売れてなくてもいいところはたくさんある!! 売れないクルマの『誉め』ポイント 18選


 世に出てくるタイミングが悪かったのか、同じカテゴリーの人気者のおかげで割りを食ったか。人気がないせいで本来もっと評価されていい点がなかなか見えてこない車はたくさんある。だが、「人気のない車=悪い車」では必ずしもない。

 むしろ「オレ(私)だけが知っているコイツのこんなにいいところ」が車に愛着を持たせ、長く生活を共にするきっかけになったりもする。自分にとっての“いい車”とは人と競うものでもない。

 そこで、月販平均1500台以下の車から編集部が「これは」思う車20台をピックアップ、こんなにいいところを持ってるんだぜ! という「『誉め』ポイント」を、片岡英明氏と渡辺陽一郎氏に挙げてもらった。そのポイントが気に入れば「買い」のクルマにもなるはずだ。

 クルマ全体の評価点も★(満点:5つ)で付けてもらったので、こちらもぜひ参考にしてほしい。

※車名の横の( )は2018年1~7月の1カ月平均販売台数です
※本稿は2018年8月のものです
文:渡辺陽一郎、片岡英明/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年9月26日号


■TOYOTA ポルテ/スペイド(1009台)

●渡辺陽一郎の『褒め』ポイント!

 左側に開口幅が1020mmの電動スライドドアを装着した。この部分の床面地上高は300mmと低く、高齢者の乗降に優しい。福祉車両に近い機能を備える。

●片岡英明の『褒め』ポイント!

 スライドドアは助手席側だけだが、子育てママには安全だ。子どもが車道側に飛び出すことがない。ハイブリッド車は街中を中心とした走りで燃費がよく快適。

クルマ全体の評価点…★★★★☆(渡辺氏)/★★★☆☆(片岡氏)

■TOYOTA プレミオ&アリオン(1494台)

●渡辺陽一郎の『褒め』ポイント!

 貴重な5ナンバーセダンで、ホイールベースが2700mmに達するから後席も広い。運転しやすいサイズで居住性は快適だ。内装はていねいに仕上げた。

●片岡英明の『褒め』ポイント!

 オーソドックスなデザインだが、飽きがこない。小型車サイズで日常の取り回し性に優れ、乗り心地も穏やかだ。インテリアは不満のない広さで見栄えもいい。

クルマ全体の評価点…★★☆☆☆(渡辺氏)/★★☆☆☆(片岡氏)

次ページは : ■TOYOTA マークX(347台)

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ