車間距離をちゃんと開けてない人…運転が下手なのでは…??

車間距離をちゃんと開けてない人…運転が下手なのでは…??

 あおっているつもりはないのだろうが、「あおられているのか??」と思うくらい、車間距離を詰めてくるドライバーをまれにみかける。また、知人が運転するクルマに乗っていて、普段、自分がとる車間距離と比べて明らかに短くて怖かった、ということもあると思う。

 車間距離がとれていないと、たとえば前のクルマが急ブレーキを踏んだ場合、追突事故となる可能性が高くなる。車間距離はどのくらい必要なのか。走行中の車間距離の適切なとり方とともに、停車中の車間距離についても、考えてみよう。

文:吉川賢一
アイキャッチ写真:Adobe Stock_Imaging L
写真:Adobe Stock、写真AC 資料:内閣府、JAF

【画像ギャラリー】事故の3割は追突事故!! 追突事故を防ぐ、適切な車間距離の測り方(6枚)画像ギャラリー

事故全体の3割を占める「追突」

 警視庁によると、交通事故形態のうち、「追突」による事故の割合は、全体の3割を占めており、その要因の一つが、「車間距離の不足」であるとしている。実際に、街中や高速道路で見かける交通事故は、「追突事故」が大半だ。

 スピード超過や信号無視などの、明らかな違反がともなう事故とは違い、追突事故は(適切な車間距離だったかはさておき)、ほとんどが、運転中にぼんやりしていたり、よそ見をしたりするなど、注意力散漫になることで起こっている。昨今、標準搭載が増えてきた「衝突被害軽減自動ブレーキ機能」は、こうした「追突事故」の多さが背景として誕生した装備だ。

事故類型別交通事故発生件数(令和2年)。追突事故が全体の3割を占めており、高い割合で起きていることがわかる(内閣府「令和3年交通安全白書」の「令和2年度 交通事故の状況及び交通安全施策の現況」より)

車間距離は「2秒」が目安

 走行中の適切な車間距離について、JAFは「前のクルマが急停止しても、安全に止まれる距離」としている。教習所などでは、「車速〇km/hならば△m以上」という指導をすることが多いのだが、これは一般的な乗用車で、2~3人程度までが乗車している場合であり、荷物を運んでいるトラックや、乗用車でも5~7名など多人数乗車をしている場合には、当てはまらない。クルマの質量(慣性)が大いに関係する制動性能は、クルマごとに異なってくるということは、理解しておく必要があるだろう。

 適切な車間距離について、覚えやすい目安は、前走車の「2秒後方」というものだ。最初の1秒は危機を認知してブレーキを踏むまでの空走距離、次の1秒は制動力が働くまでの時間、その合計で2秒となる。60km/hならば33.3m、100km/hならば55.6mだ。先行車が通過した位置を見ておき、「ゼロ、イチ、ニー」とゆっくり数えるうちに自車が通過をしない距離が確保できればOKだ。

 この「2秒後方」という「車間時間」の指標は、交通心理学会の研究で提唱された目安(千葉工業大学名誉教授 主幹総合交通心理士 山下昇氏の論文参照)。運転していて走りやすい車間距離を割り出し、それらを時間へ換算すると、時速50~80kmの間では1.8秒だったという。逆に1.5秒を切ると危険を感じるそうだ。また、実際の事故統計からも、車間時間が2秒以下での事故は死亡事故を含む重大事故が多くなり、2秒以上の事故では、重大事故とはならなかったことが示されたという。

信号停止では車間2mが推奨、空け過ぎは返って迷惑にも

 信号待ちや渋滞で停止する場合の適切な車間距離は、前走車のリアバンパーの下端が見える程度(乗用車の場合)。距離にすると2m程だ。車1台分以上を空けるドライバーもいるが、バイクのすり抜けを許容したり、車線変更を許すなど、さらなる渋滞を引き起こす原因となりかねない。停止中は空けておく必要はない、と考えていてよいだろう。

 ただ、高速道路上での渋滞の場合には、車間距離を大きく空けてトロトロと運転する「渋滞吸収走行」という考え方がある。完全停止をしないよう、広めの車間距離でスピード維持をする運転方法だ。トロトロ走行の渋滞の場合は、広めの車間距離で、渋滞を悪化させない走行も必要となる。渋滞末尾に差し掛かったときは、ポンピングブレーキや、ハザードランプを点灯させるなどして、後続車に状況を伝えることも、セットで行うようにしたい。

【画像ギャラリー】事故の3割は追突事故!! 追突事故を防ぐ、適切な車間距離の測り方(6枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ