イケてるファストバックに乗ってちょいワルおやじになれ! カッコいいファストバック車6選【おっさんはこれに乗れ!】


「今の時代、おっさんはどんなクルマに乗るべきか?」

 いやもちろん、どんなクルマに乗ったっていいのだが、アナタ(おっさん)が仮にクルマ好きなら、周囲のクルマ好きからどう見られるかを意識するはずだ。

 そして少なくとも、「シブイなぁ!」とか、「わかってるね~」と思われたい、と願うのではないだろうか? そういう選択を、ワタクシ清水草一が独断で展開いたします!

文/清水草一
写真/トヨタ、ホンダ、BMWジャパン、アウディジャパン、ステランティスジャパン

【画像ギャラリー】いまおっさんが乗るべきファストバック車を写真で見る!(13枚)画像ギャラリー

■ファストバックは「デかいハッチバック」!?

 新型クラウンはSUVになる!? と言われていたが、フタを開ければ、最初に登場する「クロスオーバー」は、SUV風味のファストバックだった!

 フォルム的には5ドアハッチバックに見えるが、そこはクラウン。しっかり独立したトランクを持っている。しかしファストバックであることに変わりはない。リアにノッチ(折れ)を持たず、ルーフからテールにかけて、直線的なラインを描いている。

見るものの度肝を抜いた新型クラウンのファストバックデザイン

 明確なノッチ(つまりトランクの出っ張り)を持つ伝統的なセダンは、ドイツ御三家を除くと絶滅に向かっており、クラウンもその例外ではなかったわけだが、ファストバックスタイルは、あまり伝統にとらわれず、オシャレでスポーティなボディ形状として認識されつつある。SUVに軽い拒絶反応を持つおっさんにとっては、次期愛車の最有力候補だ! おっさんはファストバックに乗れ!

 ただ、ファストバックにもいろいろある。ノッチがなければすべて広義のファストバック。いわゆる「ハッチバック」も、ファストバックの一種になるが、それじゃちょっとニュアンスが違う。

 たとえばマツダ3 ファストバックは、確かにファストバックだが、分類としてはハッチバックに入れたい。アウディのスポーツバックシリーズは、A5より上はファストバック、A3より下はハッチバックだ。

 つまりおっさんが乗るべきは、リアウィンドウの傾斜がユルい、より雄大でエレガントなファストバック。簡単に言えば「サイズのデカいハッチバック車」なのである。

 新型クラウンクロスオーバーもこの仲間だ。従来のクラウン(セダン)に比べると、ぐっとオシャレでモテそうなイメージじゃないか? セダンに乗ってるおっさんは、どこから見てもおっさんだが、ファストバックに乗るおっさんは「ちょいワルおやじ」なのだ!

 ちょいワルおやじの生みの親である『LEON』誌によると、ちょいワルおやじのファッションは、イタリアのオシャレな中年男性を手本としたコンサバ系がベース。つまりジローラモさんだ。おっさんはファストバックに乗ってジローラモになれ!

■今すぐオーダーするべき国産車3モデル

 では、具体的にどれに乗ればいいのか? どれに乗ればちょいワルおやじになれるのか!? 6台ほどスイセンさせていただきます。

【トヨタ 新型クラウンクロスオーバー】

2022年7月に発表されて業界の話題をさらったクラウンクロスオーバー。トヨタは「セダンとSUVを融合させたパッケージ」としている

 ファストバックスタイルでありながら、SUV風味を持つ新種である。しかもトランクは独立しているのだから、ボディ形状として世界初(?)かもしれない。非常にスタイリッシュで、見るからにイケてるぜ!

 ただ、クラウンという車名・車格と釣り合いをとるため、ボディは非常にグラマラスで、スマートというよりは油ギッシュなマッチョ系の色彩が強い。その点、女子ウケはやや弱いかもしれない。

 ただ、男社会の中でマウントを取るためには、これくらいのボリュームが必要だ! おっさんは今すぐクラウンクロスオーバーをオーダーしろ!

【トヨタ 新型クラウンセダン】

クロスオーバーと同様、2022年7月に発表されたクラウンセダン。精悍な顔つきだ

 新型クラウン4種の中では、日陰の存在だが、セダンもしっかりファストバックスタイルだ。思えば先代(15代目)クラウンもかなりファストバックだったが、それとは雰囲気が違う。

 フロントマスクは横一文字のラインがシャープだし、ウエストラインもクリーンに一直線。クロスオーバーよりむしろおっさん臭さは薄いかもしれない。

 ボディカラーがブラック系なら、ワルなイメージでキメられそうだ。おっさんは新型クラウンセダンの発売を待て!

【ホンダ シビック】

2022年7月にハイブリッドモデル「e:HEV」を追加したばかりのシビック。スポーティな走りと低燃費性能を両立している

 手頃なサイズも含め、理想的なファストバック車である。デザインは都会的かつスポーティで、クルマにあまり詳しくない女子に言わせれば「外車みたい」。その時点でおっさんの勝利だ!

 パワートレーンは1.5Lターボと2.0Lハイブリッド。1.5Lターボには6速MTモデルもあり、CVTに迫る売れ行きを見せている。

 MTは女子にウケるという要素はなく、逆に変な技(ヒール&トゥとか)を繰り出すと「自慢?」「オタクっぽーい」と嫌われてしまうが、そこはおっさんの自己満足なので捨てるわけにはいかない。選択肢があることが重要なのだ! 2.0Lハイブリッドは燃費よし、快感よし! おっさん殺しのハイブリッドだ。おっさんはシビックに乗れ!

次ページは : ■人生にひと花咲かせてくれる輸入車3モデル!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ