【N-BOX、アルファード/ヴェルファイア】 売れてるクルマの『残念』ポイント

 売れている車が買った人すべてにとって「いいクルマ」とは限らない。こう言うと粗探しみたいに聞こえるかもしれないが、しかしどんなに人気の高い車にだって「残念」なところはあるものだ。

 決して安くはない買い物なのだから、細かいところでも、あとから「失敗した!」「こんなはずじゃなかった!」なんて頭を抱え込まないためにも、知っておくべき点は知っておいたほうがいい。

 その残念ポイントが、アナタがクルマ選びの際に重視するポイントであるなら「待ち」という選択もありえる、ということ。車両全体の総合評価は“の数(満点は5つ星)で判定しているので、併せて参考にしてくださいね。

※本稿は2018年8月のものです
文:渡辺陽一郎、片岡英明/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年9月26日号


■HONDA N-BOX

2018年1〜7月の1カ月平均販売台数:1万996台)

●ラゲッジ拡大は簡単だが床面には段差が残る

 メーターをインパネの奥まった高い位置に装着したから、小柄なドライバーは圧迫感を抱きやすい。収納設備はトレイが多く、フタの付いたボックスは少ない。後席を畳むと、広げた荷室の床に傾斜ができる。車両重量が890㎏に達するから、ノーマルエンジンでは登坂路や高速道路でパワー不足を感じやすい。

(渡辺陽一郎/評価点 ★★★★★

●NAの実力アップで、ターボの陰が薄く…

 トータル性能は高いが、デザインはキープコンセプトだ。新鮮味は今一歩にとどまる。自然吸気エンジンがVTECによって実力アップしたため、一般道を中心とした走りではターボの存在価値が薄まってしまった。先進安全装備は充実したが、サイドエアバッグが一部グレードにオプション設定となっているのは不満だ。

(片岡英明/評価点 ★★★★★

■TOYOTA アルファード/ヴェルファイア

2018年1〜7月の1カ月平均販売台数:8511台)

●乗降性難ありで重心高し。左側面の死角多く、注意

 プラットフォームを刷新したから床を下げられたのに、周囲を見下しながら走る優越感を優先させて高く保った。乗降性が不満で、重心も高い。視線の位置が高いから遠方は見やすいが、左側面の死角が広く、ボディも大柄だから運転しにくい。3列目は床と座面の間隔が足りず、足を前方に投げ出す座り方になる。

(渡辺陽一郎/評価点 ★★★★☆

●室内は広いが、フロアが高く乗降性にやや難あり

 キャビンは広いがフロアは意外に高く、乗降性は今一歩。8人乗りは荷室を拡大しやすいが、上級モデルの設定がない。上級のV6エンジンは気持ちいい加速を楽しめ、静粛性も高いが、プレミアムガソリンが指定だから経済的ではない。ハンドリングと乗り心地の妥協点は高いが、高速でもう少し落ち着きが欲しい。

(片岡英明/評価点 ★★★★☆

■HONDA フリード

2018年1〜7月の1カ月平均販売台数:7287台)

●室内高不足気味で3列目の座り心地に難アリ

 床の位置はステップワゴンと同等だが、全高は130MMほど低く、室内高が不足しているため圧迫感が少し生じる。この影響で3列目シートは座る位置が低くなり、床と座面の間隔が不足した。腰が落ち込んで膝が持ち上がりやすい。ハイブリッドは1列目の下に駆動用電池が収まり、2列目に座る乗員の足が収まりにくい。

(渡辺陽一郎/評価点 ★★★★☆

●先進安全装備充実するも、クルコンがやや残念性能

 キャプテンシートの6人乗りは、前後にスライドするだけだし、3列目は大人だと少し窮屈だ。荷室拡大のための3列目シートの収納は跳ね上げる作業が意外に重く、ちょっと面倒。先進安全装備は充実している。が、追従クルーズコントロールは完全停止ではなく、低速になり30km/hで解除されてしまうのが残念。

(片岡英明/評価点 ★★★☆☆

■HONDA ヴェゼル

2018年1〜7月の1カ月平均販売台数:5351台)

●後席ドアハンドルの位置高く、小柄な人には辛い

 ハイブリッドは動力性能を重視したからJC08モード燃費が悪い。ハイブリッドZの4WDは21.6km/Lで、ノーマルエンジンの2WDと同等だ。4WDの最低地上高は170mmで、SUVでは物足りない。ボディ後部のピラーが太めで後方視界が削がれた。後席はドアハンドルの位置が高く、小柄な同乗者に不親切だ。

(渡辺陽一郎/評価点 ★★★★☆

●RSのサスは洗練度高い。が、動力性能は今一歩

 RSはサスペンションなどがスポーティな仕上がりで洗練度が高い。が、ほかのグレードは足の動きに物足りなさを感じてしまう。期待度の高いRS系も動力性能は今一歩だ。刺激が少ない。2WDと比べると4WDはそれなりの実力にとどまっている。最低地上高も170mmと少なめだから荒れた路面では注意が必要だ。

(片岡英明/評価点 ★★★☆☆

■SUZUKI ソリオ

2018年1〜7月の1カ月平均販売台数:3825台)

●割高な価格設定のわりに軽と見間違えそうな外観

 フルハイブリッドも用意するが、マイルドハイブリッドとの価格差を燃料代の差額で取り戻すには20万km以上の走行を要する。スイフトは緊急自動ブレーキと併せて車間距離を自動制御できるクルーズコントロールを備えるが、ソリオは安全装備のみだ。背が高く車幅が狭いから、外観が軽自動車風に見える。

(渡辺陽一郎/評価点 ★★★★☆

●やや割高な価格設定に今一歩の後席快適性

 売りのストロングハイブリッド車は2ペダルMTの5速AGSを組み合わせ、軽快な走りを見せるが、慣れないと発進時などにギクシャクとした挙動を見せる。価格もちょっと割高な印象だ。キャビン自体は広いが、後席のシートは今一歩の快適性にとどまる。燃料タンクがかかとに当たるのも気になるポイントだ。

(片岡英明/評価点 ★★★★☆

■SUZUKI スイフト

2018年1〜7月の1カ月平均販売台数:3389台)

●狭めの室内。効率のよくないエンジン(スイスポ)

 後席の頭上と足元空間、荷室が狭い。後席のサイドウィンドウも狭く、斜め後方の視界が悪い。スイフトスポーツのエンジンは1.4Lターボで、JC08モード燃費は16.2km/L(6速AT)。VWポロGTIも16.1km/L(6速DSG)で同等だが、2Lターボの搭載で動力性能は3L並みだ。スイフトスポーツは効率が悪い。

(渡辺陽一郎/評価点 ★★★★★

●クルコンが40km/h以上でないと作動しない

 ヨーロッパ勢と比べ、キャビンの質感は今一歩のレベル。後席も快適になったが、ライバルと比べると広さの優位性はない。追従クルーズコントロールは便利だが、40km/h以下になると作動しないのは不満だ。スイフトスポーツにアイドリングストップ機能がないし、ターボは高回転での頭打ちが早いと感じられる。

(片岡英明/評価点 ★★★☆☆

■MAZDA CX-8

2018年1〜7月の1カ月平均販売台数:2922台)

●フロントマスクは価格に見合うだけの高級感が…

 3列目シートはSUVでは広い部類だが、ミニバンに比べると窮屈。価格は中級のXDプロアクティブが2WDで350万円を超えるが、フロントマスクはCX-5に似ていて高級感が乏しい。全長は4900mm、全幅は1840mmと大柄で、最小回転半径も5.8m。ボディ後端のピラーが太めで、後方視界もよくない。

(渡辺陽一郎/評価点 ★★★★☆

●5m近い全長で狭い場所では持てあます

 ボディは大柄で、全長は5m近いから取り回し性は今一歩だ。狭い場所では大きさを持て余す。3列目のシートはいざという時に重宝するが、足元に燃料タンクがあるためフロアが高く、膝を持ち上げて座るようになる。ステアリングにパドルシフトがないのも残念だ。価格もCX-5と比べると少し割高な印象を受ける。

(片岡英明/評価点 ★★★☆☆

*   *   *

「あえて言うなら」の残念ポイントも多数アリ。クルマそのもののよし悪しは両氏の評価点を見てくださいね。

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|ベストカー 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のベストカー最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ