かっこいい かわいい 荷台がない…? ちょっとかわったカタチのはたらく特装車たち10選

かっこいい かわいい 荷台がない…? ちょっとかわったカタチのはたらく特装車たち10選

 日本ではある用途のための装置などを備えた自動車を「特装車」と呼んでいます。トラックはたいがい特装車というわけです。しかも世界には、日本と同じだったり違ったりユニークだったりスゴかったり、いろんな特装車が存在します。

 トラックマガジン「フルロード」では、そんな特装車を紹介する「世界の特装車」を絶賛連載中ですが、ベストカー読者の皆さまにもこの底なし沼の一端を味わっていただこうではありませんか! 今回は、ちょっと変わったタネ車(ベース車)の特装車たちをご紹介!!!

※本稿は2022年5月のものです。本文中「GVW」は「車両総重量」、「GCW」は「連結総重量」の略語です
文/緒方五郎(トラックに詳しいフリーライター)、写真/トラックマガジン「フルロード」編集部
初出:『ベストカー』2022年6月10日号

【画像ギャラリー】特殊な環境下で独自の進化を遂げた特装車たちをギャラリーでチェック!(8枚)画像ギャラリー

■少し変なタネ車の特装車たち

 特装車は、だいたい小型~大型トラックがベース車(タネ車)になっているが、それ以外のタネ車も存在する。

 車両法規の関係から、日本では応用例が限られる軽クラスのトラックだが、規格の異なるアジアや欧州では、日本の軽トラから発達した現地モデルが、より広い用途で活用されている。中国でも、日本の軽トラを始祖とする微型トラックが独自に進化しており、それをベースとした特装車が生産されている。

 いっぽう欧州では、大手トラックメーカーの「普通のトラック」では充足されないニーズに対し、特装車メーカーや地場系トラックメーカーが、独自にユニークなシャシーを開発するケースがある。

 ニッチなシャシーゆえに、欧州全域というよりローカルなクルマだが、必要が生んだトラックだけに、特装車ベースとして重宝されているようだ。

【ドイツ】カマーグ・E-ウィーゼル 空港ケータリング車

 ウィーゼルは、ドイツのトレーラメーカー・TIIグループのカマーク社が開発した構内用超低床トラックで、写真はそのBEVバージョン(E-ウィーゼル)に、旅客機へ機内食を積み込むためのコンテナリフト装置を架装したもの。

カマーグ・E-ウィーゼル 空港ケータリング車(ドイツ)

【ドイツ】FGS・ローライナー 6×2冷凍バン

 フォードの小型商用車・トランジットをベースとした冷凍バンで、大型トラックのように後輪がタンデム2軸となっている。

 これは、ドイツのシャシー改造メーカー・FGS社が開発した超低床トレーラ用アルミ製ラダーフレーム2軸シャシーを、トランジットの前輪駆動キャブ付シャシーと組み合わせたものだ。

 前はフォード製、後は「FGS製のニコイチ」ともいえるが、完成車メーカー標準シャシーでは不可能なレベルの荷室低床化、大容積化を実現させている。

【ドイツ】アルゲマ・ブリッツラーダー2

 ドイツの車両運搬車メーカー・アルゲマ社が開発したユニークな1台積み車載車。上のFGS製FWD超低床6×2シャシーに関節機構を組み込んであり荷台シャシー部全体がスロープになる。

 積載できるのは乗用車程度だが、軽量・超低床を実現する合理的なアイディアだ。GVWが6tに達するモデルもあるため、後輪駆動トラックシャシーでも成立可能である。

【ドイツ】ルトマン・カーゴローダーRCP50

 ドイツの特装車メーカー・ルトマン社のカーゴローダーRCPシリーズは、なんと荷台のないトラックシャシーだ。

 前輪駆動トラックのキャブから後を独自の左右独立式フレームとし、その間にコンテナを挟んで運ぶ。後輪は油圧式サスペンションで、コンテナの高さを調整できる。

ルトマン・カーゴローダーRCP50(ドイツ)

次ページは : 【ベトナム】ヒェプホア・タウナー露地用塵芥収集車

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ