高速バス乗客はほぼ地方在住者!! 地方発早朝路線の拡充など、今こそダイヤの見直しを

高速バス乗客はほぼ地方在住者!! 地方発早朝路線の拡充など、今こそダイヤの見直しを

 高速バスを利用するのは、地方在住者が多いというデータがある。都市部から観光地へ向かう人も少なからずいるが、地方から別の都市へ移動するのに使う人が相当数存在するのだ。 

 回復しつつあるが、未だコロナ禍の影響から乗客の減少は目立っている。だからこそ、今利用者のニーズに応えるダイヤやサービスといった面が大切なのだ。果たして今必要な改善ポイントとはなんだろうか!?

(記事の内容は、2021年9月現在のものです)
執筆・写真/成定竜一
※2021年9月発売《バスマガジンvol.109》『成定竜一の高速バス業界一刀両断』より

【画像ギャラリー】海外で活躍する日本のマイクロバスと不思議なバス(5枚)


輸送人員は7割減ペース

京浜急行バスの横浜駅~お台場線。8月現在、羽田空港で乗降扱いして横浜駅~羽田空港線の運休を穴埋めしている
京浜急行バスの横浜駅~お台場線。8月現在、羽田空港で乗降扱いして横浜駅~羽田空港線の運休を穴埋めしている

 コロナ禍の影響を受け、本校執筆(8月末)時点で、全国の高速バスは運行便数で平年比約6割減、輸送人員7割減という状況だ。一方でワクチン接種も進んでおり、収束後に向け準備に入る事業者も出始めた。

 大まかにいえば、短・中距離の昼行路線は需要に合わせ徐々に復便を目指す。一方、夜行路線の場合、もともと収益性が低く損益分岐点すれすれという例が多いので、運行再開に二の足を踏む例が多い。

 JR系事業者は近隣の路線を統合し効率化を進める方向だ。単独運行の首都圏路線を多数持つ弘南バスなどは、自社内で路線再編を図っている。今後は、事業者間の垣根を超えた夜行路線の再編も見られるだろう。

 意外にも新路線も目立つ。郊外から都心への通勤高速バスや、アウトレットなど近郊の観光地への短距離路線が中心だ。これらは、余剰リソースの活用や、観光庁の補助金の利用が真の目的だが、「コロナ新路線」から、わずかでも定着する路線が生まれることを期待している。

路線再生のポイントは?

アウトレットモールへの路線は比較的好調。写真は日吉・たまプラーザ~御殿場プレミアム・アウトレット線
アウトレットモールへの路線は比較的好調。写真は日吉・たまプラーザ~御殿場プレミアム・アウトレット線

 当社では様々なタイプの事業者、高速バス路線のアドバイザリー業務をお引き受けしている。ふだんは運賃施策やプロモーション手法といった戦術的な(つまり、足元での収益増を目的とした)ご相談が多いが、今春あたりからは戦略的な(長期的な路線の存続と成長に向けた)内容が目立ってきた。

 そんな時は、原点に戻るよう提案する。現在(というかコロナ前)の、その路線の乗客はどんな人たちなのか、把握するのだ。まずは数字(データ)でざっくりと、次に具体的な利用者や利用シーンの「像」を描く。

 国交省のデータを元に、高速バスの乗客を都市部側と現地(地方部)側というように居住地で分類すると、多くの路線で「1対3」くらいとなる。高速バスは、現地側の人の利用に支えられているのだ。

 「データ分析」としては初歩の初歩だ。だが、この数字が戦略を考える起点になる。ある事業者の役員にこの数字を示すと「目に焼き付けておきます」と返事があったのが印象的だ。

 現在のお得意様は現地側の人なのだ。だからこそ、予約方法や停留所の位置、そして運行ダイヤが、お得意様のニーズに合っているか、総点検することが第一歩になる。

 たとえば運行ダイヤは、多くの路線が開業した1980年代には、起終点双方から等間隔で発車するダイヤが組まれる例が多かった。しかし、前述の通り現地側の人の利用が圧倒的に多い。現地側を早朝に発車し、なるだけ早い時刻に都市に着くダイヤと、都市を夕方以降に発車し深夜に現地に戻るニーズが大きいはずだ。

 今日のダイヤを見ると、30年かけてそのニーズに忠実に対応し、改正を重ねて完成度の高いダイヤになっている路線もあるが、ほぼ原形という路線も少なくない。かつては覚えやすいパターンダイヤに意味があったが、ウェブ予約中心になった今日、優先すべきはニーズへの細かい対応だろう。

次ページは : 利用シーンを具体的に想像して

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!