不動の「乗ってみたいクルマ」第1位! BMWに乗ってエリート気分になろうじゃないか!

不動の「乗ってみたいクルマ」第1位! BMWに乗ってエリート気分になろうじゃないか!

 BMWの正式名称は「バイエルン発動機製造会社」。そのエンブレムは回転するプロペラであり、航空機用エンジンの生産をルーツとする。上のドイツの名戦闘機「フォッケウルフFw190」には、BMW製の空冷二重星形14気筒が搭載されていた。

 設立から50周年を迎えた今年まで、常に人々の憧れであり続けたBMW。そんなBMWに乗ってみないか! と自動車評論家 清水草一氏が熱く語るこのシリーズ、まず清水氏による「BMWの素晴らしさ」を聞いてくれ!

※本稿は2022年6月のものです。
文/清水草一、写真/BMW、ベストカー編集部 ほか、撮影/池之平昌信、茂呂幸正
初出/ベストカー2022年7月26日号

【画像ギャラリー】実は意外とバラエティ豊か! BMWの主要モデルをギャラリーでチェック(24枚)画像ギャラリー

■とにかく乗ってみてほしい!

 BMWに乗れば、誰でもエリートになれる! いや少なくともエリート気分にはなれるっ!私はこれまで、数多くのマニアックなイタリア車やフランス車を足にし、カーマニア的な悦に入っていた。一般人が知らないようなマイナーなクルマに乗ることに、ヨロコビを感じていたのだ。

エンジンがイイ! シャシーがイイ! ステアリングのキレがイイ! ATがイイ! FRがイイ! FFはもっとイイ! 全人類の憧れ、それがBMWなのだ!

 そんな私から見ると、BMWはあまりにもメジャー。そこらじゅうにいっぱい走っているし、マニアックな面白味がないと思い込んでいた。ところがどうだ! 実際にBMWに乗ってみたら、そこは天国だったのだ!

 ハンドリングがいい。エンジンがいい。カッコもいい。そしてなにより、周囲の見る目が違う!「これがメジャーな世界ってヤツか……。これがエリート気分ってヤツなのかっ!」

 こんなにエリート気分なのに、中古ならお値段もビックリするほどお安い。さあ、あなたも、BMWに乗ってエリート気分になろう!

これぞエリート気分! みんなにもぜひ堪能してもらいたい!

【BMWの素晴らしさ その01】とにかく「走り」がイイ!

 BMWの走りがいいのは、ある意味当然だ。なにしろ「駆けぬける歓び」なのだから、走りが悪かったら困るぜ!

 が、個人的には、BMWの走りを真に「うお〜、イイ!!」と思うようになったのは、ここ10年くらいのことである。

写真は直6ターボを積むM440i。だがBMWのエンジンは、今や全部イイ!

 それ以前は、本当にイイのは一部の限られたモデルだけ。ところがここ10年─つまり先代モデルあたりから、すべてのBMW車の走りがよくなったのだ!

 まずエンジン。以前のBMWは「直6以上じゃないとダメ!」的なイメージだったが、ここ10年ですべてのエンジンがターボ化され、4気筒も3気筒も全部よくなった。

 なかでもスバラシイのは、日本への導入が始まったディーゼルターボだ! もちろんガソリン直6ターボはテッパンだが、今やBMWはすべてのエンジンがイイ!

 誰もが認める「エリートが乗るクルマ」それがBMW!

 シャシーのよさは言わずもがなだが、これも現在の「しなやかスポーティ路線」が全モデルに行き渡ったのは、ここ10年ほど。乗り心地がいいのにしっかりスポーティなハンドリングは、BMWならではのスペシャル感を与えてくれる。

 特にステアリングのキレ感はBMWの独壇場! 軽く切っただけでクイッと向きが変わるこの快感! BMWのステアリングは初期応答性が適度にクイックで、それでいて重厚感がある。これぞエリートのハンドリングだ!

 ミッションもイイ。かつてBMWはATがアキレス腱と言われたが、現在のZF製8速トルコンATは信頼性が劇的に向上。スポーティでダイレクトなフィールは、MTへの郷愁をも断ち切ってくれる。もはやBMWはATでヨシ!

 そして駆動方式。BMWといえばFRにトドメを刺すわけだが、今やBMWはFFのほうがハンドリングがいいのでは!? と感じる。FRはケツを滑らせない配慮が強まっているが、FFはパワーオンでケツが出る心配ナシ! そのぶんハンドリングは軽快かつクイック! 四駆も自然でイイけどネ!

 このように、先代モデル以降のBMW車は、全車もれなく走りがイイ! まさに駆け抜ける歓びのフルラインナップなのだ。

次ページは : 【BMWの素晴らしさ その02】「イメージ」が抜群にイイ!

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ