一時報道が過熱した“危険なバス停”は本当にキケンなのか


なるべくしてなったわけではない「危険なバス停」

 今回、「危険なバス停」とされた1万カ所以上のバス停には、40年も50年も前からあるバス停が少なくない。いわば安全でない場所にバス停がつくられたのではなく、もともとあったバス停の周囲が後から変化したケースが多いのである。

 典型的なケースで言うと、50年前に田んぼの中の一本道にバス路線があって、奥の集落からのあぜ道が出てくるところにバス停が置かれた。その後周囲が宅地化された結果、あぜ道は車の通れる道路に拡幅されてそこが交差点となり、横断歩道が描かれた。結果的にバス停にバスが停車すると横断歩道にかかるような位置になってしまった。

 また、バス停ができたころは未舗装道路で当然横断歩道などはなく、その後舗装されて横断歩道が後から設置されたケース、バス停設置当初は少なかった交通量が増えたため拡幅され、横断歩道が追加されたケースなども数多ある。

 ではこのようなロケーションのバス停で事故が起きているかというと、このたびの国交省の調査でも警察から事故が実際に起きたケースの報告はわずかという。交通量が多い、見通しが悪いといった場所は、地元民は知っているからみんな気をつけて運転し、横断するからだ。「事情を知らない地元以外のクルマが心配」とよく言われるが、注意して運転することに地元も他所もない。

今どきバス停の移設は容易ではない

住宅地の狭隘道路を走るコミュニティバスでは、バス停の設置自体に相当な調整が必要になる

 「危険なバス停」は移設が促されている。しかし移設と言っても簡単ではない。現在バス停を新設するには、道路交通法を遵守することはもちろん、警察に照会して安全な場所であることや交通等の支障にならないこと(駐車場の出入口や消火栓の近くを避けるなど)が確認されたうえで、その場所の住民・地権者の了解を得なければならない。

 しかし商業化や宅地化が進むといたるところに車や人の出入口があり、その邪魔にならない場所を見つけるのは容易ではない。

 加えて現在、目の前の住宅にとってバス停は、(待つ人の話し声やバスの発着で)うるさい、汚される、覗かれる“迷惑施設”なのである。むしろ合意が簡単に得られる状況ではない。移設できたと思ったら、あとから苦情が出て元の位置に戻さざるを得なくなった事例も聞いている。

 また、バス停で待つ人の安全も考慮しなければならない。広いスペースが取れて安全に待てるという理由で過去に交差点の脇に置かれたバス停もあり、逆に移設しようとすると道路脇が狭くて安全に待てなくなるケースもある。

 筆者の居住する市内に、バス停で安全に待ってもらえるようにと、地権者が厚意で民地をセットバックしてスペースをつくり、舗装してベンチまで置いてくれた事例がある。バスベイの敷地に民地を提供してくれたケースなども報道されているが、そのようなありがたいケースはごくまれだと言ってよい。

 移設が難しいとなると、そのバス停は現在地で注意喚起するか、どうしても現在地が安全上不適切というなら廃止するしかない。しかし前述のように古くからのバス停が多いため、得てして該当するバス停は利用者が多く、簡単に廃止の決断ができないことも多いのだ。

車優先から歩行者優先の考え方への移行で安全を

 バス停には歴史がある。設置までには地元住民たちのさまざまな要望や議論があり、地域や利用者に良かれと考えられて設置されたところがほとんどだ。

 筆者の関わるある地域で、地元要望もあり、事業者も現有資源の中で対応可能ということで新たな道路に路線を新設しようとしたところ、片側1車線で交通量が多いので、バスベイがない限り渋滞を誘発するという理由でバス停の設置が警察から認められず、頓挫しているケースがある。

 「危険なバス停」の議論も、交通量が多い、みんながスピードを出す場所だからといった、車優先の考え方が根底にあるように思える。本来大切なことは「バス停があるからこそ注意して運転する」歩行者優先の安全意識を徹底することではないのだろうか。

 2019年だったか、あるテレビのワイドショー番組で「危険なバス停」を採り上げたいのでコメンテーターで出演してもらえないかという打診があった。

 打ち合わせのやり取りで、これまで述べてきたようなことをつらつら申し上げたところ、だんだん相手が無口になり、結果として「じゃ、いいですぅ」ということになった。

 おそらくこのようなバス停は危険なので早急に対策をすべきといったコメントを得たかったのだろう。すべてがそうだとは言わないが、最初から意図的な結論ありきの報道のあり方にも問題があったのではないかと思う。

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ