新型クラウンのデザインを評価! セダンの潮流は今後ファストバックになる!?


 日本を象徴するクルマといえばクラウン。現行型の15代目クラウンは歴代で初めてニュルブルクリンクでその走りを鍛えてデビューしたのだが、その思い入れはみごとにはずれ、今回のフルモデルチェンジでは思い切ったコンセプトチェンジが実施されることになる。

 そのなかで注目されるのはクラウンがFF化され、SUV風味のファストバックスタイルを採用すること。そこで、クルマのスタイリングには並々ならぬ思い入れを持つ清水草一氏が持論をぶっちゃけた!!

文/清水草一、写真/トヨタ、ステランティス

【画像ギャラリー】いよいよ7月15日に公開! 新型クラウンのようにセダンはファストバックスタイルを採用する!?(12枚)画像ギャラリー

■プジョー408もファストバックスタイルを採用

6月22日に世界初公開された新型プジョー408もSUV風味のファストバックスタイルを採用して登場したのだった!

 明日7月15日、いよいよ新型クラウンが登場する。それは、SUV風の意匠を持つファストバックスタイルになるが、その日を目前に控えた6月22日、プジョーがワールドプレミアした新型408もまた、SUV風味のファストバックスタイルを採用していた!

 プジョー408のターゲットは、従来のセダンではもはや飽き足らないが、SUVには軽い拒絶反応を持つ層だろう。

 プジョー408の開発陣によれば、デザインの狙いは「ドライビング・ポジションは高く、それでもSUVより低く、アスリートであるという印象をもたせること」だという。

 やはり、猛獣は低い姿勢で襲いかからねばならない。そのほうが周囲への威圧感もある。実際、高速道路を走っていると、車高が低いクルマのほうが、車線を譲ってもらえる傾向がある。オラオラ顔のミニバンやSUVよりも、下から遅いかかる猛獣のほうが、人間の防衛本能にダイレクトに訴えかけるのだ。

■全高低めのSUVを狙っているのだが……

新型プジョー408も全高は低めのSUVモデルに該当する

 もはやセダンはスポーツカーに次ぐ少数派であり、その全高の低さはスポーツカーと同類視される。全高の高いクルマ全盛の今、逆にその全高の低さが、一種のエリート感を生んでいる面もある。

 しかし、セダン市場はドイツ御三家以外は総崩れ状態だ。セダンが売れるのはドイツ車だけというのは、世界共通の現象。ドイツ車以外のメーカーは、何か打開策を打たねば、セダン系モデルは死を待つのみ。その答えのひとつが、SUV風味のファストバックスタイルなのだ。

 私が次に狙っているのは、実は全高低めのSUVだったりする。理由は、「セダンよりも視点が高いぶん見晴らしがよく、ヒップポイントが微妙に高いので乗降性も非常にラクで、それでいてセダンに近い操縦性や威圧感が期待できるから」。プジョー408も新型クラウンも、典型的な中高年である自分の志向と合致している。

 ファストバックスタイルも、個人的には非常に好みだ。私が現在セダンに乗っているのは、セダンが好きだからではなく、セダンの中古車が安かったからに過ぎない(スイマセン)。

 本音では、よりスポーティなファストバックスタイルが好みだし、ハッチバックのほうが、セダンのトランクよりも、大きな荷物を積むには便利だと考えている。

 中高年が頻繁に積む大きな荷物の代表がゴルフバッグだが、長尺ドライバーが当たり前の今、ゴルフバッグは、セダンのトランクに横に積むより、後席を前に倒したハッチバック車に縦に積んだほうがラクなのだ。

「クルマはセダン以外認めない!」という層は、70代の後半より上。さすがに免許返納が近い。それより若い層は、中高年でもセダンへのこだわりは薄い。後席専用のVIPなら別だが、まだ自分で運転するかぎり、セダンよりも、ファストバックスタイルのハッチバックのほうがステキに感じるのではないだろうか?

次ページは : ■アクティブでスポーティ、なおかつ構えの低さがナイス!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ