ライズ・ヤリスクロス・カローラクロスならどれ選ぶ?? トヨタ・ホンダ・スバル禁断の「同門」三つ巴対決3選

ライズ・ヤリスクロス・カローラクロスならどれ選ぶ?? トヨタ・ホンダ・スバル禁断の「同門」三つ巴対決3戦

 古代中国で使われていた3本足の器を「鼎(かなえ)」という。三者で会談することを「鼎談(ていだん)」といったりなど、「三者が向かい合う形」にも鼎の文字は使われるが、同じ中国の「三国志」はまさにその形、三者の三つ巴の戦いだ。

 クルマ選びにも「三つ巴の戦い」はある。新車を買う際、2台のライバルを前に「どっちがいいか?」と悩むことはよくあるが、そこにもう1台が加わるとより楽しく、より悩ましいクルマ選びになることは必定。

 今回は同一メーカー同士、そして同一テーマでの3つ巴戦を開催、同じメーカーで買うクルマを悩むのもよく目にする光景だが、これで問題解決に一役買える!!?

●鼎戦ラインナップ
・トヨタ・手頃サイズSUV対決……ヤリスクロス vs カローラクロス vs ライズ
・ホンダ・カテゴリー越え対決……フィット vs N-BOX vs フリード
・スバル・1.8Lターボ対決……レヴォーグ vs フォレスター vs アウトバック


※本稿は2022年5月のものです
文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年6月26日号

【画像ギャラリー】掟破りの同門対決3連戦!!! 気になるモデルたちをクイックチェック!!(9枚)画像ギャラリー

【鼎戦1:トヨタ・手頃サイズSUV対決】ヤリスクロス vs カローラクロス vs ライズ

トヨタ カローラクロス(199万9000〜319万9000円)。車格を考えるとコスパの高さが光る!!

 カローラクロス ハイブリッドZ(299万円)は高価格だが、全長が4500mm以下のSUVでは、荷室長が最も長い。後席の頭上や足元も広く、乗り心地は相応に満足できる。

 その点でヤリスクロス ハイブリッドZ(258万4000円)は、カローラクロスに比べて後席が狭く、4名で乗車すると窮屈だ。リアゲートを寝かせたから、背の高い荷物も積みにくい。乗り心地にも粗さが伴う。

 価格はカローラクロスが40万6000円高いが、後席を使うファミリーユーザーなどには、価格差以上の価値を提供する。

 ライズ ハイブリッドZ(232万8000円)は、後席と荷室の広さがヤリスクロスと同等で狭めだが、ボディも小さい。日本車で数少ないSUVの5ナンバー車になる。しかも価格はヤリスクロスZに比べて25万円以上安い。2名以内で乗車するなら買い得だ。

 したがって1位はカローラクロス、2位はライズで、3位は機能と価格が少し中途半端なヤリスクロスになる。

【結果:カローラクロスの勝ち

【鼎戦2:ホンダ・カテゴリー越え対決】フィット vs N-BOX vs フリード

ホンダ N-BOX(144万8700〜225万2800円)。バカ売れも頷ける買い得感の高さは圧巻

 2022年4月には、国内で新車として売られたホンダ車の41%をN-BOXが占めた。

 軽自動車ながら車内は抜群に広く、後席を格納すると自転車も積めて、スライドドアも装着したから乗降性もいい。

 買い得なL(157万9600円)には、衝突被害軽減ブレーキと運転支援機能をセットにしたホンダセンシング、LEDヘッドランプ、左側スライドドアの電動機能などが備わる。買い得度は同門対決の1位だ。

 2位はフィット

 全長が4m以下で、立体駐車場が使いやすい全高のコンパクトカーでは、車内が一番広く余裕がある。1.3ホーム(176万7700円)は、ホンダセンシング、サイド&カーテンエアバッグなどを標準装着して買い得だ。

 3位はフリード

 全高が1700mmを超える本格的なミニバンで、使い勝手に優れ、3列目を格納すると自転車も積める。

 1.5Gホンダセンシング(216万400円)は、フィット1.3ホームに比べて約40万円高いが、装備を充実させた。3車種とも実力は僅差だ。

【結果:N-BOXの勝ち

次ページは : 【鼎戦3:スバル・1.8Lターボ対決】レヴォーグ vs フォレスター vs アウトバック

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ