おお…意外といけるぞ!! Zや86やBRZが快走!! 代替燃料でガチの24時間レース完走完了!!

おお…意外といけるぞ!! Zや86やBRZが快走!! 代替燃料でガチの24時間レース完走完了!!

 先月開催された「富士スーパーテック24時間レース」に、日産のフェアレディZ、トヨタのGR86およびスバルのBRZをベースにしたマシンが、CNF(カーボンニュートラル燃料)を使用して参戦、揃って完走を果たしました。今年からWRC世界ラリー選手権やWEC世界耐久選手権でも、このCNFが使用されています。

 エンジン車存続の期待の星であるCNF。その詳細についてご紹介するとともに、メリットと課題についても触れていきます。

文:Mr.ソラン、エムスリープロダクション
写真:NISSAN、TOYOTA、SUBARU

【画像ギャラリー】エンジン車存続の期待の星!! CNFで「富士スーパーテック24時間レース」に参戦した、フェアレディZ、GR86、BRZの雄姿(19枚)画像ギャラリー

CO2の排出と吸収で、差し引きゼロとするCNF

 2020年、当時総理大臣だった菅義偉氏が、2050年「カーボンニュートラル宣言」を行って以来、メディアなどで「カーボンニュートラル」という言葉が取り上げられる機会が増えました。政府が国内で販売する新車を遅くとも2030年代半ばまでに電動化すると発表したことで、自動車業界でも、大きな反響がありました。

 カーボンニュートラルとは、単にCO2に代表される温室効果ガスの排出量をゼロにすることではありません。実際には、CO2排出量をゼロにすることは現実的ではないので、「排出を全体で見てゼロにする」ということを意味します。言い換えると、CO2排出量からCO2吸収量と除去量を差し引いた合計をゼロにする、「発生CO2=CO2回収量(吸収量と除去量)」とするのが、カーボンをニュートラル(炭素を中立)にするという考え方です。

 例えば、CNFのひとつにバイオ燃料があります。バイオ燃料は、再生可能な有機性資源(バイオマス)を原料に、発酵や熱分解などによって生成された燃料のことで、もちろん燃焼すればCO2は発生します。しかし、それらの原料となる植物が、その成長過程で光合成によって大気中のCO2を吸収するため、CO2排出量は差し引きゼロとみなす、というというわけです。そのため、バイオ燃料で発生したCO2排出量はカウントされません。

 CNFとはCO2を回収して再利用する燃料であり、CNFにはバイオ燃料の他に水素、アンモニア、合成燃料(e-fuel)などがあります。富士スーパーテッック24時間レースでフェアレディZ やGR86およびBRZが使用したCNFは、合成燃料のe-Fuelです。

富士スーパーテック24時間レースに参戦したCNF仕様のGR86ベース「ORC ROOKIE GR86 CNF Concept」。同時に、水素エンジン搭載の「ORC ROOKIE GR Corolla H2 Concept」も参戦しました

e-Fuelは、CO2とH2から生成される合成燃料

 e-Fuelの具体的な生成法は、火力発電所や工場から排出された高濃度のCO2を回収(将来的には大気中のCO2を濃縮)し、そのCO2を熱分解してCO(一酸化炭素)に変換します。一方で水を電気分解して、H2を生成。COとH2ができれば、古くからあるフィッシャー・トロプシュ法によって、液体の炭化水素(燃料)CnHmが合成できます。

 ポイントは、この生成過程では再生可能エネルギーによる電力を用いること。ここで、原油由来の燃料を用いたら意味がありません。また、CO2も水素も自然界には無尽蔵にあるので、回収する手段さえ確立できれば、永遠に生成できるという大きなメリットがあります。

 原油由来のガソリンや軽油も炭化水素なので、同じ組成の炭化水素の合成燃料CnHmができれば、現行のガソリンと軽油と同じ特性の合成燃料ができるというわけです。このような経緯から、合成燃料e-Fuelは「人工的な原油」として期待されています。

次ページは : 電動化だけではカーボンニュートラルは実現できない

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ