気づけば厳罰化も? 知っておくべしここ数年で改定されたクルマに関する法律たち

気づけば厳罰化も?? 知っておくべしここ数年で改定されたクルマに関する法律たち

 時の流れとともに世の中の状況は変化し、それとともに必要な法律も日々変化していきます。油断していると、知らない間に法律が改正されていて、「あれ、いまはこんな決まりになっているの!??」なんてことにも。

 ドライバーならば知るべき、ここ2~3年で改正されたクルマに関する主な法律をご紹介しましょう。

文:立花義人、エムスリープロダクション
アイキャッチ写真:Adobe Stock_akiyoko
写真:Adobe Stock、写真AC

【画像ギャラリー】ドライバーならば知っておいてほしい ここ2~3年で改正されたクルマに関する主な法律(6枚)画像ギャラリー

高齢ドライバーの運転技能検査の義務化

 2022年(令和4年)5月13日に施行された道路交通法において、75歳以上の高齢運転者の運転免許証更新制度が変わりました。

 高齢運転者のうち、過去3年間に、信号無視や速度超過、横断歩行者妨害などの一定の違反歴がない場合は、「認知機能検査」を受け、そこで「認知症のおそれなし」と診断された場合は、これまでどおり高齢者講習(実車指導、運転適性検査、講義)を受け、運転免許証を更新することができます。「認知症のおそれあり」と診断された場合は、公安委員会が指定する医師の診断、もしくは主治医等の診断を受ける必要があり、そこで認知症と診断された場合は運転免許の取り消しなどの措置となります。

 一方、過去3年間に一定の違反歴がある場合は、実際にコース内で、一時停止や交差点の右左折などの実技を行う「運転技能検査」を受ける必要があります。これに合格できれば、前述の「認知機能検査」に進むことができますが(あとは前述と同じ流れ)、更新期間終了までに合格できない場合は、運転免許証を更新することはできません。

 高齢ドライバーによる事故が相次ぐなか、免許更新に際して、認知症の診断に加えて運転の実技が盛り込まれたことは、必要な対策といえるでしょう。

条件付免許の導入

 また、前述の改正道路交通法では、「安全運転サポートカー(サポカー)限定免許」というものも新設されました。運転免許証の更新時に、本人が申請することにより切り替えることが可能で、サポカー限定免許では、衝突被害軽減ブレーキ(対車両、対歩行者)やペダル踏み間違い時加速抑制装置が搭載されたクルマのみ、運転することができます。

 衝突被害軽減ブレーキが道路運送車両の保安基準に適合するもの、もしくは衝突被害軽減ブレーキとペダル踏み間違い時加速抑制装置が、それぞれ国土交通大臣による性能認定を受けているものでなければなりません。また、当然ながら、この免許証でサポカー以外のクルマを運転した場合は免許条件違反となります。

 これによって、高齢ドライバーに「サポカーに限って運転することができる」という選択肢が用意されました。もちろん、これらはあくまでサポート装備であり、運転の責任はドライバー本人にあることは変わりないですが、サポートがあることで、ドライバー本人も、そのご家族も安心することができます。場合によってはクルマ買い替えなどのコストがかかるものではありますが、選択肢が用意されたことは、よい対策だといえます。

反則金納付方法の追加

 2021年6月から、これまで金融機関の窓口などで払う必要のあった反則金が、ATMやインターネットバンキングからの振り込みによっても支払うことができるようになりました(取り扱い開始については各都道府県警察による)。

 時代にあった支払方法が追加されたことはいいことではありますが、反則金を支払う状況には、ならないようにしなければなりません。

次ページは : あおり運転の定義を明確にし、厳しい罰則を創設

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ