高速にあるバス停って降りたあとはどうすんの!?


 高速道路を走っていると頻繁に見かけるのがバス停である。使ったことのある人も多々いるだろうが、都心などに住んでいる人からすれば、どこから乗れるのか? なんてこともわからなかったりする。

 また、高速路線バスを降りた際、どうやって目的地にたどり着くことができるのだろうか? 今回は高速路線バスの知られざる正体を暴く!!

文/写真:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】高速にあるバス停って降りたあとはどうすんの!?(6枚)画像ギャラリー

本線上バスストップの歴史

 高速道路(自動車専用道路を含む)本線上のバスストップは意外と多い。かつては都市間高速バスと言えども、数多く設置された本線上バスストップに停車しながら走った。国鉄バス(現在のJRバス各社)の名神高速線や東名高速線、中国高速線がその代表例だろう。

 そのため、各停便は「急行」種別を、通過便は「特急」を、そして後には最速達便は「超特急」と称して走っていた。現在の東名ライナーや新東名スーパーライナーがその流れをくむ。

 国鉄バスは鉄道の代替や補完または短絡や先行という「任務」があったため、高速道路本線上バスストップは駅扱いで鉄道に準ずる扱いがなされていた。周遊券(現在は廃止された周遊きっぷの前身)で往復の経路に含まれていた理由のひとつでもある。

 高速道路網が発達してくると純粋に都市間を結び、両都市周辺のみでの乗降に限定する高速バスが徐々に多くなる。もともと高速道路は郊外に建設されることが多く、人口が少ない上に高速道路ができれば周辺住民は自家用車で高速道路を利用するようになる。そうなると高速バスが停車しても「だれも乗り降りしない」バス停が多くなる。

大都市郊外以外は減少傾向

 高速道路本線上バスストップは文字通り本線上にバス停専用の施設を設置したものや、インターチェンジに併設したもの、パ-キングエリアやサービスエリアに併設したもの等がある。

 設置タイプにもよるが、乗降が少ないのと寄ると時間をロスする等の理由により、4-5割のバスストップが利用されていない。つまり停車するバスが1本もないということだ。

IC併設の例(高速甘木)

 首都圏周辺の東名高速や中央道のバスストップは周辺人口が多いことから比較的乗降は多いようだが、かつて多くのバスストップを設置していた東名・名神・中国の各道路では閉鎖されたバス停が多い。使用されなくなったバス停施設は道路管理施設に転用されたり、閉鎖されたまま野ざらしだったりとさまざまだ。

降りた後(乗るまで)どうする?

 本線上バスストップで降車した後は(乗車するまで)はどうするのかというと、沿線バス事業者が付近まで路線バスを走らせている場合はそれを利用するのだが、そんな便利なバスストップは多くないので自家用車で迎えに来てもらうことになるだろう。

 次の選択肢はパーク&ライドが整備されている場合の自家用車利用だ。これはバスストップ付近に有料や無料の駐車場が完備されており、そこまでは自家用車で行きバスに乗るまたは逆のパターンだ。

 いずれにせよローカルなバス路線や鉄道駅が付近になければ、自家用車がなければ利用は難しい。まさに沿線住民専用といった感がある。

高速バス乗り継ぎ利用も!

 本線上バスストップが積極的に乗り継ぎ利用される例もある。その代表例が九州自動車道の基山バスストップだ。営業案内上は「高速基山」バス停だ。すぐ南側に鳥栖ジャンクションがあり、福岡と大分・長崎・熊本・鹿児島方面を結ぶ路線のほとんどがここに停車する。

 いずれの路線も多くが福岡発着なので福岡以外の都市間利用で直行バスがない、または便が少ない場合は比較的便数の多い福岡発着のバスを高速基山で乗り継ぐことにより、福岡市内まで行かなくても便利に高速バスネットワークを利用できるようにしている。あらかじめ乗車券を購入すれば乗継割引が適用される路線もある。

 よって基山パーキングエリアに併設された高速基山バス停は多くの路線が停車するため、上り線・下り線ともに前後に2つのバス停がありホームが長く、行先により使い分けている。

 また上下線をまたいで乗り継ぐことも可能なので徒歩連絡道もある。さらに西日本鉄道(西鉄)が設置したパーク&ライドは高速バスを利用してサービス券を受けとれば無料で利用可能という至れり尽くせりの本線バスストップもある。

次ページは : 乗客が多くなりすぎて移設された例も

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ