【“若者のクルマ離れ”はホントかウソか?】 数字で見る あの業界の「若者度」


●地方公務員試験・競争倍率…12.1%

景気が上向きだと公務員の競争倍率は下がる?

名古屋市の場合、行政一般(試験区分)では、平成29年度/受験者数857人・合格者数71人=12.1倍。平成24年度/受験者数1269人・合格者数113人=11.2倍。5年間倍率はあまり変わらないが、受験者数が大幅減。若者度低化の傾向だ。

●歌舞伎・観客の20~30代の比率…13.2%

若者の伝統芸能離れは確実に進んでいるようです

この数字は、東京銀座・歌舞伎座の前売り券のデータ。全体に占める割合で見ると、20~30代は13.2%と(やはり)低い。スーパー歌舞伎など、さまざまな工夫で若者など新しい客層を獲得しようと動いているようだけど、若者層獲得への道は平坦ではなさそうだ。

ちなみに歌舞伎座の前売り券販売、女性の比率が72%と高い。

こちらは歌舞伎座。格調が高く、チケットも高いので浸透させるのは難しい

●大学生の将棋ルール理解率…46.2%

羽生さん、藤井さんの影響が強いか!?

「マイナビ学生の窓口」による大学生(男女)向けの調査結果。「将棋のルールを知っていますか?」との問いに「はい」と答えたのが46.2%。ルールを知っている=将棋に関心がある、という認識でこの数字を若者度にしたい。羽生竜王や藤井六段が与えた影響はかなり大きいだろう。

担当的に「3月のライオン」効果も大いにあると思いたい。みんな読んでくれ

●大学生の囲碁ルール理解率…33.7%

3人に1人は関心あり

こちらも「マイナビ学生の窓口」よりの数字。大学生(男女)へ「囲碁のルールを知っていますか?」と聞いたところ「はい」と答えたのが33.7%。50代の担当は五目並べしかルールは知らないが、今の学生は3人に1人が知っていると高い割合。7冠独占し、国民栄誉賞となった井山裕太九段の影響もあるだろう。

●大学生の麻雀ルール理解率…26.2%

「四暗刻も大三元も知っているし、ツモる!?」

続けて「マイナビ学生の窓口」よりのデータ。数字だけ見ると低い感じだが、4人に1人は知っているということ。さらに男性のみなら52%。テストも国士無双のごとくもちろん高得点ですよね?

*   *   *

【中高年が馴染まなかった分野に侵入するという現象もあり!】

最後に中高年が意外なところに流入中! という動きをご紹介。

まずは「ダンスブーム」。隊列を組んで踊る激しいジャズダンスが60代以上の女性に人気。筋力の衰えをカバーするとともに神経が鍛えられる効果もあるという。

「ポケモンGO」大ブームもすっかり沈静化したが、50~60代中高年層の間では今もしっかり定着。「休日、家にいてもやることがないし、歩くので健康のためになる」がハマる理由だそうだ。なるほど理にかなっているかもしれない。

また、全国各地の「フリーペーパー」ではシニア向け版が次々と創刊中。読者も増加中で相乗効果あり。フリーペーパー=若者というイメージはもはや昔の話なのかもね……。

レッツ・ダンスなのだ

*   *   *

 ……以上、いろんな業界、いろんな趣味の世界のなかの若者の比率(若者度)を探ってみたが、立ち飲み屋利用数や囲碁ルールの理解度など、意外と高い若者度であることが判明。

他業界に負けじと、クルマ業界の若者度も上げていきたいものであります!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ