いが生活情報センターによるデータ(2015年)。お客の20~30代比率は10.2%と低め。ちなみに、40~50代=29.7%、60歳以上=60.1%と、“60歳以上の花園”といった感じ。

■その他編

●東京23区、15~29歳の人口減少率…52.3%

若者、大都会に馴染めないってよ

東京都心から若者が減少、という噂を聞き、統計局データを見るとでてきたのが上の数字。これ、なにげに響く数字じゃないですか。

1970年から2015年の45年間、東京23区の総人口は+4.9%だが、15~29歳の人口はマイナス52.3%。特に20~24歳は63.1%の大幅減。人口の若者減に加え、家賃高騰により郊外に住み始めているのが要因。

23区のなかでも新宿区や渋谷区、港区といった“さらに都心”ではさらに若者層が減る傾向とのこと。逆に65歳以上は+322.1%の増加だという。

地方の若者の東京流入は続くが、住む場所は東京郊外が増えている。ここにも所得の問題が

次ページは : ●地方公務員試験・競争倍率…12.1%

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ