アルファード/ヴェルファイア、N-BOX… 売れてるクルマの『残念』ポイント


売れている車が買った人すべてにとって「いいクルマ」とは限らない。こう言うと粗探しみたいに聞こえるかもしれないが、しかしどんなに人気の高い車にだって「残念」なところはあるものだ。

決して安くはない買い物なのだから、細かいところでも、あとから「失敗した!」「こんなはずじゃなかった!」なんて頭を抱え込まないためにも、知っておくべき点は知っておいたほうがいい。

その残念ポイントが、アナタがクルマ選びの際に重視するポイントであるなら「待ち」という選択もありえる、ということ。車両全体の総合評価は“の数(満点は5つ星)で判定しているので、併せて参考にしてくださいね。

※本稿は2018年8月のものです
文:渡辺陽一郎、片岡英明/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年9月26日号


■HONDA N-BOX

2018年1〜7月の1カ月平均販売台数:1万996台)

●ラゲッジ拡大は簡単だが床面には段差が残る

メーターをインパネの奥まった高い位置に装着したから、小柄なドライバーは圧迫感を抱きやすい。収納設備はトレイが多く、フタの付いたボックスは少ない。後席を畳むと、広げた荷室の床に傾斜ができる。車両重量が890㎏に達するから、ノーマルエンジンでは登坂路や高速道路でパワー不足を感じやすい。

(渡辺陽一郎/評価点 ★★★★★

●NAの実力アップで、ターボの陰が薄く…

トータル性能は高いが、デザインはキープコンセプトだ。新鮮味は今一歩にとどまる。自然吸気エンジンがVTECによって実力アップしたため、一般道を中心とした走りではターボの存在価値が薄まってしまった。先進安全装備は充実したが、サイドエアバッグが一部グレードにオプション設定となっているのは不満だ。

(片岡英明/評価点 ★★★★★

■TOYOTA アルファード/ヴェルファイア

2018年1〜7月の1カ月平均販売台数:8511台)

●乗降性難ありで重心高し。左側面の死角多く、注意

プラットフォームを刷新したから床を下げられたのに、周囲を見下しながら走る優越感を優先させて高く保った。乗降性が不満で、重心も高い。視線の位置が高いから遠方は見やすいが、左側面の死角が広く、ボディも大柄だから運転しにくい。3列目は床と座面の間隔が足りず、足を前方に投げ出す座り方になる。

(渡辺陽一郎/評価点 ★★★★☆

●室内は広いが、フロアが高く乗降性にやや難あり

キャビンは広いがフロアは意外に高く、乗降性は今一歩。8人乗りは荷室を拡大しやすいが、上級モデルの設定がない。上級のV6エンジンは気持ちいい加速を楽しめ、静粛性も高いが、プレミアムガソリンが指定だから経済的ではない。ハンドリングと乗り心地の妥協点は高いが、高速でもう少し落ち着きが欲しい。

(片岡英明/評価点 ★★★★☆

次ページは : ■HONDA フリード

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ