高速バス乗客はほぼ地方在住者!! 地方発早朝路線の拡充など、今こそダイヤの見直しを

利用シーンを具体的に想像して

 そのダイヤの上に、実際の利用者像やシーンをかぶせるような感じで、必要なサービスを決めていく。都市への出張、就職活動、コンサート、有名店でのショッピングといった利用シーンを想定すれば、パーク&ライド、復路便の直前での便変更など求められる要件は自ずと導かれる。

 現状との差分を洗い出すことができれば、あとはなるだけ軽く(低コストで)それらを実現する方法を考えることになる。

 ここまで実現して初めて、次は攻めの施策となる。地方部の人口が毎年1%ペースで(つまり10年で約1割)減少する以上、現在のメイン市場は縮小することは明らかだから、より収益性を高めるダイナミック・プライシングが重要だし、長期的には、都市側さらには域外や海外からの観光需要取り込みが必須となる。

 コロナ禍の運休、減便という厳しい現状は、しかし、自社の路線のあり方を見つめなおす大きな機会でもある。

【画像ギャラリー】海外で活躍する日本のマイクロバスと不思議なバス(5枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!