デカっ! 長っ!!! それだけで心が躍る 世界のSUNGOIDEKAI特装車 8選

デカっ! 長っ!!! それだけで心が躍る 世界のSUGOIDEKAI特装車 8選

 日本ではある用途のための装置などを備えた自動車を「特装車」と呼んでいます。トラックはたいがい特装車というわけです。しかも世界には、日本と同じだったり違ったりユニークだったりスゴかったり、いろんな特装車が存在します。

 トラックマガジン「フルロード」では、そんな特装車を紹介する「世界の特装車」を絶賛連載中ですが、ベストカー読者の皆さまにもこの底なし沼の一端を味わっていただこうではありませんか!!!! 今回はとにかくデカくて長いヤツら8台をご紹介…!!!

※本稿は2022年5月のものです。本文中「GVW」は「車両総重量」、「GCW」は「連結総重量」の略語です
文/緒方五郎(トラックに詳しいフリーライター)、写真/トラックマガジン「フルロード」編集部
初出:『ベストカー』2022年6月10日号

【画像ギャラリー】このデカさ長さをなんとか伝えたい…!!! 担当考えました! 世界中ではたらくSUNGOIDEKAIトレーラをギャラリーでチェック!(14枚)画像ギャラリー

■3台連結も当たり前!!? 更なる大型化が進む大型トレーラの世界

 大型トラック2台分の輸送力を備えたダブル連結トラックの運行が相次ぐ日本だが、海外ではより大型のトレーラの実用化が広がろうとしている。

 アメリカやオーストラリアなどでは、以前から2台以上のトレーラを連結、GCW100t超という長大なコンビネーショントレーラ「ロードトレイン」が使われてきたが、欧州EUではこのロードトレインを参考に、セミトレーラ2台分の輸送力を持つHCT(ハイキャパシティトランスポート)の実用化を検討中だ。

 北欧はすでに先行しており、フィンランドでは関連法規が整い、スウェーデンは2030年に実用化する目標を策定している。いずれも運転手不足とCO2削減に対応するためである。

【アメリカ】ユーティリティトレーラ 3000R冷凍バンセミトレーラ

 まずは米国で一般的なセミトレーラを紹介しておこう。写真は大手メーカー、ユーティリティ社のGCW53t級のエアサス2軸冷凍バンセミトレーラで、サイズは全長16.15m×全幅2.6m×全高4.1m、最大積載量24.94tだ。

ユーティリティトレーラ 3000R冷凍バンセミトレーラ(アメリカ)

【オーストラリア】キャノントレーラ 家畜運搬トレーラ・Bトリプル

 オーストラリアのロードトレインにはさまざまな形態がある。写真は二層式家畜運搬3軸セミトレーラ3台を、2軸コンバータドーリ2台で連結した「Bトレイン」である。

【オランダ】ブロシュイス・SP-Aローローダーコンビネーション

 前方からメルセデスベンツ旧型アクトロス6×4ダンプ、3軸コンバータドーリ、中低床式3軸セミトレーラで構成されたコンビネーション。ブロシュイス・SP-Aとは最後尾の中低床セミトレーラだが、コンバータドーリを介することで、フルトレーラと同様の連結が可能となる。

【アメリカ】サーヴァブレンダーユニット

 この物々しい5軸セミトレーラは、アメリカで油井掘削時に岩盤崩落を防ぐ薬液をブレンドするための装置を積載したもの。重さは不明だが、10×4セミトラクタからかなりの大重量とわかる。

【ベラルーシ】ヴォラート・MZKT-741351+MZKT-999421

 ベラルーシ・MZKTの重量物運搬コンビネーション。812馬力エンジンを搭載する巨大な8×8トラクタ・ヴォラートMZKT-741351が、最大積載量76tの平床6軸セミトレーラ・MZKT-999421を牽いている。

次ページは : 【アメリカ】トレイルキングサイドダンプトレーラ(Aダブル)

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ